×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

めいじ

明治大学

私立大学 東京都/神奈川県

理工学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

電気電子生命学科/電気電子工学専攻(173名)
電気電子生命学科/生命理工学専攻(63名)
機械工学科(138名)
機械情報工学科(138名)
建築学科(173名)
応用化学科(127名)
情報科学科(127名)
数学科(63名)
物理学科(63名)

所在地

1~4年:神奈川

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●学部4年・大学院2年の連携教育
●学科の垣根を越えた「無学科混合クラス」
●1・2年生対象の「総合文化ゼミナール」

世界に誇る技術立国として繁栄してきた日本が、今後も発展を続けるためには、優秀な技術者や科学者の養成が不可欠です。理工学部では、物事の本質を探究する「理学」と、その理学を応用して人間の幸せを実現する「工学」が車の両輪のように融合することを理念とした教育を行います。

【キャンパス】生田キャンパス
【学生数】4274名(2019年5月1日現在)
【専任教員数】183名(2019年5月1日現在)
【大学院】理工学研究科(M/D)

電気電子生命学科/電気電子工学専攻

講義・学問分野

基礎電気数学、電気磁気学、電気回路、コンピュータシミュレーション、電子物性、システム制御、応用電気数学、電気電子計測など

閉じる

電気電子生命学科/生命理工学専攻

講義・学問分野

基礎電気数学、電気磁気学、電気回路、コンピュータシミュレーション、電子物性、生理学、細胞分子工学、遺伝子工学、技術者倫理、創薬科学など

閉じる

機械工学科

講義・学問分野

工業力学、機械工作、機械力学、材料力学、流体力学、熱力学、機械要素設計、制御工学、エンジンシステム、ロボット工学など

閉じる

機械情報工学科

講義・学問分野

材料力学、工業力学、機械力学、設計工学、機械情報工学、プログラム実習、機械システム設計製図、メカトロニクス実験など

閉じる

建築学科

講義・学問分野

建築設計、応用力学、住環境デザイン論、都市計画、建築設備概論、建築構造概論、建築材料、近代建築史、建築意匠論など

閉じる

応用化学科

講義・学問分野

基礎化学実験、分析化学、無機化学、有機立体化学、物理化学、高分子化学、統計熱力学、分離化学工学、粒子化学工学など

閉じる

情報科学科

講義・学問分野

情報処理、プログラム実習、コンピュータネットワーク、情報システム論、ウェブプログラミング、知能ロボット学、画像処理とパターン認識など

閉じる

数学科

講義・学問分野

確率・統計、微分方程式、解析学、ベクトル空間論、関数論、代数学、幾何学、測度と積分、数理コンピュータ科学、データ通信概論など

閉じる

物理学科

講義・学問分野

基礎物理学実験、量子論序説、電磁気学、力学、物理数学、熱力学、光学、量子力学、物理数学、相対性理論、地球惑星圏物理学、原子核物理学など

閉じる

学部の特色

学部4年・大学院2年の連携教育

学部の4年間と大学院(博士前期課程)の2年間が一体となった教育を目指して、カリキュラムが構成されています。大学院進学希望の学生は、4年次から大学院の講義履修が可能であるほか、成績優秀な3年生を対象に、飛び入学制度も用意されています。

閉じる

学科の垣根を越えた「無学科混合クラス」

基礎物理学実験・基礎化学実験、外国語、体育の講義は、所属学科とは独立した「無学科混合クラス」の形態で実施されています。各クラスには、すべての学科の学生が所属しているため、学科の垣根を越えて、さまざまな道を志す友人と出会うことができます。

閉じる

1・2年生対象の「総合文化ゼミナール」

学科専門のゼミナールに加え、1・2年生を対象とした「総合文化ゼミナール」が開設されています。対象とする分野は多方面にわたっており、ディスカッションやプレゼンテーションを主体とした、少人数ならではの密度の濃い授業が日々行われています。

閉じる

学べること

電気電子生命学科/電気電子工学専攻

電気・電子・情報・通信などの分野で諸問題解決に貢献

本専攻では、社会の発展に伴って起きているエネルギー問題や未解決問題などに対し、電気・電子・情報・通信などのさまざまな分野からその解決に取り組んでいます。電気自動車に関連する研究ではエネルギー貯蔵・モータの高効率化・制御システム開発などの問題に、スマートフォンに関連する研究では低消費電力集積電子回路・超高精細ディスプレイ開発・通話時の音質改善などの問題に取り組み、これらの研究につながるカリキュラムを展開。確実な基礎力と幅広い応用力を持って諸問題に立ち向かえる技術者・研究者を養成しています。

閉じる

電気電子生命学科/生命理工学専攻

「電気」+「生命」=新しい医療・生命科学分野を開拓する

近年の電気電子工学技術の進歩は、医療や生命科学研究に大きな発展をもたらしています。そこで本専攻では、電気電子工学の4つの研究分野において医療や生命科学との関わりが深い、医工学・脳神経科学・ナノバイオテクノロジー・創薬科学などの複合分野の研究を推進。新しい医療技術、健康科学の分野で活躍する最先端の人材を育成します。卒業生は、生命科学と電気工学の両方の知識を生かして社会のニーズに応える医用電子機器の開発職や、バイオテクノロジーの新しい産業への応用を推進する技術者・研究者としての活躍が期待されます。

閉じる

機械工学科

日本の「ものづくり」を担う人材を育成する

機械工学が取り扱う範囲は、科学技術の進展とともに拡大しています。本学科では、幅広い分野にわたる総合能力の養成を重視しているのが特徴です。低学年次は基礎的科目を重点的に学び、高学年次は高度な専門科目を受講できます。主要四力学である「材料力学」「流体力学」「熱力学」「機械力学」の科目はクラス別授業と演習を実施し、知識修得と応用力の向上をめざします。実験実習や技術者倫理の科目も充実しており、幅広い分野で活躍できる実践的技術者・研究者を育成します。卒業生は全員が技術士補の資格を得ることができます。

閉じる

機械情報工学科

「ハード&ソフト」で技術イノベーションを目指す

ものづくりの基盤となる機械工学に加え、電気および情報技術について幅広く学べる環境を整えており、「ハード&ソフト」で技術イノベーションを目指します。1・2年次では機械工学の基盤分野、電気回路、情報処理の基礎を学習します。3年次より、専門的科目を学び、実際にロボットアームなどを設計します。4年次では卒業研究として専門的なテーマについて研究します。卒業生は、機械・電気産業のみならず、情報通信や研究教育といった幅広い分野で、未来を切り拓くエンジニアとして活躍しています。

閉じる

建築学科

人と自然が生きる“環境”を創造する

建築学は、人々の生活に密接な関わりを持つ学問で、工学でありながら芸術の側面も持っており、それ学ぶ者には、幅広い知識や創造力、企画力、表現力、実行力などの能力が求められます。建築には現在、地震や台風などに対する防災だけでなく、地球温暖化などの環境問題や高齢化社会にも対応できる街や住まいのデザインなど、課題が山積しています。本学科では、各分野に精通した教員が、安全・安心で快適な居住空間・環境、街並みの創生に必要な幅広い知識と多様な能力を有する、建築や都市のプロフェッショナルの育成に努めています。

閉じる

応用化学科

理学と工学の両面から幅広く学び化学を究める

理学と工学の両面を兼ね備えた、幅広い学問体系が特色です。「フラスコからコンピュータまで扱える科学者・研究者・技術者の育成」を合言葉に、実験科目に重点を置いたカリキュラムを構成しています。特に実験器具を使用する従来の実験技術と、コンピュータを利用する最新のシミュレーション技術の習得を教育目標に掲げることで、化学に関わる基礎から応用まで幅広い知識と独創的な考えを持つ人材や、将来の化学および化学工業を担い得る人材の育成を目指しています。次世代の化学材料に関する、より高度な研究も展開しています。

閉じる

情報科学科

情報化社会で第2次IT革命を目指す

近年、目覚ましい発展を遂げている、情報に関する科学技術。しかし、情報科学は単にコンピュータを扱うだけではありません。人間の知的活動の解明までを含むさまざまな問題を扱う間口の広い学問であり、人文・社会科学、人間科学などとの境界領域も情報科学の対象となります。本学科では、主に情報に関する基礎理論、コンピュータのソフトウェア、ハードウェア、情報システムに関する教育・研究を行い、加えて他分野との境界領域も積極的に取り上げます。最先端の研究に取り組み、ともに第2次IT革命の実現を目指しませんか?

閉じる

数学科

現代数学を学び、応用の世界を拡大させる

諸科学の基礎となる数学的な思考法を身につけることにより、自然現象はもちろんのこと、社会現象や経済活動など人間の行動までも解き明かすことができるようになります。また卒業生の就職率の良さや就職分野の広さにも表れている通り、21世紀の現代、数学の応用範囲はコンピュータを駆使した数値計算やCG作成など、さらに多方面へ広がっています。本学科では、現代数学を通して学生の数学的経験を飛躍的に拡大させることを一番の目的に掲げるとともに、指導的な役割を担う中学校・高等学校の数学教員の養成にも力を注いでいます。

閉じる

物理学科

宇宙から遺伝子まで、自然すべての基礎を学ぶ

物理学はすべての科学技術の基盤です。21世紀を支える情報技術やバイオテクノロジーなども物理学に基礎を置いています。本学科では低学年のうちから実習と演習を重視した教育を行い、物理学的なものの見方や考え方を養います。研究活動の重心は物性物理学および生物物理学で、大学院への進学率も高いのが特徴です。宇宙、バイオ、環境などのトピックスにも取り組み、卒業研究やゼミなどを通して、これらの物理学研究の最先端に触れる機会を設けています。物理学を通して世の中に積極的に貢献できる人材の育成を目標としています。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】神奈川県川崎市多摩区東三田1-1-1
理工学部事務室
(044)934-7600(直通)
 【URL】https://www.meiji.ac.jp/sst/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ