りゅうこく

龍谷大学

私立大学 京都府/滋賀県

経営学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

経営学科(493名)

所在地

1~4年:京都

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●多様な経営の現場に触れ「生きた経営」を学ぶ
●1・2年生で基礎を徹底学修
●「キャリア情報提供会」を開催し、1年生から進路への意識を高める

社会で役立つスキルを身に付けるために、まずは経営学、会計学の基礎をしっかり学び、2年生後期から「経営」「会計」の2コースに分かれ、幅広いテーマから自らの学修目標を定め専門性を深めます。

【キャンパス】深草キャンパス
【学生数】2126人(2017年5月現在)
【専任教員数】39人(2017年5月現在)
【大学院】経営学研究科

経営学科

講義・学問分野

経営コース(経営学、経営史、公共経営論 など)
会計コース(財務会計論、会計監査論、国際会計論 など)

閉じる

学部の特色

実社会から学ぶ

多様な経営の現場に触れ「生きた経営」を学ぶ

「実社会から学ぶ」ことを念頭に、企業を中心とする組織のあり方を探究。製品やサービスが生産され、販売されるプロセス、どのようにすればその有効性や効率性を向上させることができるかなど、多様な経営の現場に触れながら、そのしくみを理解します。

閉じる

社会で必要不可欠なコンピュータスキルを磨く

1・2年生で基礎を徹底学修

●ゼミ中心のカリキュラム
本学部はゼミ教育が充実しています。興味や関心を持っているテーマの書籍や文献を読み、自分の見解をまとめて、ゼミ生の前で発表し、討論するという一連のプロセスを通じて、論理的に考える力やプレゼンテーション能力を養います。
●コンピュータスキルを確実に修得
1年生第1学期の「情報リテラシー」を必修科目とし、全員が学生生活で、また社会で必要となるコンピュータスキルを確実に身に付けます。
●基礎から応用へステップアップ
2年生の1学期までは、経営学、会計学の基礎知識をしっかりと身に付ける期間として、13科目の基礎科目を配置。企業経営を理解するために必要な基礎知識を学びます。

閉じる

有意義なキャリア情報を提供

「キャリア情報提供会」を開催し、1年生から進路への意識を高める

1年生から進路を意識して充実した学生生活を過ごせるように、年2回「キャリア情報提供会」を実施しています。1年生には、キャリアセンターや先輩の就職活動体験談を紹介。2年生には、企業の人事部の方々を招いて、講義を行っています。

閉じる

学べること

経営学科

企業経営を担う人材や公認会計士・税理士を育てる

〈経営コース〉
通常の講義に加えてプログラム科目やインターンシップといった企業経営の現場での学修を通じて実践派学生を育成。また、京都にある企業の経営者による講義もあります。
さらに、3つの履修モデルから、将来の進路に合った学修が選択できます。将来、企業・団体に就職し、管理職、役員として組織全体を運営したい人には「組織をリードするモデル」、将来、企業で経営戦略やモノが売れるしくみを考えたい、新商品を開発したい、ベンチャー企業を創設しようとする人には「市場と情報を活用するモデル」、将来、日本国内でのビジネスだけでなく、国際的に活躍したいという人には「世界へ羽ばたくモデル」を配置しています。

〈会計コース〉
公認会計士、税理士の資格取得に対応したカリキュラムを編成。特に、公認会計士は、会計学だけでなく経営学・経済学の知識も必要とする難関資格です。そのため、卒業に必要な単位数の約3分の2を、会計学・経営学・経済学の科目から学び、公認会計士、税理士、企業の財務担当者をめざします。

【授業・講義】
企業のマーケティング活動を体感

●演習
マーケティング分析の理論を学び、企業課題型プロジェクトに取り組みます。企業から実際に商品の知名度向上や販売促進などの課題をいただき、アンケートや売り場見学などフィールドワークによる調査を実施。調査結果を、企業に向けて企画提案します。他大学とのゼミ発表会合宿などで、研究成果を発表する機会もあります。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ