せんしゅう

専修大学

私立大学 東京都/神奈川県

経営学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

経営学科(542名)
ビジネスデザイン学科新設
※2019年4月、設置構想中

所在地

1~4年:神奈川

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●実学重視の講義により、現場で活きる力を身につけビジネス社会で活躍する
●「インターンシップ」を実施し企業の今を体験する
●独自のテーマ制で複眼的視野を育む

リアルなビジネスの現場から企業や組織を学ぶ経営学部。「理論と実践の融合」をはかる学びの中で、実社会で求められるビジネスのスキルと視点を磨きます。

【キャンパス】生田キャンパス
【学生数】2507名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】55名(2017年5月1日現在)
【大学院】経営学研究科(M/D)

経営学科

講義・学問分野

経営管理総論、経営組織論、ベンチャー企業経営論、新興市場ビジネス論、国際経営論、経営分析、ブランド論、経営データ解析

閉じる

ビジネスデザイン学科新設※2019年4月、設置構想中

講義・学問分野

-

閉じる

学部の特色

実学重視の講義により、現場で活きる力を身につけビジネス社会で活躍する

「経営」「ビジネス」。言葉は聞くけどよく分からない、なんだか難しそう。そんな人がたくさんいます。本学部で勉強している先輩たちも卒業生たちも、また先生たちも、最初は皆さんと一緒。何も分からないところから始まりました。
本学部では、まず専門導入科目でビジネスの基礎を学び、その後自分の学びたい領域についてビジネスを代表する10のテーマから2つのテーマを選びます。テーマで学んだ知識を実践で役立てるようにするのが、ゼミナールやビジネス研究などの演習科目です。少人数教育で、仲間や私たち教員と白熱した議論を交わしながら、自分らしさを磨いていきます。
本学部での学びを通し、卒業を迎える頃には、経営に関する知識と実践力を自然に身につけた自分と出会い、学びを積み重ねることによって、ビジネスの現場に活きる力を身につけます。

閉じる

「インターンシップ」を実施し企業の今を体験する

~基礎を身につける~
ビジネスとは何か、を知るためには、多くの知識が必要です。1年次の必修科目では、学びのテーマを選ぶために、さまざまな視点からビジネスの全体像をつかみます。

~専門を深める~
入門科目で身に付けたビジネスの基礎力を活かして、専門的な学びに取り組みます。3年次には、ビジネスに関わる10のテーマより興味や関心のあることに合わせて2つ選択します。

~知識を実践する~
1~4年次まで少人数制で行われる演習科目と、社会で活躍されている方から学ぶ選択科目は、本学部の大きな特徴です。高度な内容から実践の場に生きる力に磨きをかけます。

閉じる

独自のテーマ制で複眼的視野を育む

絶えず変化するビジネスの世界では、複眼的視野を持って問題に対処できる能力が求められています。そこで「ベンチャー創造と事業継承」「戦略デザイン」「人的資源と知識創造」といった実社会に即した10のテーマ科目群から2テーマを選択し、横断的な学習を行います。

閉じる

学べること

経営学科

今の時代の経営を志す人材を育て、企業経営の実態を理解する

企業を経営する立場から、企業における資源である「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」のマネジメントについて学び、有能なビジネスパーソンとして、社会で輝くための知識と技能を身につけます。また、経営学が扱う領域など基本を徹底的に身につけ、インターンシップ(企業研修)などを通して企業経営の実態を体感。3年次より10のテーマ科目群から興味あるテーマを2つ選択し、研究を深め、自ら経営を志す人材へと育成していきます。

●豊富な基礎演習科目
1・2年次では、情報リテラシー、簿記、論理、経営数学といった学んだ専門知識を活用するために必要な基礎的スキルを少人数クラスでしっかり学びます。

●インターンシップ(企業研修)
事前指導を経て、夏休みの約2週間、企業で実務を体験します。ビジネスの現場に身を置くことで、職業観・企業観を確立することがねらいです。

●アクティブ・ラーニング
2年次以上になると、ビジネス研究やゼミナールがアクティブ・ラーニングで行われます。ディスカッションをしながら、問題発見・解決・発信能力を養います。

閉じる

ビジネスデザイン学科

新たな「ビジネスデザイン学科(2019年4月、設置構想中)」で現代社会を活躍する力を身に付ける1

本学は、2020年に迎える創立140周年に向けてさまざまな取り組みを進めています。その一環として、2019年4月、生田キャンパスの経営学部に新たな学科「ビジネスデザイン学科」の設置を構想しています。今後ますますグローバル化が進む現代社会で活躍できる人材を輩出するため、より一層の「社会知性の開発」に取り組んでいきます。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】神奈川県川崎市多摩区東三田2-1-1
入学センターインフォメーション
(044)911-0794
 【URL】http://www.senshu-u.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ