×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

おおさかがくいん

大阪学院大学

私立大学 大阪府

情報学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

情報学科(100名)

所在地

1~4年:大阪

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●情報技術(IT)の高度な知識と技能を習得
●情報産業分野で活躍できるソフト・ハード・ネットワークの知識と技術を身につける
●産学連携でスマートフォンのアプリ開発を体験!

情報と人間についての深い理解と情報技術の専門知識の習得を通じて高度情報化社会で活躍できる人材を育成します。

【学生数】432人(2020年5月1日現在)
【専任教員数】19人(2020年5月1日現在)
【大学院】コンピュータサイエンス研究科/
コンピュータサイエンス専攻

情報学科

講義・学問分野

プログラミング実習、情報科学序説、コンピュータシステム概論、暗号・符号入門、人間の情報処理、コンテンツ概論、プログラミング演習、計算機アーキテクチャ基礎、論理回路、情報ネットワーク基礎、データベース、ソフトウェア工学、画像情報処理、アプリケーション開発入門、コンピュータグラフィックス、インターネットビジネス論、モバイル技術論、自然言語の基礎、人間情報処理演習、ソフトコンピューティング、コンピュータマッピング など

閉じる

学部の特色

高度な情報活用能力を身につける

情報技術(IT)の高度な知識と技能を習得

情報科学と人間科学の両面から高度情報化社会の課題に取り組む文理融合型の学部です。情報と人間についての深い理解とソフトウェアからハードウェアまでの情報技術の専門知識を習得し、IT業界で生かせる即戦力と発想力を併せ持つ人材を育成します。高度情報化社会を支える「情報学」の新たな知識領域の開拓を意識しながら深く学んでいきます。

閉じる

情報産業分野で活躍できるソフト・ハード・ネットワークの知識と技術を身につける

「基幹クラスタ」で情報学の基礎を学び、5つの「展開クラスタ」でより高度な内容を学習。段階的に情報学の知識を身につけていきます。

[基幹クラスタ]
1年次から2年次前期までは全員が基幹クラスタで情報学の基礎を学びます。コンピュータサイエンスやコンテンツテクノロジーを学ぶための基礎となるプログラミングなどの科目と人間の情報処理の基本を学ぶための科目で構成しています。

[展開クラスタ]
2年次前期からは、下記の5つの展開クラスタの中から身につけたい能力、めざす職業に応じて「主専攻クラスタ」と「副専攻クラスタ」を選び、それらを中⼼に情報学のより高度な内容を学んでいきます。

●コンピュータのハードウェアとソフトウェア
●情報システムとネットワーク
●マルチメディアとコンテンツ技術
●情報ビジネスと社会
●データ情報の活用

閉じる

常に新しい発想で情報技術を開発できるプロをめざす

産学連携でスマートフォンのアプリ開発を体験!

NTTドコモと連携しているベンチャー企業の交流団体MCTPから講師を招き、スマートフォンのアプリケーション開発をテーマに、講義や演習を実施。KEIS(関西電子情報産業協同組合)でのインターンシップも実施しています。

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

学べること

パソコンを使ったシミュレーションを通して技術を磨く

情報学科

より深く学べる「クラスタ制」で高度情報化社会で活躍できる力を身につける

1年次から2年次前期まではコンピュータサイエンスやコンテンツテクノロジーを学ぶための基礎となるプログラミングなどの科目と、人間の情報処理の基本を学ぶための科目からなる「基幹クラスタ」で情報学の基礎を学びます。2年次前期からは、5つの「展開クラスタ」の中から身につけたい能力、めざす職業に応じて「主専攻クラスタ」と「副専攻クラスタ」を選択。各ゼミナールを拠点にさまざまな実験や研究をチームで実施します。4年次は、これまでの成果をふまえて卒業研究のテーマを各自で決定。より深い理解力や判断力を養って卒業研究を完成させます。

【授業・講義】
ソフトコンピューティング

●コンピュータに「やわらか思考」と「伸ばせる知能」を搭載する方法を探る
人間は問題の条件があいまいであったり知識が不十分な場合でも、試行錯誤をしながらどうにか対処することが可能です。このような柔軟な情報処理を行える「人の知能」をモデル化してコンピュータシステムとして実現しようとするのが「ソフトコンピューティング」です。授業では「ファジィ推論」や「ニューラルネットワーク」などの代表的技術についての原理を学び、応用センスを磨いていきます。

閉じる

アドミッションポリシー

入学者受入の方針

情報学部では、情報と人間についての深い理解と情報通信技術の専門知識の習得を通じ、高度情報化社会で活躍できる人材の育成をめざし、次のような学生を受け入れる。

●知的好奇心と探究心が旺盛な人
●「コンピュータサイエンス」と「人間の情報処理」について深く学びたいという熱意のある人
●自ら目標を設定し、その達成に向けて計画を立て、粘り強く実行できる強い自律心と行動力のある人
●ものごとを整理し、系統立てて考えられる数理的・論理的思考力のある人
●他者と有効な議論を行ってコミュニケーションをとることで問題解決する力のある人
●新しい技術にも対応できる柔軟な発想のできる人

〈高等学校で履修するのが望ましい教科・科目〉
●数学(数学I・A・II・B)において高等学校卒業相当の知識を有していること。

〈高等学校で取得するのが望ましい資格等〉
●高等学校での学習や活動を通じての、外国語や情報処理の各種検定資格等

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

問い合わせ先

【住所・電話番号】(06)6381-8434(代表)
 【URL】https://www.osaka-gu.ac.jp

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

リストに追加しました

ページの先頭へ