学校パンフ取り寄せで図書カードGET

おおさか

大阪大学

国立大学 大阪府

薬学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

薬学科(80名)

所在地

1~6年:大阪

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●新・薬学教育システム「新全6年制」導入

創薬科学および関連する生命科学領域で国際的に活躍できる研究者、医療現場はもとより臨床薬学研究や医薬保健行政、医薬品開発において先導的に活躍できる医療人の育成をめざします。

【キャンパス】吹田キャンパス
【学生数】397人(2018年5月1日現在)
【大学院】薬学研究科(創成薬学専攻、医療薬学専攻)

薬学科

講義・学問分野

薬学概論、有機化学、物理化学、有機医薬化学、生命情報薬学、免疫学、機能食品学、健康情報学、臨床薬効評価学、製剤科学、抗生物質学、臨床薬剤学、無機化学、精密合成化学、最先端機器分析化学、再生医療科学、薬学統計学、薬用資源解析学、毒性学特論 ほか

閉じる

学部の特色

新・薬学教育システム「新全6年制」導入

本学部では、2019年度からこれまでの薬科学科(4年制)と薬学科(6年制)を発展的に融合した「新全6年制」による薬学教育改革を行い、薬学科(6年制)のみの募集となります。
新全6年制の薬学科では、「創薬基盤技術力」と「創薬臨床力」を生かし、「ものづくり」に貢献できる人材の育成を行い、大学などの研究機関や製薬企業、さらには医療現場や行政でグローバルに活躍する薬学研究者や先導的医療人の輩出を通して、総合的なライフサイエンスの発展に貢献していきます。

閉じる

学べること

薬学科

新全6年制で、最先端医療を担う臨床・薬学研究者をめざす

本学科では2019年度より「先進研究コース」「Pharm.Dコース」「薬学研究コース」を設定。コースの選択は入学後に行います。
いずれのコースも、2年次後期までは豊中キャンパスにおいて一般教養や語学などの全学共通教育を重点的に学習します。また生命科学の基礎となる化学、生物学、物理学などもしっかり学びます。
2年次後期からは、薬学部のある吹田キャンパスにおいて本格的に薬学専門教育を学びます。基礎実習では、研究を実践するために必要な知識や技術を学びます。3年次からは、研究室に配属され、薬学研究の最前線で長期課題研究(卒業研究)に取り組みます。コースによって時期が異なりますが、4年次以降の高学年では、病院や薬局において患者さんと接することによって臨床における薬物療法を学び、医療人としての果たすべき役割を考える機会として実務実習を行います。

閉じる

アドミッションポリシー

(入学者受入方針)

大阪大学のアドミッション・ポリシーのもとに、薬学部では、優れた「創薬基盤研究力」と「創薬臨床力」を持ち、創薬(ものづくり)から投薬に至る幅広い医療に貢献できる薬の専門家を育成するために、次のような学生を受け入れます。

(1)創造性豊かで何事を行うにも意欲的に取り組むことができる人
(2)論理的、かつ柔軟な思考力とそれを支える幅広い基礎知識、およびその展開能力を備えた人
(3)生命にかかわり、医療を担う者として相応しい倫理観・使命感と豊かな人間性を持った人
(4) 生命科学の基礎となる化学・生物学・物理学などに興味を持ち、それらの基礎がしっかりしている人
(5) 旺盛な科学的探究心と医療の発展を通して社会に貢献しようとする気概を持ち、将来は大学院へ進学してさらに高度な医療・薬学研究に打ち込もうという熱意のある人

薬学部では、このような資質を有する学生を適正に選抜するために、大学入試センター試験に加えて、前期日程試験(数学、理科、外国語)及び推薦入試(小論文、面接)を行います。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ