大学入試センター試験の最新情報をお届け!

せんしゅう

専修大学

私立大学 東京都/神奈川県

人間科学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

心理学科(72名)
社会学科(122名)

所在地

1~4年:神奈川

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●心理学科と社会学科の2学科で「心」と「社会」を実証的に研究する
●全員がゼミナールに参加する
●見えないことを実証的に科学する

『人間』とは、「身体」と「心」と「社会」の関わりのなかで存在しています。人間の身体に作用する「心」を科学的・実証的に分析する「心理学」、社会における人間相互の関係について研究し、実証的に明らかにする「社会学」。本学部では、この2つの循環的な学問を探求し、人間を取り巻く諸課題を解決へと導きます。

【キャンパス】生田キャンパス
【学生数】900名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】29名(2017年5月1日現在)
【大学院】文学研究科/心理学専攻(M/D)、社会学専攻(M/D)

心理学科

講義・学問分野

心理学データ解析、心理学研究法、知覚心理学、認知心理学、学習心理学、発達心理学、社会心理学、臨床心理学、犯罪心理学

閉じる

社会学科

講義・学問分野

社会調査の基礎、統計学実習、社会調査実習、比較社会論、現代文化論、福祉の社会学、地域社会学

閉じる

学部の特色

心理学科と社会学科の2学科で「心」と「社会」を実証的に研究する

本学部は、心の研究を中心とする「心理学科」と、集団生活やその環境を研究する「社会学科」によって構成されています。本学部では「人間」を「心」と「社会」の両面から探究します。大きく分けると、「人間」は「身体」と「心」と「社会」でできあがっています。まず、人間の身体を動かしているのは「心」です。私たちは「心」を持った存在です。「心理学」では心という見えない存在に科学的・実証的に迫ります。さらにそこで得られた知見をもとに、心のトラブルへの対処など、臨床的な実践につなげます。さらに、人間は家族や学校あるいは職場などの社会集団なしに生きていくことはできません。「社会学」では社会の中で生きる人間や人間相互の関係について研究し、社会的現実を実証的に明らかにしていきます。
さまざまな「心」を持った「人間」によって「社会」は構成されており、また、それぞれの「人間」は「社会」の中でしか生きていくことはできません。人間をめぐる循環的な関係に心理学と社会学は位置しているのです。

閉じる

全員がゼミナールに参加する

本学部では、誰でもゼミナールに参加できるのが特徴です。ゼミナールは、原則的に5~10人程度の討議形式の授業で、そのゼミナールの基本となるテーマに沿って学生一人ひとりが研究を進めます。
担当教員の指導のもとに、学生同士の討議や研究発表を中心に専門分野の理解を深める授業は、自主性と積極性を高める機会として重視されています。

閉じる

見えないことを実証的に科学する

「心」を研究する心理学にも「社会」を研究する社会学にも、それぞれ独自の方法があります。「実験」「調査」「臨床」などの心理学的手法、アンケートやインタビューなどの「社会調査」の技法です。直接手に取ったり、目で見たりすることのできないモノゴトを、誰にでも確認できる形で可視化して共有することを「実証」といいます。本学部は、この実証的な手法で「心」と「社会」を探究します。そして、これら「人間」を科学的な方法で深く理解するすべを身につけるために、本学部では少人数教育の実践にも力を入れています。

閉じる

学べること

心理学科

基礎心理と臨床心理をバランスよく学び臨床心理士として活躍する

心理学には大きく2つの分野があります。心の仕組みを実験や観察によって確かめる基礎心理学と、カウンセリングなどの実践に取り組む臨床心理学。本学科では双方をバランスよく、より幅広い領域を学べるよう専任の教員スタッフ14人の陣容で教育を行い、専用の実験・実習室などの設備も充実しています。この恵まれた環境によって、みなさんの興味・関心が喚起され、じっくり取り組める研究と出会うことができるはずです。例えば、流行はなぜ起きるのか、あるいは人はなぜ人に共感できるのか。日常から感じる疑問を実験や調査からデータ処理し、レポートや論文にまとめる。こうした過程から人の心への理解を深め、社会でより良い人間関係づくりに役立てられる力を育てたいと考えています。

●専用コンピュータルーム
実験材料の準備やプログラミング、データの統計解析など、本学科の実験や調査にはコンピュータが不可欠です。本学科では専用のコンピュータ約70台が自由に利用できます。

●大学院生がサポート
専用コンピュータルームにはティーチングアシスタントの大学院生がいます。データ処理の方法やレポートの書き方など、分からないことがあれば何でも相談してください。その場で疑問が解消できます。

●臨床心理士資格への対応
認定心理士の申請資格および産業カウンセラーの受験資格が取得可能な他、本学大学院は、(財)日本臨床心理士資格認定協会の指定を受けているため、大学院に進学し修士課程を修了することで、臨床心理士の受験資格を得ることができます。

閉じる

社会学科

社会に抱いた疑問は、自らフィールドへ出て解決策を探求する

人々の生活の場を対象に、そこに生きている人の意識や、社会の中でつくられ、社会に働きかける人の姿を学ぶのが社会学の基本です。自分が立てた問いに対して、現場で聴き取り調査を行い、その声から仲間と議論を行い、独自の解を導いていきます。フィールドワークを通して、社会は同質ではないことに気づき、自らも多様な社会の一員であることを認識するでしょう。本学科は、専門科目数・専任教員数ともに社会学系学科を持つ大学のなかでも屈指の規模です。幅広い専門科目群から将来の進路を想定して学ぶために3つの系を用意しました。それぞれの系はゆるやかにつながり合っているため、学生は他の系に視野や関心を広げ、得た知識を自分の専門領域にフィードバックして研究を深めることができます。
社会を多面的にとらえ、社会に対して働きかけることのできる人材育成が本学科の目標です。

●少人数のゼミナール
1年次の「専門入門ゼミナール」に始まり、2年次の「社会調査実習」や「文献研究」、3・4年次の「専門ゼミナール」まで、いずれも10名程度の少人数クラスで研究や討論を重ね、社会学の方法と多面的なものの見方を身につけます。

●社会調査士の資格を取得
1年次の「社会調査の基礎」、2年次の「社会調査実習」をはじめ、関連科目を履修し、調査の技法を学ぶことで、無理なく、社会調査士(一般社団法人社会調査協会認定)の資格を取得できます。

●研究施設の充実
社会調査の結果を統計処理して分析する専用のコンピュータルーム、ディスカッションや報告書作成、情報共有ができる社会調査実習室や映像ルームなどの充実した施設を利用できます。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】神奈川県川崎市多摩区東三田2-1-1
入学センターインフォメーション
(044)911-0794
 【URL】http://www.senshu-u.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ