×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

あいち

愛知大学

私立大学 愛知県

経営学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

経営学科(250名)
会計ファイナンス学科(125名)

所在地

1~4年:愛知

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●伝統と革新の学びでビジネスを動かし、次世代を担う人材をめざす
●経営学と会計学を横断的に学び、複雑化するビジネスシーンで活躍する人材を育成する
●論理性と説得力を競うプレゼンテーション大会など、学びの成果を発信する機会が豊富

現代に求められるのは、ビジネスの基礎を身につけ、市場の変化を先取りした柔軟な発想ができる人材です。次代への飛躍の可能性を持つビジネス・パーソンをめざし、経営学と会計学の2つの学問分野で理論的思考力と実践力を養います。

【キャンパス】名古屋キャンパス
【学生数】経営学科:1165人、会計ファイナンス学科:603人(2020年5月1日現在)
【専任教員数】36人(2020年5月1日現在)

経営学科

講義・学問分野

経営学入門、マーケティング論、経営管理論、経営史、コーポレートファイナンス論、消費者行動論、プログラミング入門、国際経営論、国際経済論、ビジネス英語 など

閉じる

会計ファイナンス学科

講義・学問分野

会計学入門、商業簿記中級、税法入門、工業簿記、財務諸表論、会計情報処理論、金融論、企業価値評価論、年金・保険論、会計監査論、金融政策、国際金融論 など

閉じる

学部の特色

経営活動に関わる多様なデータから分析・考察する能力を養成

伝統と革新の学びでビジネスを動かし、次世代を担う人材をめざす

愛知大学は1947年に「経営学」「会計学」を開講した東海圏でのパイオニア的存在であり、これまで多くのビジネスパーソンや経営者を輩出してきました。高度専門職である公認会計士や税理士の合格実績は中部地方トップクラスであり、この分野での教育の水準の高さを物語っています。経営活動に関わる多様なデータから情報を抽出して分析・考察する能力を養成します。

閉じる

学部共通科目を設置し、経営と会計双方の視点を習得する

経営学と会計学を横断的に学び、複雑化するビジネスシーンで活躍する人材を育成する

経営学科では、企業の仕組みと経営について理論と実践の両面から学びます。会計ファイナンス学科では、国際会計基準に対応した最新のカリキュラムのもと、会計とファイナンス(資金調達・運用)のスペシャリストを養成します。
「経営学」と「会計学」は相補の関係にあり、「経営学科」と「会計ファイナンス学科」もまた、いわば車の両輪のように存在しています。車輪がその役目を果たすためには、両輪をつなぐ車軸がなくてはなりません。そこで2つの学科をつなぐ学部共通科目を設置。経営学と会計学を横断的に学ぶことで多角的な思考力を身につけます。

閉じる

学生主体のプレゼンテーション大会を開催

論理性と説得力を競うプレゼンテーション大会など、学びの成果を発信する機会が豊富

論理的な思考力や専門的なコミュニケーション能力の習得を目的に、討論を通じて学ぶ少人数ゼミナールを1年次から導入しています。またプレゼンテーション能力のさらなる向上を目的とした学生主体のプレゼンテーション大会、通称「Pubフェス」を開催。テーマの設定や研究の論理構成はもちろん、いかに観衆に対して効果的に訴求できるかというプレゼンテーション技術に至るまで総合的な能力を競います。主体的な学びを通じて、実社会にある問題の発見力・解決能力・提案力を磨きます。

閉じる

学べること

グローバルな視点から日本企業の競争力を考える

経営学科

ビジネスを動かすのは他人じゃない。自分が、世界を、時代を変えていく。

経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報)の最適な活用法やマーケティングなどの手法を学び、次代のビジネスリーダーに不可欠な企業の仕組みと経営について理論と実践の両面から学びます。めざす将来に応じた4コースを設置。あらゆるニーズに応えられる伝統と先進のカリキュラムがあります。

<ビジネス・マネジメントコース>
企業経営の中枢で活躍できる人材育成をめざし、組織論・金融論・法制度などの幅広い分野を学びます。経営戦略や経営管理に重点を置き、企業への就職をめざす人はもちろん、自治体などの行政組織でも役立つ知識を学ぶことができます。

<流通・マーケティングコース>
生産者と消費者をつなぐ流通や、市場動向への企業の適応活動であるマーケティングを学びます。コンビニエンスストアやデパート、量販店などの事業戦略、市場調査や商品開発、広告や販売促進まで幅広く研究し、実践力を養います。

<情報システムコース>
IoT・IT・VR/ARといったキーワードが象徴するように、現代ビジネスにおいて情報技術は、重要な役割を果たします。情報システムコースでは、経営学に加えて数理・情報系科目を学び、これからの企業で中心的役割を担うことのできる情報システム部門のリーダーを育成します。

<国際ビジネスコース>
国や地域ごとに異なる社会文化に対応できる企業人の育成をめざします。国際マーケティングなどのグローバルビジネスと並んで、世界各地のビジネス事情を学びます。また、外国語教育も重視したカリキュラムを編成し、海外提携校への留学も推奨しています。

【授業・講義】
マーケティングにおけるさまざまな疑問を理解する「マーケティング論」

「ヒット商品誕生の背景にある仕組みとは?」「価格が安いだけで商品は売れるのか?」「コンビニや量販店とメーカーとの力関係はどうなっている?」こうした身近な疑問に答える入門科目です。マーケティングの根本思想から市場調査の手法まで幅広く講義します。企業から講師を招いてレクチャーを受ける機会も設けます。

閉じる

会計ファイナンス学科

経営の軸となるお金について、高い専門性と幅広い知識を身につける

企業の経営状況を記録・測定し、経営者や投資家への的確な情報提供を図る「アカウンティング」。企業経営に不可欠な資金調達方法や資金の管理・運用を考える「ファイナンス」。会計およびファイナンスの知見を軸として企業経営全般を幅広く学ぶ「ビジネスデザイン」。これら3つの分野のいずれかに軸足を置きつつ、他のコースの科目も学ぶことができます。

<アカウンティングコース>
企業内でのお金の動きに注目しながら経営学を学修。数字に強い経営者や公認会計士・税理士などをめざす人に最適なカリキュラムを編成しています。簿記論や会計学を学んだ上で、管理会計論、原価計算論、会計監査論、国際会計論、税務会計論などへと学びを進めます。

<ファイナンスコース>
金融(お金の貸し借り)、財務(お金の管理と運用)を学ぶコース。多様化する資金調達や運用の手法に精通したプロフェッショナルを育てます。たとえば財務領域では事業投資の分析手法や金融商品による資産運用を学修。金融業界や企業の財務部門で活躍したい人に最適です。

<ビジネスデザインコース>
会計や財務の知識に加えて、企業経営全般を幅広く学ぶコースです。経営分析やリスクマネジメントなど多彩な科目を履修し、多目的なマネジメントスキルを身につけます。企業の経営部門で新たな価値を創造できる人材を育成します。

【授業・講義】
国際会計基準について日本と比較し理解を深める「国際会計論」

経済のグローバル化を背景に、各国の異なる会計基準を国際会計基準(IFRS)に統合化しようとする動きが加速しました。世界共通の基準を用いることは、企業内の経営管理にも役に立ちます。この講義では、公認会計士にとっても必要なIFRSの特徴を日本基準と比較しながら理解します。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】名古屋市東区筒井二丁目10-31
企画部入試課(車道キャンパス)
(052)937-8112・8113(直通)(平日9:00~17:00)
 【URL】https://www.aichi-u.ac.jp/college/busi

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

リストに追加しました

ページの先頭へ