だいとうぶんか

大東文化大学

私立大学 東京都/埼玉県

大学トップ

ここに注目!
  • 徹底した少人数教育による、きめ細かな指導を受けられる
  • 1年次から始まるキャリア支援プログラム
  • 77大学との協定を中心とする多彩な留学制度

大学の特色

新設された看護学科・歴史文化学科・社会学科(カ・レ・シ)

2018年4月、新たな学びの場「カ・レ・シ」始動!

(カ)看護学科では、「地域医療」のニーズを踏まえ、地域に根付いた医療現場で実習を行います。
(レ)歴史文化学科では、地域社会・自治体・企業との協働プロジェクトなど、フィールドワークを取り入れた教育を取り入れます。
(シ)社会学部社会学科でも、フィールドワーク型の調査や演習を軸に、新たな社会の在り方を構想していきます。

閉じる

2013年、創立90周年を迎えた

創立100周年に向けた新しい教育

大東文化大学は、2023年の創立100周年に向けた「DAITO VISION 2023」を策定。伝統であるアジアを中心とした研究・教育をさらに拡大させた「アジアから世界へ」を理念とし、「多様な文化が共生できる社会」と「新しい価値の創造」をめざしています。
また、グローバリゼーションの時代に必要とされる「地域・日本・世界を貫く教養」を身に付けた人材を育てるため、新しい教育を展開。特に重視しているのが、(1)国際教育の充実、(2)学生の主体的な学びを促す教育の充実、(3)社会人基礎力の向上です。
少人数で行われる参加型の学習スタイルや、企業と連携した新商品の開発などの課題解決型学習、ボランティアや自治体の事業への参画など実社会を体験するプログラムといったより実践的な教育を取り入れ、学生の主体性と社会人基礎力を育んでいます。

閉じる

公務員・教員志望者を強力にサポートする「教職課程センター」

本学の学生に、卒業後の希望進路を尋ねると、その3割が「公務員・教員」と答えました。これは伝統的に公務員・教員を多く輩出してきた、大東文化大学ならではの数字といえます。そういった公務員・教員志望者を今まで以上に手厚くサポートするべく、2017年に「教職課程センター」が新たに開設されました。こちらでは、実際に教員経験のある本学教職員がアドバイスにあたり、 幼稚園、小学校、中学校、高校の教員免許、保育士資格、司書、学芸員などの資格についての相談や、教育実習の申し込みなどにも対応。これまでの経験とノウハウを活かしながら、入学直後から、取得資格、採用試験対策、さらには就職まで、一貫したサポート体制でフォローアップします。

閉じる

アドミッションポリシー

入学者受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)

本学の入学者受け入れ方針は、大東文化大学の建学の精神に基づき、東洋の文化を中心として広く全世界の文化に関する諸学を研究・教授し、その振興を図ると共に、東洋固有の文化を尊重し、その伝統的美徳を身につけて豊かな人格の形成に努め、併せて国際的な視野を持ち、世界の文化の進展と人類の幸福の実現に寄与できる有為な人材を育成することをめざすのを大原則にしている。
個別には各学部学科の教育目標を基礎としている。とはいえ、中長期的な見地からみた大学教育の質の維持・向上、社会に貢献できうる大学としての価値の向上、そして安定的な財政運営という観点から非常に重要であるにもかかわらず、ここ数年来の入学者選抜試験での競争率は大学全入時代の影響や18歳人口の減少等で漸減の傾向にある。
しかし、どの入試制度であれ、単に定員充足を目標とするのでは、結果として教育効果が向上するとはいえない。
本学の教育目標等に共鳴し、本心から本学で学びたいという強い意思を持つ学生を積極的に受け入れ、付加価値をつけ社会に送り出すという「手作りの教育」を本学独自の戦略として今後も強化・拡大していくべきである。

上記のように本学の理念、大学、各学部学科の教育目標に共鳴し、修学意欲や目的意識が高い学生、また社会に対して貢献できる資質を備えた学生を確保するため多様な選抜方法を設けているが、総じて入試科目とカリキュラムの関係は連動性を持たせたものになっている。
また、それらは入学から卒業まで一貫したカリキュラムとして基礎・専門・全学共通の3つの教育科目を中心とし、学生が将来への目標を見据えた知識と技能、教育を身につけるための科目の配置を設定している。また、他学科の科目を履修し、さらに幅広い学びを実現できるように柔軟な学修の環境を整備している。

閉じる

教育環境

3つの科目群と徹底した少人数教育、多彩な国際交流でグローバルな視野を磨く

基礎知識を修得するための「基礎教育科目」と、高度な知識・技能を各学科の専門領域に沿って身に付ける「専門教育科目」、自由に関心のある分野を選択し、幅広い教養を身に付ける「全学共通科目」の3つの科目群を設置。1年次の基礎ゼミをはじめ、学生と教員の距離が近い少人数教育で、きめ細かな指導を受けながら広く深い知識と技術を磨きます。
また、国際交流に通じた学びを積極的に支援、77の協定校と友好関係を結び、留学希望者を支援するための奨学金も充実しています。短期語学研修、授業科目内での現地研修など、多様な留学制度を設け、グローバルな視野を持った人材の育成をめざします。

閉じる

東松山キャンパスに完成した新3号館

ICT環境が充実した板橋キャンパスと緑豊かな東松山キャンパス

3・4年生(国際関係学部、スポーツ・健康科学部を除く)が学ぶ板橋キャンパスは、ソーラーパネルや風車による風力発電を行い、学内へ電力を供給している都会的デザインのエコキャンパス。明るく開放的な雰囲気も人気です。図書館には約100台の最新パソコンを設置し、無線LAN接続も可能になるなどICT環境も充実しています。
また、東京ドーム約6個分の広々とした緑あふれる東松山キャンパスには、全学部の1・2年生と国際関係学部、スポーツ・健康科学部の全学生が学んでいます。

閉じる

学部

【2018年度入学者対象】

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

基本情報

学費・奨学金

初年度納入金【2018年度実績】

日本文学科・中国文学科・外国語学部・国際関係学部・歴史文化学科/1,214,600円
英米文学科/1,216,600円
教育学科/1,237,600円
書道学科/1,456,600円
経済学部/1,200,600円
法学部/1,203,800円
経営学部/1,200,600円
スポーツ科学科/1,406,600円
健康科学科/1,766,600円
看護学科/1,975,600円
社会学科/1,204,600円

初年次授業料免除・2年次以降半額免除の「桐門の翼奨学金」(給付型)

本学は、2015年度の入学者から、「桐門(とうもん)の翼(ツバサ)奨学金」(入学前予約採用)を設置しました。これは、本学への入学希望者を経済的に支援し、学ぶ意欲を応援する本学独自の制度です。全国の高等学校出身者または高等学校卒業程度認定試験合格者を対象とし、事前に申請資格を認定された受験者の中から、一般入試の結果に基づいて、授業料を減免します。毎年100人以内を対象に、1年次は授業料全額免除、2年次以降は半額減免とし、原則として4年間支給します。夢をあきらめず、未来にはばたく翼を手に入れてください。

閉じる

留学

過去の留学実績(調査年度:2018年)

学生数、教員数

【学生数】11264人
【外国籍の学生数】331人
【教員数】946人
【外国籍の教員数】115人

昨年度の留学実績

【留学期間別の留学人数】
1か月未満 225人
3か月以上6か月未満11人
1年以上93人

単位認定、奨学金

【単位認定プログラム数】5
【大学独自の奨学金】有
※各大学の留学実績や単位認定、奨学金などについては、大学発表の資料でもご確認ください。

留学プログラムについて

協定校派遣留学制度

【留学先】アメリカ・その他の州、カナダ、中国、韓国、台湾、タイ、ベトナム、インドネシア、オーストラリア、イギリス、ドイツ、フランス、フィンランド、マレーシア、エジプト、パキスタン
【留学期間】1年以上
【対象人数】50
【留学開始時期】申請時期による
【奨学金】有
【単位認定】有
【問い合わせ先】
URL:http://www.daito.ac.jp/international_exchange/studyabroad/agreement.html
部署:国際交流センター
電話番号:0353997323

奨学金留学制度

【留学先】留学先は自分で選択できる
【留学期間】1年以上
【対象人数】26
【留学開始時期】申請時期による
【奨学金】有
【単位認定】有
【問い合わせ先】
URL:http://www.daito.ac.jp/international_exchange/studyabroad/scholarship.html
部署:各学部事務室
電話番号:0353997323

短期語学研修

【留学先】アメリカ・マサチューセッツ州、アメリカ・その他の州、カナダ、中国、台湾、オーストラリア、ニュージーランド、イギリス、アイルランド、マレーシア、フィリピン、マルタ
【留学期間】1か月未満
【対象人数】派遣先によって異なる
【留学開始時期】申請時期による
【奨学金】有
【単位認定】有
【応募資格】派遣先によって異なる
【問い合わせ先】
URL:http://www.daito.ac.jp/international_exchange/studyabroad/language.html#A14800
部署:国際交流センター
電話番号:0353997323

閉じる

住環境

埼玉・東松山キャンパス周辺に民間学生寮があります。また、他大学の学生と生活できる寮も利用することができます。

閉じる

クラブ・サークル活動

体育会系クラブ

ラグビー部、レスリング部、バスケットボール部(男女)、テコンドー部、アイスホッケー部、硬式野球部、相撲部、柔道部、スキー部、スケート部、ボクシング部、バレーボール部(男女)、弓道部、サッカー部(男女)、ラクロス部(男女)、ハンドボール部、剣道部、モダンダンス部、競技ダンス部など全40団体

文化系クラブ

D.F.A.log、JAZZ研究会 Off Color Band、映画研究会、会計学会、管弦楽団、ギタークラブ、軽音楽部B.B.Q、劇団虚構、國文學研究会、琴和道会、混声合唱団、児童研究会、児童文化研究部、写真部、将棋研究会、情報処理研究会CSP、書道部、吹奏楽団、中国語研究部、美術部、ユースホステル研究部、落語研究会、ハーモニーコリン

閉じる

大学院・併設の大学

独自の研究体制で学びを深める7研究科で高度な専門知識を備えた職業人を育成

●文学研究科
日本文学専攻(博士課程前期・後期)
中国学専攻(博士課程前期・後期)
英文学専攻(修士課程)
書道学専攻(博士課程前期・後期)
教育学専攻(修士課程)
●経済学研究科
経済学専攻(博士課程前期・後期)
●法学研究科
法律学専攻(博士課程前期・後期)
政治学専攻(博士課程前期・後期)
法務研究科(法科大学院)
●外国語学研究科
英語学専攻(博士課程前期・後期)
日本言語文化学専攻(博士課程前期・後期)
中国言語文化学専攻(博士課程前期・後期)
●アジア地域研究科
アジア地域研究専攻(博士課程前期・後期)
●経営学研究科
経営学専攻(博士課程前期・後期)
●スポーツ・健康科学研究科
スポーツ・健康科学専攻(修士課程)

閉じる

パンフ・願書

本学をよく知るために、「大学案内」の資料を取り寄せよう。 大学案内には、学部・学科ごとの詳しいカリキュラム、在学生の体験談や、卒業生の社会での活躍、キャンパスライフなど知りたい情報がのっています!

パンフ・願書取り寄せ

閉じる

所在地・アクセス

東松山キャンパス(全学部1・2年生、国際関係学部、スポーツ・健康科学部1~4年生)

●埼玉県東松山市岩殿560
東武東上線「高坂(大東文化大学東松山キャンパス前)」駅からスクールバス(無料)で約7分またはJR高崎線「鴻巣」駅東口からスクールバス(無料)で約45分

板橋キャンパス(文、経済、外国語、法、経営、社会の各学部3・4年生)

●東京都板橋区高島平1-9-1
都営地下鉄三田線「西台(大東文化大学前)」駅下車、徒歩9分または東武東上線「東武練馬(大東文化大学前)」駅下車、スクールバス(無料)で約7分
東武東上線「成増」駅北口下車、路線バス(国際興業)赤羽駅西口行または志村三丁目駅行「大東文化大学」バス停下車
JR「赤羽」駅西口下車、路線バス(国際興業)成増駅北口行約20分「大東文化大学」バス停下車

閉じる

問い合わせ先

住所

〒175-8571
東京都板橋区高島平1-9-1
入試広報課

電話番号

(03)5399-7800

URL

http://www.daito.ac.jp/

E-Mail

nyushi@ic.daito.ac.jp

その他

【FAX】(03)5399-7801

閉じる

みんなのQ&A

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ