にほんふくし

日本福祉大学

私立大学 愛知県

経済学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

経済学科(200名)

所在地

1~4年:愛知

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●新しい福祉社会を設計し、その実現に貢献できる経済人を育成
●企業トップから生のビジネス事情を学ぶ
●産学連携のキャリア形成支援でビジネススキルを磨く!

経済や行政のしくみ、金融、ビジネスマネジメント、医療福祉システムなど、幅広い分野についての基礎的な知識を修得。少子高齢化やIT化が進む時代において、企業や自治体、医療や福祉サービスを提供する組織で活躍できる人材(公務員、企業人など)を育成します。

【キャンパス】東海キャンパス(2015年4月移転)
【学生数】612名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】18名(2017年5月1日現在)
【大学院】社会福祉学研究科(修士課程)、医療・福祉マネジメント研究科(修士課程)、福祉社会開発研究科(博士課程)

経済学科

講義・学問分野

金融論、福祉社会、地域経済論、公共経済学、国際経済、金融ポートフォリオ、アジア経済論、医療福祉政策、スポーツ社会学 など

閉じる

学部の特色

「福祉を理解する経済人」をめざす実践的な学びを実施

新しい福祉社会を設計し、その実現に貢献できる経済人を育成

「経済学」の基礎とその応用、市場経済のしくみの理解と、企業、医療、福祉などの分野における「経営」を学び、「福祉を理解する経済人」をめざします。経済学と経営学の2領域を学ぶことによって新たな福祉社会のデザインや構築に貢献できる人材を育成します。
1年次に経済・経営の基礎を学び、2年次から2つのコースに分かれて学びを深めます。【地域経済コース】は、地域金融をはじめとする各種企業や公務員をめざす人におすすめです。【医療・福祉経営コース】は、医療機関や福祉施設の運営に携わりたい人に最適です。

閉じる

第一線で活躍する企業トップから、生の声を聞くことができる

企業トップから生のビジネス事情を学ぶ

幅広い領域で活躍する企業のトップを講師として招き、生きたビジネス事情を講義していただきます。現場における苦労や、それを乗り越えた戦略を学ぶことにより、理論と実践を融合した知識を修得します。
さらに、本学部のある東海キャンパスは、「名鉄名古屋」駅から電車で17分という好立地。名古屋市や東海市にある企業と積極的に連携を図ることにより、教育の幅がさらに広がります。

閉じる

愛知銀行とコラボして新商品・新サービスを企画

産学連携のキャリア形成支援でビジネススキルを磨く!

経済学・経営学の学びは仕事に活かしてこそ真価を発揮します。経済学部では、40年の伝統、そして地域特性を活かした産官学連携教育により、学生の卒業後の進路選択を支援しています。

キャリア支援科目の一例
キャリア開発Ⅰ~Ⅲ
本学部が想定する分野で活躍する卒業生を中心としたゲスト講師から仕事内容とやりがいなどを学び、職業や雇用に関する基礎知識を習得します。
地域金融・証券論
地方銀行や信用金庫など現場の第一線で活躍するゲストの講義を受け、地域金融機関の取り組みや現状などを通して地域金融機関の役割を学びます。
特別講義
地域の大手・優良企業や自治体を招いたリレー講義。経営哲学・経営戦略の要点を学びます。

閉じる

学べること

医療福祉産業・施設の経営者を育成

経済学科

一人ひとりの進路に合わせて、2年次からは2コース制

2年次からは、【地域経済コース】【医療・福祉経営コース】に分かれて、より発展的な内容を学びます。【地域経済コース】は、行政のしくみを学び、企業や自治体を舞台に地域経済やまちづくりに貢献できる力を身に付けます。【医療・福祉経営コース】は、病院や福祉施設といった、医療・福祉・健康づくりに関するサービスを提供する組織のマネジメントを行える力を身に付けます。

【授業・講義】
「地域経済論」

グローバルな競争にさらされる地域経済。個々の地域が抱える課題を明らかにして解決策を見いだすため、地域経済の基本的なしくみや変化のメカニズムなどを理解します。

閉じる

アドミッションポリシー

本学部が入学者に求める人物像

経済学部は、建学の精神にのっとり真理の探究と人間の尊厳を基に協働型福祉社会の実現に貢献する人を輩出することを目的としているため、下記のことに積極的に取り組む意欲を持つ人材を受入れます。
1.ビジネスや医療・福祉について学び、それらの分野において新たなアイディアや企画を提起して挑戦すること
2.地域の活性化や福祉に貢献する社会参画プログラムに参加すること
3.スポーツ・文化やボランティアなどの自主活動の場で活動すること
さらに、現代の社会、経済の問題について学び、研究するため、下記のことについて意欲をもって取り組む人を受入れます。
1.ICT(情報通信技術)を含む、様々な手段を用いて情報を集め、分析することで問題を把握すること
2.見つけ出した問題に対して、論理的な思考でもって改善、解決策を提示すること

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】愛知県知多郡美浜町奥田
入学広報課
(0569)87-2212(直)
 【URL】http://www.n-fukushi.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ