大学入試センター試験の最新情報をお届け!

だいとうぶんか

大東文化大学

私立大学 東京都/埼玉県

経営学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

経営学科(365名)

所在地

1~2年:埼玉
3~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●経営学の多様な分野を学べる4コース制
●少人数のゼミで問題解決能力を磨く
●社会での競争力ある人になるために、経営および会計の知識を実践的に学ぶ

経営および会計の知識を基礎から専門にわたり体系的に習得。実践的な企業ケースを用いて学習し、外部の経営者などとの交流を通じて、社会の変化に柔軟に対応できるような競争力のある人材の育成をめざします。

【キャンパス】東松山キャンパス(1・2年)、板橋キャンパス(3・4年)
【学生数】1606名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】33名(2017年5月1日現在)
【大学院】経営学研究科/経営学専攻(M/D)

経営学科

講義・学問分野

経営コース、会計コース、マーケティングコース、知識情報マネジメントコース

閉じる

学部の特色

経営学の多様な分野を学べる4コース制

消費者のニーズをかたちにする力が身に付く「マーケティングコース」、経営的な視点からデータを分析する力が身に付く「知識情報マネジメントコース」、会計のプロとして企業を支える力が身に付く「会計コース」、企業を動かすための課題を解決する力が身に付く「経営コース」の4つの専門コースから選べます。「企業と経営者」の授業では企業の経営者や事業部の責任者が講義を行います。米国で無償インターンシップに参加する研修であったり、ベンチャービジネス実践講座も行っています。

閉じる

少人数のゼミで問題解決能力を磨く

本学部では約15人の少人数制ゼミを1年次から開講。ゼミでは、研究発表、討論、リポート作成などで、問題を発見し、よりよい解決方法を求める姿勢やコミュニケーション能力、プレゼンテーション能力を磨くことができます。また、ネーティブスピーカー教員による語学科目、海外事情や時事問題などに関する学びも充実しており、国際的な視野に立った経営感覚を身に付けることができます。

閉じる

社会での競争力ある人になるために、経営および会計の知識を実践的に学ぶ

経営および会計の知識を基礎から専門にわたり体系的に習得するとともに、実践的な企業ケースを用いて学習し、外部の経営者などとの交流を通じて、社会の変化に柔軟に対応できるような競争力のある人材を送り出すことをめざします。また、同時に、公認会計士や税理士などの会計のプロをめざす方々には専門的な支援を体系的に行います。

閉じる

学べること

経営学科

経営学や商学、マーケティングを広く学び、企業や組織のリーダーとしての素質を磨く

組織を動かし、目標を達成する。こうした経営の能力は企業に限らず、行政機関や、文化施設、非営利団体の運営にも応用できます。本学科では、2年次から選択できる「経営コース」と「会計コース」「マーケティングコース」「知識情報マネジメントコース」の4コース制で、経営学の基礎を学びながら、進路に応じて専門性を高める、体系的なカリキュラムを展開。広い視野から現代社会を分析し、実社会でビジネス・リーダーとして活躍できる人材の育成をめざしています。

【授業・講義】
経営戦略A・B

前期の「A」では、日本企業の強さの源泉を資料から分析。並行して、工場見学や現場訪問などのフィールドワークも行います。後期の「B」では、マーケティング戦略、新製品・新事業開発戦略、アライアンス戦略、社会性戦略といった現代企業の経営戦略を考えるうえで重要と考えられるトピックスについて検討します。

閉じる

アドミッションポリシー

国際社会における日本企業の発展に貢献できる人材を育成

本学部は、企業経営に関する基本的な思考方法とビジネスや会計学・情報科学に関する知識や技術を修得することにより日本企業の発展に貢献できる人材を育成しようとする目的を持っています。また、日本の企業社会は、国際化や情報化の急速な展開の中で高度技術や高付加価値化の時代を迎えています。これに対応する新たな経営の教育や研究をめざした、指導を続けたいと考えております。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】
〈東松山キャンパス〉
埼玉県東松山市岩殿560
〈板橋キャンパス〉
東京都板橋区高島平1-9-1
入試広報課
(03)5399-7800
 【URL】http://www.daito.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ