×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

しょうわじょし

昭和女子大学

私立大学 東京都

食健康科学部の詳細情報

※2021年4月、生活科学部から名称変更(予定)

学科・定員・所在地

学科・定員

健康デザイン学科(75名)
管理栄養学科(72名)
食安全マネジメント学科(80名)

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●豊かで健康的な生活の発展を支援できる人材をめざす
●「健康デザイン学科」では食と健康を科学的に学ぶ
●「管理栄養学科」で、管理栄養士をめざす。「食安全マネジメント学科」で、食のフィールド幅広く活躍できる力を身につける

運動や食科学などを学ぶ健康デザイン学科、栄養のスペシャリストをめざす管理栄養学科、食のサイエンスとマネジメントをバランスよく学ぶ食安全マネジメント学科を設置。衣食住の自然科学をより体系的に学びます。

【学生数】830名(2019年5月1日現在)
【専任教員数】31名(2019年5月1日現在)

健康デザイン学科

講義・学問分野

化学、食品学、給食運営論、公衆栄養学、食の文化とデザイン、食と化粧の心理学、スポーツ栄養学、おいしさの科学と評価、スポーツ現場実習 など

閉じる

管理栄養学科

講義・学問分野

管理栄養士概論、微生物学、化学実験、解剖生理学実験、応用栄養学、学校栄養教育論、臨床栄養学実習、食品衛生学・食品加工学実験、国家試験対策講座 など

閉じる

食安全マネジメント学科

講義・学問分野

消費者経済論、産業流通論、栄養学、生産経営論、店舗経営論、フードマネジメント演習、起業・スモールビジネス論、食品材料学演習、食品化学、食料資源学、食品開発論 など

閉じる

学部の特色

豊かで健康的な生活の発展を支援できる人材をめざす

QOL(Quality of Life)の向上は社会生活をおくるために重要な課題です。生活科学部は、科学と社会の視点から、人々の食の安全性とデザイン、健康を追求します。より多くの人が豊かで健康的な社会生活がおくれるよう、支援、貢献できる人材を育成します。

閉じる

「健康デザイン学科」では食と健康を科学的に学ぶ

●健康デザイン学科
「食と健康」について、人体の構造や生理、食品成分など、科学的、生物学的な視点から学び、専門的な知識と技術、展開能力の修得をめざします。「健康と食」「健康と美」「健康と運動」に関わる幅広い分野を学び、栄養士だけでなく、より広い視野で食と健康を考え実践する「健康のスペシャリスト」をめざします。また、栄養教諭、中学・高校の家庭科、保健体育の教諭免許、健康運動指導士の受験資格なども取得可能です。

閉じる

「管理栄養学科」で、管理栄養士をめざす。「食安全マネジメント学科」で、食のフィールド幅広く活躍できる力を身につける

●管理栄養学科
医療・保健・福祉などの分野で栄養指導を行い、数多くの実験、実習などの実践的カリキュラムを展開。特に医療の現場で定着している「チーム医療」において、英語で書かれたカルテを理解し、医師や薬剤師らと共有、即戦力として活躍できる力を身につけるために英語教育を強化。「科学英語」の特別カリキュラムを設け、希望者にはアメリカでの栄養士研修も行っています。また、卒業と同時に管理栄養士の国家試験受験が可能で、実際の現場で必要とされる高い専門スキルと語学力、総合力を兼ね備えた栄養のスペシャリストを養成します。

●食安全マネジメント学科
食を支える産業=フードビジネスの現場で活躍できる人材の育成をめざしています。フードビジネスの現場で求められるのは、輸入食品の増加、農薬や食品添加物、食品衛生管理、食習慣や国民の健康状態や欲求の変化などの課題に、科学的な知識や技術をもって柔軟かつ的確に対応できる実践的な専門知識を持った人材です。そこには経営的センスや流通、マーケティング、氾濫する情報から適切なものを選択し、わかりやすく情報を伝えるためのコミュニケーション力を含むビジネス力を併せ持つことも大切です。食のサイエンスとマネジメントをバランスよく学び、生産者から消費者につながる流通の各過程で総合的に力を発揮できる人材を育成します。

閉じる

学べること

健康デザイン学科

栄養士「プラスアルファ」の専門性を身につける

「食と健康」について、人体の構造や生理、食品成分など、科学的な視点から学び、専門的な知識と技術、展開能力を修得。栄養士養成を目的としたカリキュラムで、卒業と同時に栄養士の資格取得が可能です。実験・実習の多い実践的なカリキュラムが特徴で、手足を動かし、目で確かめ、考察するという作業を繰り返すことによって実践的な力を養います。食文化や食品の機能・安全性、化粧や美容、運動・スポーツなど健康に関わる幅広い分野を学ぶという時代のニーズに応えた領域科目群を用意しています。

【授業・講義】
スポーツトレーニング論演習

健康や体力づくりに関するトレーニングの重要性を理解したうえで、科学的根拠を持ったスポーツトレーニングに関する基礎知識を修得しトレーニングに関する原理原則を学びます。スポーツ実施現場におけるさまざまなトレーニングに関する目的・方法・特殊性を理解し、トレーニングの効果による身体の変化・適応について解明し、パフォーマンス向上につながるのかを理解します。さらに、望ましい身体づくりとして、加齢制御、肥満制御などの美しい身体をふまえ、安全なスポーツの実施に生かされるトレーニングについても学びます。

閉じる

管理栄養学科

総合力とコミュニケーション力を磨き、現場で信頼される管理栄養士をめざす

少人数制の授業を中心とし、管理栄養士に必要な知識はもちろん、現場で役立つ実践力を身につけるため、数多くの実験・実習を行っています。3年次に実施する病院や保健所での学外学習では、実際の管理栄養士の業務を体験。また、チーム医療の一員として活躍するための英語力の強化にも力を入れ、外国語科目として「科学英語」の特別カリキュラムを設けています。希望者にはアメリカでの栄養士体験研修を実施。国際的に活躍できる人材の育成をめざします。卒業と同時に、管理栄養士の国家試験受験が可能で、4年次からは国家試験受験対策講座を設置。一人ひとりに合わせた受験指導で、全員合格をめざします。

【授業・講義】
統計・情報処理演習

日々の食事から摂るエネルギーおよび各種栄養素の摂取量、身体の臨床データ等の情報収集の集積方法と分析・解析結果を総合的に判断し、エビデンスに基づく適切な栄養指導能力がある管理栄養士をめざします。

閉じる

食安全マネジメント学科

4年間の学びで、これからのフードビジネスの担い手をめざす

フードビジネスの現場で求められるのは、輸入食品の増加、農薬や食品添加物、食品衛生管理、食習慣や国民の健康状態や欲求の変化などの課題に、科学的な知識や技術をもって柔軟かつ的確に対応できる実践的な専門知識を持った人材です。そこには経営的センスや流通、マーケティング、氾濫する情報から適切なものを選択し、分かりやすく情報を伝えるためのコミュニケーション力を含むビジネス力を併せ持つことも大切です。食のサイエンスとマネジメントをバランスよく学び、生産者から消費者につながる流通の各過程で総合的に力を発揮できる人材を育成します。

【授業・講義】
地域経済論 

地域経済を食と農の視点から学びます。理論・手法、歴史と現状、地域再生についての新たな課題と展望について理解を深め、フードシステムが地域再生のためにどのような戦略を持つべきかについて、地域資源、地域の経済主体や行政の役割を考えます。

閉じる

アドミッションポリシー

求める人物像

●健康デザイン学科
昭和女子大学の教育目標と学位授与方針を理解し、健康と栄養を中心に、食・美・運動などに強い関心を持ち、将来は専門的な知識を活かして社会に貢献したいという意欲のある人を求めます。
また、本学科の教育課程に従い学修する資質と能力を備えた入学者を受け入れます。そのために多様な入試方式で入学希望者を募集し、多面的、総合的に選抜します。

●管理栄養学科
昭和女子大学の教育目標と学位授与方針を理解し、食、栄養、健康に強い関心を持ち、医療、福祉、保健、教育、研究及び行政並びに食の分野における栄養の専門職を目指して、社会に貢献したいという意欲が強い人を求めます。
また、本学科の教育課程に従い学修する資質と能力を備えた入学者を受け入れます。そのために多様な入試方式で入学希望者を募集し、多面的、総合的に選抜します。

●食安全マネジメント学科
昭和女子大学の教育目標と学位授与方針を理解し、食品の安全性と生産から流通・販売に至るマネジメントに強い興味を持ち、専門的な知識と能力を生かして社会に貢献したいという意欲のある人を求めます。
また、本学科の教育課程に従い学修する資質と能力を備えた入学者を受け入れます。そのために多様な入試方式で入学希望者を募集し、多面的、総合的に選抜します。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】東京都世田谷区太子堂1-7-57
(03)3411-5154(直)
【フリーダイヤル】0120-5171-86(平日9:00~16:00)
 【URL】https://univ.swu.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ