×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

めいじ

明治大学

私立大学 東京都/神奈川県

文学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

文学科/日本文学専攻(120名)
文学科/英米文学専攻(120名)
文学科/ドイツ文学専攻(50名)
文学科/フランス文学専攻(50名)
文学科/演劇学専攻(55名)
文学科/文芸メディア専攻(70名)
史学地理学科/日本史学専攻(90名)
史学地理学科/アジア史専攻(45名)
史学地理学科/西洋史学専攻(55名)
史学地理学科/考古学専攻(45名)
史学地理学科/地理学専攻(55名)
心理社会学科/臨床心理学専攻(55名)
心理社会学科/現代社会学専攻(55名)
心理社会学科/哲学専攻(45名)

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●充実の3学科・14専攻、「学びたい」が必ず見つかる
●半期(半年)で完結する授業科目、多くの講義が選べる
●少人数のゼミナール教育を中軸としたカリキュラム

人間の生き方、人間社会と歴史、人間の心の問題など「人間学」を学ぶことによって、人間を理解する力や、異文化を理解する力を磨きます。そのためには、ゼミによる徹底した指導が必要。4年間の地道な努力が自ら考え、まとめ、発信し、説得する力を持った「個」を育てます。

【キャンパス】和泉キャンパス(1・2年)、駿河台キャンパス(3・4年)
【学生数】3419名(2019年5月1日現在)
【専任教員数】130名(2019年5月1日現在)
【大学院】文学研究科(M/D)

文学科/日本文学専攻

講義・学問分野

日本文学史、国語学など

閉じる

文学科/英米文学専攻

講義・学問分野

英米文学基礎研究、上級英語など

閉じる

文学科/ドイツ文学専攻

講義・学問分野

ドイツ文学講読、ドイツ語演習など

閉じる

文学科/フランス文学専攻

講義・学問分野

フランス文学史、フランス語学概論など

閉じる

文学科/演劇学専攻

講義・学問分野

日本演劇史、演劇学演習など

閉じる

文学科/文芸メディア専攻

講義・学問分野

文芸メディア概論、テクスト研究など

閉じる

史学地理学科/日本史学専攻

講義・学問分野

日本古代史、日本現代史など

閉じる

史学地理学科/アジア史専攻

講義・学問分野

イスラム史、東アジア国際関係史など

閉じる

史学地理学科/西洋史学専攻

講義・学問分野

西洋中世史、西洋近代史など

閉じる

史学地理学科/考古学専攻

講義・学問分野

考古学研究法、考古学実習など

閉じる

史学地理学科/地理学専攻

講義・学問分野

地図学、地域統計学など

閉じる

心理社会学科/臨床心理学専攻

講義・学問分野

健康・医療心理学、教育・学校心理学など

閉じる

心理社会学科/現代社会学専攻

講義・学問分野

市民活動論、現代社会論など

閉じる

心理社会学科/哲学専攻

講義・学問分野

哲学交流論、西洋思想研究など

閉じる

学部の特色

充実の3学科・14専攻、「学びたい」が必ず見つかる

文学部には「文学科」「史学地理学科」「心理社会学科」の3学科、さらにその下に14専攻が設置されています。多様な視点から、人間と社会を幅広く深く考えるためのメニューが設定されており、専門の道を究めたい人にも、幅広い教養を身につけたい人にも、大学時代に自分の生きる道を見つけたい人にも、確実に応えられる充実した内容になっています。

閉じる

半期(半年)で完結する授業科目、多くの講義が選べる

授業科目は、半期(半年)で完結するため、春学期(前期)・秋学期(後期)で同じ曜日の同じ時間帯に2つの授業科目を選択でき、興味・関心に基づいてより多くの講義を受講できます。さらに、春学期のテーマをより深め、それに続くテーマを扱う講義が秋学期に配置されているので、系統的な勉強が可能です。

閉じる

少人数のゼミナール教育を中軸としたカリキュラム

1年次から「専門科目」の基礎的な内容をゼミナール(演習)形式で学び始め、2年次、3年次と個々の興味・関心に応じてより高度で専門的なゼミへ進みます。4年次では、その仕上げとして卒業論文を制作。「主体的に学ぶ能力」、「国際的視野」、「人間社会を多角的に把握する思考力」を段階的に修得していきます。

閉じる

学べること

文学科/日本文学専攻

国語学と日本文学から人間の本質を読む

私たちは、普段コトバを通して物事を考えています。したがって、私たちが日常的に用いている日本のコトバそのものや、それによって表現された日本の文学について考えるということは、過去から現代に至る日本の文化や社会の特質を究めることであると同時に、21世紀に生きる現在の私たち自身が何物であるかを知るということにもなるでしょう。
本専攻が「国語学」と「日本文学」という2つの大きな柱からなる専門科目を設置しているのは、そのためです。前者は、文法・語彙・文体・方言などの諸領域に関しての文献の調査やフィールド・ワークなどによって研究するものです。一方、後者は、古典から近現代までの日本文学の中から個々の作家や作品などを取り上げて、それらをより深く考察するものとなっています。

閉じる

文学科/英米文学専攻

英語の習得を軸に専門分野を深める

1~4年次を通して英語の4技能(スピーキング・ライティング・リーディング・リスニング)の運用能力の向上をめざしたクラスが数多く開講されています。特に、スピーキング・ライティングを重視し、ネイティブの教員が多くの講義を担当しています。
1・2年次には、専門基幹科目を履修し、専門分野の基礎を学びます。英文学・米文学・英語学の専門分野を深めるさまざまなクラスが多数設けられており、自分が学びたいテーマに合わせた時間割を作れます。2・3年次には少人数制のゼミナールが用意されており、卒業論文へと結びつくようになっています。最終学年は4年間の総決算として卒業論文を執筆する1年間です。卒論の指導は、自分の選択した教員による完全な個人指導です。

閉じる

文学科/ドイツ文学専攻

「ドイツ語圏」についての造詣を深める

本専攻ではドイツはもちろん、オーストリアやスイスの文学、音楽、美術、演劇、映画、サブカルチャー、環境問題をはじめとする社会問題など、さまざまなことを学べます。また、本学はドイツ・イェーナ大学やジーゲン大学およびビーレフェルト大学などと協定を結んでおり、さらに本学部はオーストリア・ウィーン大学との学術交流もあって、留学や語学研修のチャンスもあります。
カリキュラムとして1・2年次には、語学力をしっかり身に付けることを目指し、週2回の文法のほか、ドイツ人による会話授業も用意されています。集中的にドイツ語を学習することにより、インターネットなども利用して自由にドイツ語圏の情報が得られる基礎力を育成します。1・2年次にはさらに、ドイツ語圏に関する基礎的知識を学ぶ科目もあります。3・4年次になったら語学力を駆使して、みなさんが興味を持ったことを研究してください。支援態勢はできています。

閉じる

文学科/フランス文学専攻

魅惑のフランス文化を多角的に堪能する

フランス文化がどのようにして形成されたのかを見てみると、古代ギリシャ・ローマをはじめとする西ヨーロッパの影響だけでなく、東ヨーロッパ・アラブ・アフリカ・東洋の国々からさまざまな文化を積極的に受け入れて、多様な価値観を深めてきたことがわかります。フランス文学専攻は、このような文化の特徴を、文学・思想・芸術・言語などの分野において学ぶところです。また、それらの勉強を通して、多角的に物事を眺める、ということも学びます。
それには、まず語学力が必要となりますが、カリキュラムでは「読む・書く・聞く・話す」の4つの能力が、初歩から、無理なくバランスよく身につくように配慮されています。皆さんに好奇心と熱意があれば、充実した4年間を過ごせるでしょう。

閉じる

文学科/演劇学専攻

演劇の魅力を歴史的・理論的に学ぶ

あなたのイメージする「演劇」とはどんなものですか?ミュージカル、小劇場、外国劇団の公演、それに能、狂言、人形浄瑠璃、歌舞伎などの伝統的な演劇……。現代の日本演劇は種々雑多です。それらの独自な魅力の源はどこにあるのか?現代に生きている秘密はどこにあるのか?演劇についてのそのような問いに、あなたが答えを出すために、本専攻では歴史的、理論的に学ぶ道筋を用意しています。
また、ある時、ある場所で観客を前に一度きりの生命しかない演劇を、人間社会はなぜ必要とするのか。このような問いに対して、広い視野で考えられるようカリキュラムを編成しています。体系的な専門科目に加えて、哲学、歴史、文学、美術、音楽、映画など隣接の領域に踏み込むことによって、あなたの関心はますます深まることになるでしょう。

閉じる

文学科/文芸メディア専攻

「メディアとしての文芸」を探求する

現代は、複雑多様なメディア環境の中で人間存在が変容し、動揺している時代です。そもそもメディアとは「ある物質的・技術的基盤の上に、記号や文字を用いて、コミュニケーションを可能にするものの総体」だと考えられます。より端的に言えば、メディアの基底は「文字言語」にあるのです。テレビやコンピュータも、電気信号やコンピュータ言語といった広い意味での「文字言語」で動いているからです。
その意味で、メディア環境が複雑化する今日においてこそ、メディアの基底をなす「文字言語」に立ち返って、自己を見つめ直すことが最も必要とされていることなのです。それには、まず何よりも「読む力」と「書く力」が必要です。文芸メディア専攻は、日本の言語文化を中核として、古今東西の古典から現代に至るさまざまな文芸に触れながら、その〈読み〉と〈文章表現〉の実践を通じて、現代のメディア環境を生き抜く〈表現主体〉の創出を目指しています。

閉じる

史学地理学科/日本史学専攻

過去の知から未来のあり方を考察する

私たち人間は、歴史(過去の経験)から学ぶことができるという知恵を持っています。しかしその反面、過去の貴重な、時には多くの犠牲をはらって獲得した経験をあっさり忘れたり、歴史が教えてくれている大切なことを見過ごしてしまうこともあります。歴史の中から、重要なこと、興味深いこと、忘れてはいけないことをくみ取るには、過去の人々が残したさまざまな史料(文書やモノ)を読み解く作業が必要です。
本専攻の教育目標は、歴史を読み解く力をつけることにより、人間と社会を見る目を養い、自分自身と社会の未来を切り拓く創造力を育成することにあります。教育の場では、専門書購読、史料解読や現地調査(フィールドワーク)などを通して歴史資料の解読力を養い、歴史の現場を自分の目で実感することを大切にしています。こうして培われた探究心と知識は、必ずや未来を切り拓く創造力の源となるでしょう。

閉じる

史学地理学科/アジア史専攻

アジアの諸言語と奥深い文化に出合う

21世紀に入り、アジア各国との交流がますます深まっています。私たちは、従来の欧米中心のグローバル化ではなく、アジアが基軸になり、固有の歴史と伝統を持つ各地域・文化・民俗がそれぞれの歴史を尊重し合う時代の到来を実感しています。本専攻は1学年の学生数が50人ほどの小さな専攻ですが、専任スタッフは各地域・年代の専門家をそろえ、他大学にはない充実ぶりです。専門領域は東アジアから中央ユーラシア、西アジアまで広くカバーしています。
アジア諸言語の習得にも力を入れ、学生の一部が中国や韓国などに毎年留学するほか、語学教育にも力を入れています。各学年に設置された演習授業では、個人指導に近い形で史料から歴史を読み解く面白さが実感できます。そして3年次に各自テーマを選択して探求を深め、4年次に卒業論文という形で結実させていくことになります。

閉じる

史学地理学科/西洋史学専攻

時空を越えた異文化の魅力に触れる

歴史と伝統の深いヨーロッパ、進取の気性に富むアメリカ、それらの諸地域に形成された社会と文化のあり方を探求していくことは、時間と空間を超えた異文化理解ということにほかなりません。そんな魅力を感じて研究を続けている教員が、学生と一緒にテキストを読み合わせたり、討論を交わしたりしながら学んでいるのが、西洋史学専攻です。
大学4年間での勉強を通じ、素朴な疑問やちょっとした好奇心から出発して、次第に興味と関心を膨らませ、歴史の奥底に潜む人間の心性に触れ、さまざまな点で現代世界とつながっていることを知れば、みなさんもきっと西洋史のとりこになってしまうことでしょう。

閉じる

史学地理学科/考古学専攻

考古資料に触れ、調べ、学び、読み解く

考古学に興味があるみなさんの中には、実際の発掘に携わってみたい、ナマの考古資料(遺物)に触れてみたいという人は多いでしょう。本専攻では、その想いに応えられるよう、幅広い充実したカリキュラムが組まれています。
1年次から考古学のゼミが設置され、調査報告書や資料集成など、さまざまな文献に触れながら、この学問特有の思考法を身に付けます。2年次では、明治大学博物館所蔵の日本考古学を代表する資料に実際に触れながら、考古資料の観察法を体得できます。そして3・4年次では、旧石器から歴史時代に至る日本の各時代や、オリエント、ヨーロッパなど世界の主要地域をカバーする専門科目が設置されています。さらに、夏休み期間中は旧石器~古墳時代の遺跡の発掘調査に参加することも可能です。

閉じる

史学地理学科/地理学専攻

地理を学ぶために、歩く、観る、考える

本専攻の専門科目は学習形態から大きく3つに分かれます。1つ目は、地球上の諸地域に展開する自然現象や人文社会現象を教室で系統的に学ぶ講義科目群です。その題材は、東京の下町から極地にまで及びます。
2つ目は、地理学独自の研究技法を学ぶ研究法・演習科目群です。研究法では地理学で使う具体的な技術を、地理学実習室設置の機材や資料を活用して身につけます。演習では研究法で身につけた技法をもとに自ら調査を行い、その結果を仲間と議論していきます。
3つ目はフィールド・ワークとなる地理学実習です。卒業までに最低10日間の野外実習に参加します。教員と学生が一緒に野外に出かけることにより、人間的な交流も深まります。

閉じる

心理社会学科/臨床心理学専攻

現代人の心を癒す知と術を身につける

学業や仕事上のプレッシャー、不況による雇用不安、複雑な人間関係……人を取り巻くさまざまなストレスによって傷つき、疲弊し、病める心。身体と同様、心も人の大切な一部です。身体がいかに頑健でも、心が疲れ果てていたら、人が本来持つ豊かな可能性を開花させることはできません。多くの情報を素早く処理することが求められる現代社会では、学校で、職場で、地域社会で心が悲鳴をあげ、援助を求める人が急増しています。
本専攻では、心理学のさまざまな理論に基づき、そのような現場での実践に役立つ専門的知識や技法を修得することによって、お互いがカウンセリングマインドでもって理解し支え合える個人と社会の育成を目指します。

閉じる

心理社会学科/現代社会学専攻

社会のあり方を現場から学び、実践する

現代社会は、これまで当たり前に存在していた家族や地域、子どもや高齢者のあり方、働き方、環境と人間の関わりなどが激変し、さまざまな社会問題に対処を迫られている社会です。これらは「豊かさ」の追求が置き去りにしてきた「生老病死」、心、人と人、人と自然の関係性の新たな問題化だともいえます。
同時に現代社会は、地域おこし、持続可能な社会、共生の社会などをめざすNPOの活動や、インターネットなどにより国境を越えて連携する市民の活動などが新しい社会を形作っていく可能性にあふれた社会でもあります。本専攻では、これらを解明する社会学や心理学の基礎を身につけ、新たな社会を模索する社会的実践の現場から学んでいきます。

閉じる

心理社会学科/哲学専攻

身近な問題をとことん突き詰め、未来を展望する

古代から蓄積されてきた先人たちの英知を学ぶことはもちろん必要ですが、それは「現代の問題」に結びついてこそ生きた知識となります。そして、問題となる事象を深く知るために、文献・資料を読むと同時に、現場に出かけたり、人に会って話を聴いたりする「実践」を大切にします。とりわけ、「哲学プラクティス」という授業でその技法を学びます。
さらに、自分の思考を鍛えるべく、西洋哲学だけではなく、日本や中国の東洋哲学も視野に入れ、また心理学や社会学の成果を取り入れながら、さまざまな思索のかたちを「多角的に」学んでいきます。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】東京都千代田区神田駿河台1-1
文学部事務室
(03)3296-4182(直通)
 【URL】https://www.meiji.ac.jp/bungaku/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ