学校パンフ取り寄せで図書カードGET

あいち

愛知大学

私立大学 愛知県

文学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

心理学科/心理学専攻(55名)新設
人文社会学科(290名)
人文社会学科/現代文化コース[東アジア文化専攻、哲学専攻、図書館情報学専攻、メディア芸術専攻]
人文社会学科/社会学コース[社会学専攻]
人文社会学科/歴史・地理学コース[日本史学専攻、世界史学専攻、地理学専攻]
人文社会学科/日本語日本文学コース[日本語日本文学専攻]
人文社会学科/欧米言語文化コース[現代国際英語専攻、ドイツ語圏文化専攻、フランス語圏文化専攻]

所在地

1~4年:愛知

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●人文・社会科学の学問領域を探求する2学科5コース13専攻
●興味・関心に合わせて専門を深め、同時に他領域の履修も可能
●本格的な学びと学生生活を支える充実の施設・制度

哲学、社会学、心理学、歴史学、文学、外国語学など、人類が築き上げてきた人文・社会科学分野の学問探究を通し、その教養とともに、人間存在への洞察力を養い、論理的に考える力や先の見えにくい時代を生き抜く力を育みます。

【キャンパス】豊橋キャンパス
【学生数】1,701人(2017年5月1日現在)
【専任教員数】34人(2017年5月1日現在)
【大学院】文学研究科(豊橋キャンパス)

心理学科/心理学専攻新設

講義・学問分野

心理学史、心理学基礎実験、心理アセスメント、心理統計、認知心理学、行動心理学、発達心理学、比較心理学、健康心理学、臨床心理学、社会心理学、心理学研究法、教育心理学、産業心理学 など

閉じる

人文社会学科

講義・学問分野

下記の各コースの欄をご覧ください。

閉じる

人文社会学科/現代文化コース[東アジア文化専攻、哲学専攻、図書館情報学専攻、メディア芸術専攻]

講義・学問分野

現代文化基礎論、東アジア文化総論、中国思想、文化交流史、書画論、哲学基礎演習、西洋哲学史、ドイツ哲学講読、図書館情報サービス、情報処理、メディア芸術論、映画論 など

閉じる

人文社会学科/社会学コース[社会学専攻]

講義・学問分野

社会学概論、社会調査データ分析法、社会調査実習、産業社会学、福祉社会学、市民参加論、社会心理学、家族社会学、キャリア発達論、ジェンダー・セクシュアリティ論 など

閉じる

人文社会学科/歴史・地理学コース[日本史学専攻、世界史学専攻、地理学専攻]

講義・学問分野

歴史・地理学演習、日本史学講読、歴史学概説、歴史学史、日本考古学、日本文化史、ヨーロッパ文明史、世界史学講読、地理学講読、日本民俗学、地図学、地理学フィールドワーク実習 など

閉じる

人文社会学科/日本語日本文学コース[日本語日本文学専攻]

講義・学問分野

日本古典文学基礎演習、日本近代文学基礎演習、日本古典文学概論、日本近代文学史、日本語史、日本語文法論、漢字文化論、日本語教育研究、児童文学 など

閉じる

人文社会学科/欧米言語文化コース[現代国際英語専攻、ドイツ語圏文化専攻、フランス語圏文化専攻]

講義・学問分野

欧米言語芸術概論、言語学概論、English Communication概論、Contemporary International English概論、ドイツ語圏文化概論、ドイツ文学鑑賞、フランス語学概論、フランス事情 など

閉じる

学部の特色

それぞれの学問領域を探究する5つの専門コース

人文・社会科学の学問領域を探求する2学科5コース13専攻

科学技術の発展やグローバル化など、急速に変化し複雑化する今日、人間への深い洞察に基づき、本当の豊かさを探る人文・社会科学が重要度を増しています。本学部では、人文・社会科学の学問領域を広くカバーする5つの専門コースで、人間・文化・社会の本質を多角的に探究し、今日的な問題への応用を考えます。また、これまでの心理コースを「心理学科」として新たにスタートしました。

閉じる

教師をめざす学生をサポート

興味・関心に合わせて専門を深め、同時に他領域の履修も可能

人文・社会科学の分野は、それぞれの領域が重なり合い、また、専門性を深めるためにも、広い教養が必要となります。それぞれの興味や関心に合わせてコース・専攻の専門を学ぶと同時に、隣接するコース・専攻の授業も履修でき、それが単位として認められます。また、「教師」をめざす学生には、名古屋・豊橋キャンパスにある「教職課程センター室」の専任教員を中心とするスタッフが、カリキュラムの提供から教員採用試験まで充実したサポートを行います。

閉じる

学びを支える大学図書館

本格的な学びと学生生活を支える充実の施設・制度

大学の研究・教育水準の指標ともいえる図書館・研究所は約175万冊以上の書籍・歴史資料を収蔵。全国私大トップクラスの充実度を誇ります。また、ネイティブ教員との交流を深め語学力を磨くためのLanguage Caféを設置。交流協定を結んだ世界13か国・地域 42大学への留学も推奨しています。

閉じる

学べること

さまざまな実験・実践を通して人間行動を解き明かす

心理学科/心理学専攻

豊富な実験・実践を通して人間行動の不思議に迫る

心理学とは、人の行動を科学の目で分析し、それを実践に生かすための理論であり技術です。心理学上の理論を学ぶとともに、さまざまな実験・実践などを通して人間行動の謎を解き明かします。基礎を身に付けた後は「認知心理学」「行動心理学」「発達・教育心理学」「臨床心理学」「比較心理学」「産業・健康心理学」といった領域に分かれ、専門性を深めます。
また、保健医療、福祉、教育などの分野で活躍するこころの専門家「公認心理師」の国家試験受験資格を得るための教育カリキュラムを用意しています。

【授業・講義】
生涯にわたって発達する人間の心理を探究する「発達心理学」

「人間は一生涯発達し続ける」と考え、乳幼児期から老年期までの各年齢段階の発達課題を想定したのが、エリクソンの心理社会的発達理論です。授業では、人間の生涯にわたる心身の発達の諸相とともに、その発達に影響する諸要因の寄与率を解き明かします。

閉じる

人文社会学科/現代文化コース[東アジア文化専攻、哲学専攻、図書館情報学専攻、メディア芸術専攻]

世界の文化とその表現に迫る

発展する文化の状況を、4つの専攻に分かれ、哲学・思想・情報・メディアの視点から多角的に考察。そしてその教養とともに、変化に富む世界と文化に対応し得る柔軟な発想力と高いコミュニケーション能力を持った人材を育成します。

【授業・講義】
体験的な学びから、クリエイティブな発想力を養う「マルチメディア制作実習」

グループワークで映像作品を企画・制作する5日間の集中講義です。カメラ、音響機器、編集PCなどの機材やスタジオなど、充実した制作環境の中で作品作りに打ち込むことができます。発想や考えを言語化し、仲間との話し合いで形にしていくプロセスを体験して、想像力と創造力を養います。

閉じる

人文社会学科/社会学コース[社会学専攻]

「社会調査士」が取得できる充実したカリキュラム

社会調査士とは、社会調査の知識や技術を用いて、世論や市場動向、社会事象などを捉えることのできる能力を有する調査の専門家のことで、一般社団法人社会調査協会が認定している民間資格です。
社会調査協会が定める標準カリキュラムに対応した科目の単位を修得することで、卒業時に社会調査士の資格が取得できます。また、所定の条件を満たせば、在学中に資格の取得見込みを証明する社会調査士(キャンディデイト)を得ることもできます。

【授業・講義】
メディアの歴史を学び、情報社会を相対化する「情報社会学」

1980年以降の情報社会の歴史をひも解き、メディアのデジタル化やネットワーク化、モバイル・メディアの普及がどのように進んでいったのかを学びます。歴史を顧みることで現在の情報社会を相対化し、メディアとどう関わっていくべきかを考えます。

閉じる

人文社会学科/歴史・地理学コース[日本史学専攻、世界史学専攻、地理学専攻]

世界につながり、今につながる、過去や地勢を学ぶ

人間社会の過去と国際社会の今について探究することを目的に、歴史学・地理学から地域の成り立ちやメカニズムを解明し、問題を分析。調査・分析・研究に応用できる力を育てます。中学校・高等学校教員や学芸員をめざす人にも適しています。

【授業・講義】
江戸時代の農耕を考察し、地域の多様性を学ぶ「歴史地理学」

住む場所が変われば、生活様式も価値観も変化します。この授業では江戸時代の農作物や農耕技術を中心に学び、さまざまな地域性を理解します。日本は江戸時代、半ば独立した地域で構成された連合国であったといえます。その多彩な地域性と歴史的背景を学び、地域の多様性を理解することで柔軟な発想を養っていきます。

閉じる

人文社会学科/日本語日本文学コース[日本語日本文学専攻]

日本語の過去と現在を深く探究し、未来へと生かす

日本語の歴史や理論に加え、日本文学に見る時代背景や心模様を思想・文化・習慣などから読み深めます。言語表現に関わる多様な分野や国際社会で通用する正確な理解力を培います。また日本語教授法をはじめ、日本史や漢文学など関連領域を学ぶことも可能で、広い視野を持った国語教員を毎年輩出しています。

【授業・講義】
物語的な生を生きる「私」を実感 「日本近代文学概論」

「私小説の問題」「物語論と世界像」「記憶と物語ること」という三つの柱を立て、それぞれ具体的な作品を取り上げながら、日本近代文学を概観します。そして最後に、私小説を書くという課題に取り組みます。書く体験を通じて、自らもまた物語的な生を生きる存在であるということを実感できます。

閉じる

人文社会学科/欧米言語文化コース[現代国際英語専攻、ドイツ語圏文化専攻、フランス語圏文化専攻]

言語を通して欧米を中心とした世界の文化を学ぶ

各国の蓄積された文学・文化を探求し、正確な解釈と言語運用能力を修得。それぞれの専攻語圏にある協定大学との交流も盛んに行われています。翻訳・観光などの分野での活躍をめざします。

【授業・講義】
ドイツ文学を原文で味わい、より一層の読解力を養う「ドイツ語圏文化講読」

グリム兄弟によってしゅう集・編さんされた口承文学であるグリム童話を題材に、原文を正確に読解する力を養います。また、第7版まで出版される過程でかなり手を入れられた話もあり、授業では版による違いの検証や他の地域に伝わる類話との比較も行います。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】名古屋市東区筒井2-10-31
企画部入試課
(052)937-8112(直通)(平日9:00~17:00)
 【URL】http://www.aichi-u.ac.jp/college/lett.html

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ