×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

まつやま

松山大学

私立大学 愛媛県

大学トップ

ここに注目
  • 卒業生は約7万6000人。96年の伝統を誇る中四国屈指の私立総合大学
  • 実社会で通用する力が身に付くカリキュラム・教育環境・各種制度
  • 「就職に強い松山大学」のキャリア教育・就職支援体制

大学の特色

校訓「三実」

2023年に創立100周年を迎える松山大学。長い歴史の中で脈々と受け継がれる校訓「三実」

1923(大正12)年、地元の強い要望で創立された松山高等商業学校が松山大学の前身です。その後、松山経済専門学校、松山商科大学を経て、現在の松山大学となり、2023年に創立100周年を迎えます。創立以来、脈々と受け継がれているのが、「真実」「実用」「忠実」の校訓「三実」の精神です。「真実」とは、既存の知識にとどまらず自ら真理を求めて学び続けること。「実用」とは、学んだことを日常生活や社会のために活かしていくこと。「忠実」とは、人や社会と誠実に向き合い、積極的に関わっていくこと。これら3つの態度を人間形成の柱として、社会に貢献できる有為な人材を育成しています。96年の歴史を通じて築かれた地域社会との信頼関係は、社会連携や社会貢献活動、就職実績など、あらゆる面で本学を支える礎となっています。

閉じる

商品開発から販売促進まで、学生のアイデアが形に!!

社会連携活動を通して「地域に学び、地域に貢献」

本学では2008年にMSPO(松山大学ソーシャル・パートナーシップ・オフィス)を開設し、地域産業・企業・自治体などとの連携活動を推進していましたが、2016年に、MSPOに生涯学習事業を加えて、より発展した形で社会連携室という組織を新たに立ち上げました。地元の農産物販売企業「のうみん株式会社」と学生が協働して商品開発を行った『のうみん舎プロジェクト』では、愛媛の特産品を使用したサイダーやせっけんを商品化。学生は企画立案のための市場調査からイベントでの販売促進など一連の流れを体験し、実践的なマーケティングスキルを体得しています。また、松山大学認可のNPO法人「松山大学学生地域創造研究所(Muse)」は、まちづくり支援やエコ活動など、幅広い活動を通して地域社会に貢献するとともに、学生にとっては社会と関わりながら実用的知識を習得し、社会人としての基礎力を養える貴重な場となっています。

閉じる

視野を広げる「単位互換制度」。生きた語学力と異文化理解を養う「海外語学研修制度」

単位互換制度
本学に在籍したまま国内外の他大学(協定校)で学び、さまざまな単位を修得できる制度です。修学期間は半年から1年で、修得した単位は卒業単位として認定申請できます。隣接する愛媛大学をはじめ国内9校、海外9校と単位互換協定を結んでいます。海外の協定校はアメリカ(ハワイ)、ドイツ、中国、台湾、韓国にあります。多くの学生がこの制度を積極的に利用し、他大学の人々や異なる文化と触れ合いながら 視野を広げ、人間的な成長を実感しています。
海外語学研修制度
海外で異文化に触れながら語学力や国際感覚を身に付けることができる海外語学研修制度を設けています。この海外語学研修には、短期と長期があり、約12~30週間の長期英語研修講座はイギリス、カナダ、ドイツ、フランス、中国、韓国、約3~4週間の短期英語研修講座はイギリス、オーストラリア、カナダが渡航先です。研修校で行われるさまざまなプログラムの中から、各自の学習目的や希望する期間などに合わせて選択できます。学生自らが計画したプログラムに対し、30万円を上限に研修費用を助成する「学生海外語学研修助成制度[夏季・春季]」も設けています(渡航先は、英語・ドイツ語・フランス語・中国語・スペイン語・韓国語の6言語圏から自由に選べます)。

閉じる

教育環境

中四国私大で最大の蔵書を誇る図書館

約96万冊の蔵書。中四国エリアの私大で最大の図書館

図書館
地上4階・地下2階の図書館には、約96万冊を所蔵(2019年3月末現在)。夜10時まで開館しており、多くの学生が利用しています。館内には多数の蔵書検索用パソコンや約50種類のオンラインデータベースも完備。図書館のHPでは24時間蔵書検索が可能です。タイトル数2,000を超えるBD、DVD、VTR、CDなどがラインナップされた視聴覚コーナーでは、授業の空き時間に映画や音楽を楽しむことができます。また、教員の指定図書や話題のベストセラーを並べるなど、本学ならではの工夫を凝らしています。

閉じる

国内外の薬用植物を教育・研究に生かす「薬用植物園」

最先端の設備が整う薬学部棟(9号館)・国内外の薬用植物を教育・研究に生かす「薬用植物園」

薬学部棟(9号館)
松山大学薬学部医療薬学科は、2006年4月、6年制薬学教育の導入とともに開設されました。地上10階・地下1階建ての薬学部棟は、薬学の先端研究に励む17の研究室をはじめ、実習室、動物実験施設、総合調剤実習室など次世代を担う薬剤師を育てる環境が整っています。

薬用植物園
御幸キャンパスの一角に、総面積1,806平方メートルの薬用植物園があります。園内には栽培圃場や温室が整備され、国内外のさまざまな薬草・薬木を栽培しています。「薬用植物」「自然が生み出す薬物」「医療の中の漢方薬」などの教育・研究のほか、天然薬物研究や有用植物栽培研究も行っています。年に2回(春・秋)、市民にも公開しています。

閉じる

中庭を中心とした吹き抜け構造の開放的なキャンパス

地域社会との交流・連携活動の拠点、樋又キャンパス

明るく開放的な樋又キャンパスには、講義室、演習室、カフェ、レストラン、研究室、事務室など、多くの機能が整備されています。ITを活用したグループワークや地域連携活動など、自由な発想での自立的な学修を支援する新しい「学びの空間」です。

閉じる

学部

【2020年度予定】

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

基本情報

学費・奨学金

文系4学部の初年度納付金98万円!全国の私大の中でもトップクラスの学費の安さです

本学の文系4学部(経済・経営・人文・法学部)の初年度納付金は98万円と、中四国の私立大学で一番安く、全国的にも上位クラスの低さです(※1)。これは国立大学と比べても大きな開きはありません。

【初年度納入金】※参考:2019年度入学生
経済・経営・人文・法学部
入学金200,000円 授業料・教育充実費780,000円
薬学部
入学金200,000円 授業料・教育充実費2,000,000円
薬学部の授業料には実験・実習費が含まれています。

※1:朝日新聞出版『大学ランキング2019』初年度納付金ランキングをもとに独自集計
  (法学部:全国3位/経済、経営、商学部:全国3位/文、外国語学部:全国5位)

主な奨学金・スカラシップ制度

松山大学奨学金(給付型、30,000円/月額)
 学業・人物ともに優秀な学生を対象とする奨学金制度。
松山大学温山会奨学金(給付型、10,000円/月額)
 本学の同窓会組織「温山会」が設立した奨学金制度。学業・人物ともに優秀な1年次生が対象です。
松山大学成績優秀者スカラシップ制度特別奨学金(給付型、授業料の半額相当/1年)
 学業成績が優秀な2年次生以上を対象としています。
松山大学スポーツスカラシップ制度特別奨学金(給付型、授業料の全額または半額相当/1年)
 スポーツ分野において著しく優秀な成績を挙げた2年次生以上が対象です。
入学試験成績優秀者スカラシップ奨学金(給付型、授業料の全額相当/1年)
 対象となる入試制度の成績上位者に対して、授業料の全額相当を給付するものです。

※その他にも、松山大学薬学部提携特別教育ローン利子給付奨学金や本学独自の給付型奨学金、民間の給付型奨学金など、各種奨学金を取り扱っています。詳細は本学HPをご覧ください。

閉じる

留学

過去の留学実績(調査年度:2019年)

学生数、教員数

【学生数】5708人
【外国籍の学生数】23人
【教員数】285人
【外国籍の教員数】38人

昨年度の留学実績

【留学期間別の留学人数】
1か月未満 78人
1か月以上3か月未満 8人
3か月以上6か月未満2人
6か月以上1年未満1人
1年以上0人

単位認定、奨学金

【単位認定プログラム数】0
【大学独自の奨学金】有
【奨学金給付人数】81〜100人
【奨学金給付金額総額】1,000万円以上1,500万円未満
※各大学の留学実績や単位認定、奨学金などについては、大学発表の資料でもご確認ください。

留学プログラムについて

短期語学研修講座(カナダ)

【留学先】カナダ
【対象人数】20
【留学開始時期】2020年8月
【奨学金】無
【単位認定】有
【問い合わせ先】
URL:https://www.matsuyama-u.ac.jp/international/tankigokakukenshu/english/international-25041/
部署:国際センター事務部
電話番号:0899267148

閉じる

住環境

本学がある松山市は、四国を代表する都市でありながら、全国の都道府県庁所在地の中でも家賃や食費の物価が安いなど、暮らしやすい環境を備えています。キャンパスは松山市の中心に位置し、中心街である「大街道・銀天街」や、日本最古の温泉地である「道後温泉」も自転車で約10分の近さ。時間を有効に使え、充実した学びで自己を成長させるにふさわしい学修環境です。

閉じる

クラブ・サークル活動

本学の風土や雰囲気を象徴するものの一つに、活発なクラブ・サークル活動があります。全国レベルの大会で数々の栄誉に輝く実力派、ユニークな活動を展開する個性派など、合わせて100以上の団体が活躍中。学部・学年を超えた出会いや、仲間とともに目標に向かって夢中になれる時間が、キャンパスライフをさらに豊かにします。

<Pick Up> 女子駅伝部
2016年10月30日、宮城県仙台市で開催された「第34回全日本大学女子駅伝対校選手権大会(通称:杜の都駅伝)」において、本学女子駅伝部が悲願の初優勝を果たしました。地方の大学だからこそできることにこだわり、創部9年目で日本一という栄光をつかみ取りました。

体育会系クラブ

女子駅伝部、水泳部(女子)、水泳部(男子)、馬術部、陸上競技部、なぎなた部、フェンシング部、ボクシング部、弓道部、剣道部(女子)、剣道部(男子)、合氣道部、柔道部(男子)、少林寺拳法部、伝統空手部、ソフトボール部、硬式野球部、準硬式野球部、軟式野球部、バスケットボール部(女子)、バスケットボール部(男子)、バレーボール部(女子)、バレーボール(男子)、ハンドボール部(男子)、アメリカンフットボール部、ラグビー部、サッカー部、女子サッカー部、フットサル部、ソフトテニス部(女子)、ソフトテニス部(男子)、テニス部(女子)、テニス部(男子)、バドミントン部(女子)、バドミントン部(男子)、ラクロス部(女子)、ラクロス部(男子)、卓球部(女子)、卓球部(男子)、ダンス部、体操部、ゴルフ部、ボート部、應援團チアリーダー部、Breaking(ストリートダンス)、Street Dance Club "macl"(コピーダンス)、キャンプ同好会、サッカー同好会、テコンドークラブ、フィギュアスケート愛好会、球技同好会、居合道同好会、軟式テニス同好会、バドミントン愛好会、バレーボール愛好会、硬式テニス愛好会「ハイサイニス」、ヨット愛好会、双輪会、スポーツチャンバラ、バスケットボール愛好会「DUNK」、武術太極拳

文化系クラブ

E.S.S.「英語部」、会計学研究部、経営学研究部、新思潮研究部、心理学研究部、文芸部、放送研究会、映画研究部、演劇部、華道部、写真部、書道部「南風会」、茶道部、美術部、漫画研究部、ギタークラブ、グリークラブ、ジャズ・エイジェンツ部、ハワイアン部、フォークソング部、軽音楽部「ラ・ソワレ」、吹奏楽部、邦楽部、学生赤十字奉仕団(ボランティア)、V.Y.S.部(ボランティア)、将棋研究部、落語研究部、4-Rings(ボランティア)、ローターアクトクラブ同好会、法学研究会、薬用植物研究会、カフェ愛好会、グルメの会、手話サークル

学生自治会・その他

自治会執行委員会、大学祭実行委員会、新入生歓迎実行委員会、会計監査委員会、ゼミナール連合協議会、学生新聞部、学生支援室 PIER、障がい学生支援団体POP、図書館学生アドバイザースタッフC3、生協学生委員会 WIZ、特定非営利活動法人松山大学学生地域創造研究所 Muse

閉じる

大学院・併設の大学

松山大学大学院、松山短期大学

●大学院
経済学研究科、経営学研究科、言語コミュニケーション研究科、社会学研究科、医療薬学研究科の5つの研究科において、「高度職業人養成」、「研究者養成」、「社会人再教育」を教育目標の3本柱に掲げ、多様化・複雑化する時代が直面するさまざまな問題を解決できる優れた応用力を育成します。
●松山短期大学
商科第2部(夜間)を設置し、きめ細かい少人数制の授業によって一般教養だけでなく法律や経済、経営、商業などの専門的で実学的な知識が得られます。卒業後は編入学制度により、松山大学をはじめとする4年制大学への進学の道も開けます。

閉じる

パンフ・願書

松山大学をよく知るには、『大学案内』を取り寄せよう。大学案内には、学部・学科ごとの詳しいカリキュラム、在学生の体験談や卒業生の社会での活躍、キャンパスライフ等知りたい情報が載っています!

パンフ・願書取り寄せ

閉じる

所在地・アクセス

本キャンパス

1.JR松山駅から伊予鉄道市内電車環状線で「鉄砲町」駅下車、徒歩約5分

2.松山観光港からリムジンバスでJR松山駅下車(所要時間約20分)、JR松山駅から伊予鉄道市内電車環状線で「鉄砲町」駅下車、徒歩約5分

3.松山空港からリムジンバスでJR松山駅下車(所要時間約15分)、JR松山駅から伊予鉄道市内電車環状線で「鉄砲町」駅下車、徒歩約5分

閉じる

問い合わせ先

住所

〒790-8578 愛媛県松山市文京町4番地2【入学広報課】

電話番号

フリーダイヤル 0120-459-514(シコクコイヨ)

URL

https://www.matsuyama-u.ac.jp/

E-Mail

mu-nyusi@matsuyama-u.jp

閉じる

閲覧履歴に基づくオススメの大学

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ