大学入試センター試験の最新情報をお届け!

めいじ

明治大学

私立大学 東京都/神奈川県

農学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

農学科(150名)
食料環境政策学科(150名)
農芸化学科(150名)
生命科学科(150名)

所在地

1~4年:神奈川

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●食料・環境・生命を科学する
●自然と共存する最先端農場「明治大学 黒川農場」
●農学部主催の海外留学制度で活発に交流する

本学部では生物そのものや農産物と環境の関わりを知り、生物機能を活用した食料・食品生産を実現し、人の健康を確保するための教育と研究を行っています。自分の考えをまとめ、人に伝え、議論し、創造する力を高める科目を数多く用意しています。1年次から履修する少人数のゼミや多様な実験実習科目、3年次から研究室で行う卒業研究では、一人ひとりの能力を高めます。

【キャンパス】生田キャンパス
【学生数】2251名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】97名(2017年5月1日現在)
【大学院】農学研究科(M/D)

農学科

講義・学問分野

動物生産学、植物病理学、緑地計画学、水理学概論、野菜園芸学、緑地環境学など

閉じる

食料環境政策学科

講義・学問分野

ミクロ経済学、経済学、農業マスコミ論、農業マネジメント論、農業政策論、環境経済論、環境社会学など

閉じる

農芸化学科

講義・学問分野

微生物学、生物機能化学、生化学、土壌圏科学、植物栄養学、分析化学、生物物理学など

閉じる

生命科学科

講義・学問分野

分子遺伝学、細胞生物学、生化学、動物栄養学、微生物学、ウイルス学概論、植物工学など

閉じる

学部の特色

食料・環境・生命を科学する

「食料」「環境」「生命」をキーワードに、自然と人間社会の調和を図り、生命全般や地球的な食料・環境問題の解決に貢献できる基礎力と応用・発展性のある人材の育成を目的に総合的な教育を実施します。

閉じる

自然と共存する最先端農場「明治大学 黒川農場」

神奈川県川崎市麻生区にある、「明治大学 黒川農場」。環境・自然・地域との共生がコンセプトで、生田キャンパスからも近く、年間を通じた持続的な実習も可能です。黒川地区の自然を最大限に活用し、先端技術を駆使した生産性・効率性の高い栽培システムと環境保全型システムを併せ持っています。地域とも連携し、多目的な都市型農場をめざしています。

閉じる

農学部主催の海外留学制度で活発に交流する

タイ、アメリカ、カナダなどの大学の農学関連学部と学部間協定を結び、「海外農業体験」を実施するなど学生や研究者の交流を活発に行っています。昨年、タイのカセサート大学からは教員と学生が本学農学部を訪れ、講演を行いました。今後も留学を含む学生交流をさらに活発化させていきます。

閉じる

学べること

農学科

食料生産と環境保全を共に究める

「食料生産」と「環境保全」を大きなキーワードとして、社会情勢や環境変化に対応した、持続的な食料生産を行うための知識や技術を身に付けることが目標です。本学科では「食料生産」と「環境保全」が同一学科にあることが大きな特徴で、幅広い分野の中から科目選択ができるよう、「食糧生産関連」と「環境関係」の2つの履修モデルを設定しています。

閉じる

食料環境政策学科

人類の生存課題を人の行動の視点から考え、解決方法を見つける

21世紀に人間が生きていくうえで、基礎的かつ重要な問題である食料と環境をめぐる諸問題。それらについて政策科学、経済学、会計学、社会学、国際開発論などの社会科学の側面から総合的に考究することが目的です。「食と農」「環境と資源」の2つを柱にカリキュラムを編成し、国際的な視点と地域の視点の両面から体系的かつ総合的な学習ができます。

閉じる

農芸化学科

バイオサイエンスで未来を明るくする

微生物を用いた環境に優しい技術の開発や、食品成分の構造・機能・安全性の研究、植物生産や環境の資源である土壌の研究、動植物・微生物が生産する生理活性物質の探索など、幅広い研究領域が特徴です。私たちの生活に関わりの深い食品や環境分野に関する課題を、バイオテクノロジーと最新のサイエンスにより解決することを目標としています。

閉じる

生命科学科

生物を解明し、チカラを活かす

細胞内外の化学反応を扱う「生化学」や、遺伝子の構造と機能を扱う「分子生物学」を基盤に、動物・植物・微生物の代謝・成長・生殖に関する知識を深め、生物同士や生物と環境の関わりを解明します。また、生物の能力を高度に利用する方策を探求します。食料問題、環境問題など現在の地球を取り巻く数々の問題について解決策を見つけられる力を養います。

閉じる

アドミッションポリシー

入学者の受入方針

農学部は、人類の福祉と健康に関わる課題の解決に向けて「食料・環境・生命」という21世紀を象徴する3つのキーワードを軸に、新時代に対応した特色ある教育・研究を行っています。誇りと興味をもって新時代を担う専門的知識と技術、豊かな人間性を身に付けた人材の育成に努めています。
そのため農学の役割と魅力を理解し、幅広い教養を身に付けた志願者を期待します。
各学科では、具体的に次のような学生を求めています。

○農学科:人類の生存にとって最も重要な食料生産や環境の保全に関わる分野で活躍できるよう、地球的視野・幅広い科学的素養と農学に関連する基礎的技術体系を総合的に身に付けた、問題解決能力の高い人材となることを目指す学生
○農芸化学科:農芸化学分野に関する事柄を的確に評価判断するために必要な幅広い専門知識と確かな実験技術を習得し、生物機能を応用したバイオテクノロジーと最新のサイエンスを融合した手法を用い、人間生活に関わる食品・環境分野、微生物、化学・生物分野で社会に貢献することを目指す学生
○生命科学科:あらゆる生物の生命現象を分子レベルで解析・解明し、生物個体の多様な生命現象のメカニズムや生物間の相互関係などを探り、生命全般や地球的な環境の問題の解決に貢献することを目指す学生
○食料環境政策学科:人類の生存基盤と福祉に関わる食料・農業問題と環境・資源問題について、社会科学の観点から、個人、地域から地球規模までを広く視野に入れ、問題解決への道筋を考究し、行動できるような専門性と総合性を兼ね備えた人材となることを目指す学生

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】神奈川県川崎市多摩区東三田1-1-1
農学部事務室
(044)934-7570~71(直)
 【URL】http://www.meiji.ac.jp/agri/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ