おおてまえ

大手前大学

私立大学 兵庫県

大手前大学/健康栄養学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

管理栄養学科(80名)

所在地

1~4年:大阪

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●めざすのは、管理栄養士の多様な未来「健康栄養学部5つの力」
●学ぶ意欲を、なりたい未来へつなげる3つのプログラム~ミライステッププログラム
●充実した国家資格取得サポートで全員受験・全員合格をめざす

食の専門知識を学ぶとともに、多様な教養科目を学ぶことで、豊かな教養や人間性を兼ね備えた管理栄養士を育成しています。医療や行政、教育など、多様な分野で人に貢献できる食のエキスパートを輩出しています。

【キャンパス】大阪大手前キャンパス(健康栄養学部、国際看護学部)
【学生数】310人(2021年5月1日現在)
【専任教員数】15人(2021年5月1日現在)

管理栄養学科

講義・学問分野

調理学実習、栄養教育論、公衆衛生学、食品加工学、給食経営管理実習、運動生理学、臨地校外実習、管理栄養士特講、フードコーディネート論

閉じる

学部の特色

めざすのは、管理栄養士の多様な未来「健康栄養学部5つの力」

管理栄養士として、また社会人としてスタートで差をつけるために、「5つの力」を学びの基本にしています。
1)人々に寄り添える栄養指導ができる「コミュニケーション力」管理栄養士が活躍するフィールドはさまざまです。健康な人、病気の人など老若男女を問いません。常に寄り添った栄養指導ができるスキルの定着を図ります。
2)全員受験全員合格をめざす「国試対策サポート力」効率的な独自の学習方法からクラス担任制導入によるメンタルケア、充実の学習環境まで、全員受験・全員合格の実現をめざす、きめ細かなサポート力があります。
3)社会で通用する得意分野を伸ばす「人間力」学生の知的好奇心を満たすため、向学心に応えるために、学部の枠組みを超えて履修できる教育システムを導入。人間力を高められる学びの環境を整えています。
4)食の未来につなげる「研究力」卒業研究担当の教員は、食品・栄養関連分野において常に新しい課題に着目し研究を進めています。学生は試行錯誤を重ね、研究の楽しみを覚えて成長していきます。
5)学び続ける姿勢を育む「専門性プラスα」本学の建学の精神である"STUDY FOR LIFE(生涯にわたる、人生のための学び)"に基づき、学ぶ楽しさや喜びを感じられるカリキュラムと環境を整えています。
例:管理栄養士+サプリメントに強いなど

閉じる

学ぶ意欲を、なりたい未来へつなげる3つのプログラム~ミライステッププログラム

国家資格である管理栄養士への道のりは決して平たんではないですが、その先には明るい未来が待っています。私たちが生きていくために切り離せない「食」のプロとして多種多様な進路が選べます。健康栄養学部では、管理栄養士をめざす学生全員が、目的意識を持って学び、より良いスタートができるように、将来を見つめた「ミライステッププログラム」を設置しています。

病院、薬局をめざす人へ
○医療栄養プログラム/管理栄養士として病院や薬局に就職した場合に活かせる「栄養指導」について、選択科目で学びを深め、実践に即した演習(就業体験)で理解を深めることができます。

食品会社などの企業をめざす人へ
○食品開発プログラム/体に良い「食品開発」で重要な役割を担う管理栄養士。専門的な知識や技術をどのように活かし、どのような過程をたどるのか、実際の現場で体得する機会を設けています。

公務員、栄養教諭、福祉施設をめざす人へ
○健康教育プログラム/地域や学校、各種施設での食育や栄養相談、食事の提供なども管理栄養士の仕事。健康な日々を送れるように導くためのスキルアップや現場体験の授業を用意しています。

閉じる

充実した国家資格取得サポートで全員受験・全員合格をめざす

専門学校から受け継ぐ国家資格取得サポートは、他校にはない本学独自のサポート体制です。
国家試験対策サポート室では、専任のスタッフが学生一人ひとりの苦手分野を分析。学びのロードマップを一緒に作り、合格への道をサポートしています。
授業で主に使用するのは、本学部教員陣によるオリジナル教材です。現場で生きる知識や技術が身につくことはもちろん、学びのプロセスに合わせて必要な教材をその都度提供することができます。
クラス担任制を導入し、学生一人ひとりの個性や特徴を理解した教員が4年間の学びをサポート。また、管理栄養士の資格を持つ教員がTA(ティーチング・アドバイザー)となり、国家試験までの1年間を二人三脚で徹底指導します。

閉じる

学べること

実技に関するカリキュラムを学び、応用力を養う

管理栄養学科

実践的なカリキュラム編成により、多様な分野で即戦力として活躍できる力を養う

実習・実験・臨地実習を中心に実践的なカリキュラムを編成。給食経営管理や調理学、栄養学など栄養管理に関わる全ての分野を網羅することによって、さまざまな分野で即戦力として活躍できる管理栄養士をめざします。
1年次は、管理栄養士が果たす役割を理解することからスタートし、基礎力を固めます。2年次では、実技に関するカリキュラムを中心に展開。応用力を養うとともに、さまざまな体験を通して管理栄養士としての自覚を深めます。3年次は、専門分野を重点的に学び、臨地校外実習で現場を経験するなど実践力を強化。4年次は、特別演習による全科目復習など、国家試験対策に絞り込んだカリキュラムを展開。「全員受験・全員合格」をめざします。

閉じる

アドミッションポリシー

健康栄養学部が求める学生像

健康栄養学部は、本学の建学の精神、目的、使命および教育方針に基づき、自ら課題を探求し自律的に考え行動して解決の道を切り拓く意欲と能力に富み、食を通じて国民の健康向上への貢献を志す学生を受け入れます。
多様な能力を持った学生を幅広く受け入れるために、多種の選抜方法を用意し公正かつ厳正な選考を行います。
本学は以下の資質を備えた人材を積極的に受け入れます。

1.健康と栄養に対する強い関心と旺盛な探究心および自己成長意欲
2.健康と栄養の専門家として社会に貢献しようとする高い志
3.管理栄養士を目指すための基盤となる知識・能力

ついては、学力の3要素(「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」)を多面的・総合的に評価します。このうち「知識・技能」では、基礎的な教科の「国語」、「外国語」、「生物」、「化学」、「数学」などの基礎知識・技能を身につけていることが望まれます。
また、「思考力・判断力・表現力」「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」では、一定程度のコミュニケーション力や論理的思考力、行動力などを重視します。

入学者の選抜においては、さまざまな試験をそれぞれの入試種別に応じて組み合わせ、上記の必要な資質を有しているかを評価します。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】大阪市中央区大手前2-1-88
アドミッションズ オフィス(さくら夙川キャンパス)
(0798)36-2532

他の学部・学科も調べる

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

  • 「志望校」に登録して、
    最新の情報をゲットしよう!

    志望校に追加

リストに追加しました

ページの先頭へ