×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

だいとうぶんか

大東文化大学

私立大学 東京都/埼玉県

文学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

日本文学科(150名)
中国文学科(70名)
英米文学科(130名)
教育学科(120名)
書道学科(60名)
歴史文化学科(100名)

所在地

1~2年:埼玉
3~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●豊かな人格と確かな視点を磨き、多くの卒業生が教員として活躍
●人間の生き方やあり方を考え、人間学としての文学を身に付ける
●ビアトリクス・ポターTM資料館で貴重な資料に触れる

文学の名から連想されがちな狭義な精神世界の枠を越え、思想、言語、歴史、文化、芸術など、人間の足跡や営みを柱にした人間追求を通して、豊かな人格形成と時代の変化を予測し得る確かな視点の育成をめざします。

【キャンパス】東松山キャンパス(1・2年)、板橋キャンパス(3・4年)
【学生数】2410名(2018年5月1日現在)
【専任教員数】89名(2018年5月1日現在)
【大学院】文学研究科/日本文学専攻(M/D)、中国学専攻(M/D)、英文学専攻(M)、書道学専攻(M/D)、教育学専攻(M)

日本文学科

講義・学問分野

古典、近・現代、日本語学、比較文学・文化

閉じる

中国文学科

講義・学問分野

文学、哲学・思想、歴史、語学、書道芸術

閉じる

英米文学科

講義・学問分野

英米文学(作家・作品研究、心理学・社会学的考察)、英語学、英会話&コミュニケーション

閉じる

教育学科

講義・学問分野

教授・学習、思想・制度、認知・発達、社会・文化、芸術

閉じる

書道学科

講義・学問分野

書学ゼミ、書作ゼミ

閉じる

歴史文化学科

講義・学問分野

日本史コース、東西文化コース、観光歴史学コース(2年次進級の際に1コースを選択)

閉じる

学部の特色

豊かな人格と確かな視点を磨き、多くの卒業生が教員として活躍

本学で最も長い歴史を持つ本学部は、文学の名から連想されがちな狭義な精神世界の枠を越え、思想、言語、歴史、文化、芸術など、人間の足跡や営みを柱にした人間追求を通して、豊かな人格形成と時代の変化を予測し得る確かな視点の育成をめざしています。伝統的に教職を志望する学生が多く、全国各地で多数の本学部出身の教員が活躍しています。

閉じる

人間の生き方やあり方を考え、人間学としての文学を身に付ける

本学の建学の精神である「東西文化の融合」に基づき、人間の生き方やあり方を考察する総合的な人間学としての文学や、それをはじめとする人文系諸科学を身に付けます。各学科とも、少人数教育を重視。また、世界各国への留学奨励など、国際的な教育にも力を入れています。

閉じる

ビアトリクス・ポターTM資料館

ビアトリクス・ポターTM資料館で貴重な資料に触れる

東松山キャンパスに隣接する埼玉県こども動物自然公園内の「大東文化大学ビアトリクス・ポターTM資料館~ピーターラビット(R)の絵本の世界~」では、本学図書館・英米文学科が所蔵する世界的にも類を見ないコレクションの中から、特に貴重な書籍、原画、直筆手紙などを一般公開しています。また同館では、博物館学講座の一環として博物館実習生を受け入れています。

閉じる

学べること

日本文学科

少人数教育とユニークな授業で幅広い知識と深い洞察力を磨く

1年次からゼミ「日本文学基礎演習」をスタートし、4年次まで年次を追って無理なく専門性を高めます。ゼミの定員は15名前後と、徹底した少人数教育できめ細かな指導を展開。呪術や妖怪などの民話や映画、マンガ、アニメーションなども文学研究のテーマとして取り上げるユニークな科目を取り入れたカリキュラムで、古典から現代文まで広く日本文学に親しみ、幅広い知識と洞察力を身に付けます。

【授業・講義】
日本文学講読4

前期は“笑い”をテーマに、噺本と呼ばれる短編を取り上げます。現代落語のもとになったような作品で、ボケとツッコミやダジャレ、オヤジギャグなど江戸時代の笑いのパターンを学びます。後期は、幽霊や怪物との遭遇や、心を読み取るエスパーのような話も登場する怪異小説を取り上げます。近世の作品を通して、未知の世界に触れていきます。

閉じる

中国文学科

中国語・中国文化への理解を深め、バランスのとれた国際感覚を養う

ネーティブスピーカーによる中国語教育で語学力を磨き、漢文訓読力を身に付けると同時に、文学をはじめ、哲学や思想、歴史などを通して中国の伝統的文化への理解を深めます。さらに、中国語を話す人々とのコミュニケーションを図り、中国文化圏に対する総合的な理解を深めながら、国際感覚を養い、中国と日本との懸け橋になれる人材を育成します。

【授業・講義】
中国文学特別演習1(中国文言小説研究)

神様や仙人、幽霊などが登場する魏晋南北朝時代の説話をもとに、当時の暮らしや世界観を味わい、歴史書では分からないファンタジーのような中国文化について研究します。

閉じる

英米文学科

英米文学に触れ、英語力を高めることによって英語圏の文化への理解を深める

総合的な英語力を高め、英語圏の文学や文化、思想などをバランスよく学べるカリキュラムを展開。英米文学の小説、演劇、詩などの多彩な表現に触れ、人間への興味を深めると同時に、英語の歴史や単語の語源など、言語としての特性を学びます。こうした学びの中で、英語圏の文化や人への理解を深め、豊かな思考力と英語でのコミュニケーション能力を磨きます。

【授業・講義】
比較文学・文化特殊講義

イギリスの絵本「ピーターラビット・シリーズ」を読み解きます。アメリカで“マザーグース”と呼ばれる伝承童謡や、シェイクスピアの要素が盛り込まれていること、ピーターのお父さんが肉のパイにされてしまうなど、日本の児童文学ではあまり描かれない残酷さも特徴の作品。原作を読むことで文化的特徴や仕掛けを紐解き、作者の女性としての生き方や作品誕生の背景まで掘り下げます。

閉じる

教育学科

教育に関する知識と専門性を高め、総合力のある教育のプロをめざす

教育学の専門家になるための学びと、教育者(教員)になるための学びを同時に習得できる体系的なカリキュラムで、教育のプロとして必要とされる知識技術を習得。また、教科の指導法や授業づくりの方法など、教育現場で子どもと接したときに必要とされる教育者としての技能を実践的に身に付けます。教員や学生同士の距離が近く、学外での社会的学びの場を多く提供。きめ細かな指導のもと、教育に関わり、広く深く問題を捉える視野と能力を磨き、教員として活躍できる力を育みます。

【授業・講義】
教育学演習1(保育士ゼミの例)

保育者として、学校や地域とどうやってつながり、現場ではどのようにするべきか。「保育者としての専門性」を探りながら、子どもを理解し、ふさわしい環境を考え、保育活動を計画するなど、段階的に学びます。また、保育現場での実践を通して子どもを取り巻く課題についても考えます。

閉じる

書道学科

学問として芸術として書を追究、伝統を未来に継承する力を習得する

書の歴史を尊重するとともに、現代における「書」を社会的、学際的に探究。また、歴史や理論、鑑賞法といった「書学」と、芸術表現を追究する「書作」を並行して学び、書に対する広い視野を身に付けます。書に関する学問や表現の基礎力を磨き、その伝統を未来に伝承する力を習得。書の教育者として必要とされる見識・人格・指導力を兼ね備えた人材を育成します。

【授業・講義】
日本書道史通論

“書く”だけが書道ではありません。書道史では、書を“見て”楽しむ、見て何かを得るという鑑賞も大切です。1000年以上にわたる日本の書道史には、名筆と呼ばれるものもありますが、これらは書かれたときから名筆だったわけではありません。では、どのように名筆と呼ばれるようになったのか。その背景を探り研究していきます。

閉じる

歴史文化学科

加速するグローバル化を見据えて、自らの発信力を育む

メーカー・金融をはじめとして、小売・サービス業でも海外進出がスタンダードとなり、多くの日本企業がグローバル化していくことが予測されます。国内でも、2020年の東京オリンピックをきっかけに、外国人の訪日旅行が増加するなど、さまざまな国の人々と触れ合うチャンスが増えていきます。本学科では、自国の魅力を自分の言葉で語ることができる、歴史や文化に関する深い知識、異なる文化・コミュニティーの人とも豊かに共生できる協調性、コミュニケーションスキル、歴史・文化遺産や地域の特色を生かした商品・サービスを企画するプロデュース力を備えた人材を、幅広く育成することをめざします。

閉じる

アドミッションポリシー

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

文学部は、教育研究上の目的、学位授与方針、教育課程の編成・実施方針に基づき、下記の能力を備えた受験生を各種選抜試験によって受け入れる。

1.知識・技能
1.入学前に日本文学・中国文学・英米文学・教育学・書道学・歴史文化学の6学科がそれぞれに定める、基礎的な知識・技能を修得している。

2.思考力・判断力・表現力
1.各学科が求める専門的能力を身につけられるよう努力する学生である。

3.主体的に学習に取り組む態度
1.国際社会に対する見識をもとに、周囲と力を合わせ、様々な課題に取り組む姿勢を有している。
2.多様な現代社会に対応するための自然・社会・人文諸科学、外国語、情報処理、キャリア、ジェンダー、芸術等の科目を、積極的に幅広く学習する意欲を有している。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】
〈東松山キャンパス〉
埼玉県東松山市岩殿560
〈板橋キャンパス〉
東京都板橋区高島平1-9-1
入学センター
(03)5399-7800
 【URL】http://www.daito.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ