大学入試センター試験の最新情報をお届け!

りゅうこく

龍谷大学

私立大学 京都府/滋賀県

経済学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

現代経済学科(学部一括募集570名)
国際経済学科(学部一括募集570名)

所在地

1~4年:京都

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●現場型・実習型の学びを重視
●経済学に多角的にアプローチできる学びのシステム
●1年生から「キャリアサポート」がスタート

学部一括で募集。2年生の前期までに経済学の基礎を身に付け、後期からは立案・提言のできる人材を育てる現代経済学科と、国際舞台での活躍をめざす国際経済学科に分かれて学びます。

【キャンパス】深草キャンパス
【学生数】2414人(2017年5月現在)
【専任教員数】50人(2017年5月現在)
【大学院】経済学研究科

現代経済学科

講義・学問分野

現代経済学、産業経済、ファイナンス、応用政策、経済情報 など

閉じる

国際経済学科

講義・学問分野

国際経済学、開発経済、経済史、世界経済 など

閉じる

学部の特色

ボランティアなどを通じて次世代を担うリーダーを育成

現場型・実習型の学びを重視

教養教育・経済学の専門教育に加え、留学、フィールドワーク、インターンシップ、ボランティアなどの現場型・実習型の教育手法を重視しています。さらに、IT技術を駆使した海外との連携教育など、新しい教育手法を実現し、社会の要請に応えます。

閉じる

問題解決能力を育成する

経済学に多角的にアプローチできる学びのシステム

●双方向コミュニケーションで専門領域の学習をサポート
学びの中心である少人数での演習は、教員と学生、学生間のコミュニケーションを深めながら、問題解決能力と政策立案能力を育成します。
●柔軟なカリキュラムとコース
多様で複雑な実社会の問題に対応し、学修の選択肢にも多様性が要求されるため、各学科に5つのプログラムを設定し、それらに4つの学部共通コースを加え、学びのニーズに応えます。
●ビジネスの現場がわかる学修科目が充実
社会の第一線で活躍中の講師を招いた授業やインターンシップ、フィールドワークなど、キャンパス内外に広がる多種多様な実践の場で学ぶ科目を充実させています。

閉じる

早期から自分のキャリアへの意識を高める

1年生から「キャリアサポート」がスタート

1年生の第1学期に開講する「入門演習」の中でキャリアセンターからレクチャーを受け、大学4年間のキャリア形成についてプランを立てます。また、少人数のワークショップ形式の講義で、自分自身を見直したり、キャリアについて考える視点を持てるよう取り組んでおり、コミュニケーション能力の育成にも力を入れています。
2年次後期から始まる「演習」においても、キャリアセンター担当者から、就職活動直前の心構えについて学びます。

閉じる

学べること

現代経済学科

経済動向の把握と客観的な分析力で問題解決を提案

「現代経済学」「産業経済」「ファイナンス」「応用政策」「経済情報」の5つのプログラムとゼミナール、キャリア形成科目をしっかり学修します。これらを通じ、最新の経済動向を説明でき、客観的なデータ分析と計画、立案、提言の能力を備え、快適な生活を提言できる人材の育成をめざします。

【授業・講義】
一国の経済活動のメカニズムを学ぶ

●マクロ経済学
「景気が良い、悪い」とか「経済が成長する」とはどのような現象を指すのでしょうか? マクロ経済学とは、一国の国民経済の規模(国民が1年間に稼いだお金の合計など)が、どのようなメカニズムで決定しているのかを考える学問。一国の経済の動きについて、論理を積み重ねて導き出す課程を学ぶことによって、思考力・分析力を身に付けます。

閉じる

国際経済学科

世界の人々と協力しながら迅速に問題解決を図る

「国際経済学」「開発経済」「経済史」「世界経済」「フィールドワーキング」の5つのプログラムを中心に、ゼミナール、キャリア形成科目をしっかり学修します。これらを通じ、世界経済のリアルタイムな動きが説明でき、世界の人々と協力しながら迅速に問題解決をできる人材の育成をめざします。

【授業・講義】
グローバリゼーションのなかでの安全な暮らしを考える

●国際政治経済学
1989年に東西冷戦が終わり世界の人々は平和な時代が来ると想像していました。しかし、実際には相次ぐ国家の崩壊と内戦、極端な富の不平等が生じています。本講義では「人間の安全保障」の観点から、このような不安定化したグローバル社会のなかで、どのように生きるべきかを考えます。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ