めいじ

明治大学

私立大学 東京都/神奈川県

商学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

商学科(1150名)

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●各自の希望で3年次から分かれる7つのコースで学ぶ
●2年次より異なる2つのゼミの同時履修が可能になる
●多言語4年間一貫教育で学ぶ

「見えない存在」である圧倒的多数の「沈黙する学生」を「“個”を持った存在」として「見える化」する教育に力を注いでいます。ここでの「見える化」とは、社会から「見える」ということと、社会が「見える」という意味。新しい価値観や世界観を持ち、世界で活躍する人材の育成をめざします。

【キャンパス】和泉キャンパス(1・2年)、駿河台キャンパス(3・4年)
【学生数】4415名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】112名(2017年5月1日現在)
【大学院】商学研究科(M/D)

商学科

講義・学問分野

経済政策論、財政学、商業経営論、広告論、金融論、保険学、貿易論、国際経済学、経営哲学、経営労務論、財務会計論、国際会計論、異文化間コミュニケーション論、流通システム論など

閉じる

学部の特色

各自の希望で3年次から分かれる7つのコースで学ぶ

本学部では7つの専門コースに分かれるカリキュラムによって、市場とそれを取り巻く社会環境について広く学んだうえで、特定の分野で市場のスペシャリストとしての知識を養います。

閉じる

2年次より異なる2つのゼミの同時履修が可能になる

ITなどの技術革新やベンチャー企業の台頭、国際ビジネス競争の激化など、大きく変化する社会と経済には、専門知識だけに偏った人材では対応できません。本学部では2年次から、商学の専門知識を学ぶ商学専門演習と、深い教養を学ぶ総合学習演習の2つのゼミを同時に履修できます。3年間にわたり、2つの異なる分野の演習を深く学習することによって、学生の内面に2つのコアを形成することができます。そのコアは、それ自体が知識として、またそのコアを獲得する過程が、将来の人生に必ず生かされます。

閉じる

多言語4年間一貫教育で学ぶ

本学部では、英語と初習外国語(ドイツ語、フランス語、中国語、朝鮮語、スペイン語)の2言語を4年間にわたり学習できる「多言語一貫教育」を実施。教養に裏打ちされた実践的な語学力を育成します。2008年には、実践的な英語力を養うため、独自の英語重点プログラム<SOCEC(School of Commerce English Concentration)プログラム>を導入。参加者は、ネイティブ・スピーカーの教員による「集中上級英語(SOCEC)」を核に、「発展英語」を履修して、海外英語研修に参加するなどしながら、英語のレベルを高めていきます。2010年度からは、留学希望者や学習意欲の高い学生を対象に、初習外国語において1・2年次の少人数制科目「プラスワン」も用意しています。

閉じる

学べること

商学科

7つのコースで世界で活躍できるビジネスパーソンをめざす

●アプライド・エコノミクスコース
経済学の基礎理論や経済活動の歴史をふまえて、経済政策や国際経済に関する応用理論を学び、経済問題に対する分析能力を養います。

●マーケティングコース
交換・取引のしくみを社会経済的視点と個別企業の視点から扱い、交通の理論・歴史・政策や商業の役割についても広く学習します。

●ファイナンス&インシュアランスコース
金融・保険・証券のシステムを学習し、金融の世界において将来、スペシャリストとして活躍するための基礎力を養います。

●グローバル・ビジネスコース
世界と日本との貿易・経済関係や、そこでの企業活動について学習し、貿易実務や国際経営活動の実践的能力の育成をめざします。

●マネジメントコース
現代企業の経営について、基礎から実践に至るまでの体系的知識を習得し、企業経営において中枢的役割を担う人材を育成します。

●アカウンティングコース
会計国際化の動向と会計制度変革のダイナミズムを理解し、幅広い教養と高い問題解決力を有する専門職業人に必須の会計理論を学びます。

●クリエイティブ・ビジネスコース
変革期にある日本経済に活力を生み出すニュー・ビジネスを創造し、的確にビジネス・チャンスを把握し得る、起業精神に富んだ人材の育成をめざします。

閉じる

アドミッションポリシー

入学者の受入方針

商学部は1904年に日本の私立大学初の商科として創設され、「明治の商科」としての伝統を受け継ぎながら、社会経済環境の急速な変化に主体的に対応できる次世代のリーダーの育成を目指しています。言い換えると、商学部はビジネスのプロフェッショナルを育てることを目標としているのです。そのため、商学部では、ビジネス活動のあらゆる局面が集約される場である「市場」について、さまざまな角度から総合的に学ぶことになります。
商学部では、1学科制の下で7つの専門コースに分かれるカリキュラムにより、市場とそれを取り巻く社会環境について広く学んだ上で、特定の専門分野でのスペシャリストとしての知識を養うことができます。また、ビジネスパーソンとして必要な広く深い教養も学べます。商学部は、専門性と教養教育の融合を可能にしているのです。商学の専門知識と深い人間理解力とを備えた人材の育成を目指し、演習形式で行われる少人数教育を充実させ、商学専門分野と総合学際分野という二系統のゼミナールを同時に履修できるようにしています。さらには、地域・産学連携による自主・自立型実践教育、海外協定校との国際交流、多言語4年間一貫教育など、特色ある教育を提供しています。
こうした教育を十分に達成するため,商学部は,以下のような学生を求めています。
1.商学部の特色ある教育に積極的に取り組みたいと思う者
2.商学に関する専門知識と高度な教養を身につけたい者
3.身につけた新しい価値観や世界観を通して、ビジネスの現実の様々な局面で、総合的な判断ができるようになりたい者

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】東京都千代田区神田駿河台1-1
商学部事務室
(03)3296-4160(直)
 【URL】http://www.meiji.ac.jp/shogaku/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ