×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

にほんふくし

日本福祉大学

私立大学 愛知県

教育・心理学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

子ども発達学科/保育・幼児教育専修(120名)
子ども発達学科/学校教育専修/学校教育コース(60名)
子ども発達学科/学校教育専修/特別支援教育コース(35名)
心理学科(100名)

所在地

1~4年:愛知

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●60年に及ぶ実績に裏付けられた養成ノウハウで保育者をめざす
●総合的に子どもの成長を支える、人間力の高い教育者をめざす
●多様な分野で活躍できる心理学の専門家をめざす

子どもを取り巻く社会が多様化・複雑化する現代、保育・教育・心理の専門性を持つ人材へのニーズが高まっています。その要請に応えるため、2020年4月より「教育・心理学部」が新たにスタート。乳幼児期から青年期までを通した心身の発達を学び、子どもたちや家族、地域社会の課題に向き合い、相手の目線に立って解決できる力を養います。

【キャンパス】美浜キャンパス
【学生数】306人(2020年5月1日時点)
【専任教員数】40人(2020年5月1日時点)

子ども発達学科/保育・幼児教育専修

講義・学問分野

保育職論、社会福祉論、教育福祉論、障害児保育演習、子育て支援演習 など

閉じる

子ども発達学科/学校教育専修/学校教育コース

講義・学問分野

家族社会学、子ども家庭福祉論、教育と発達の心理学、教育方法論、教育原理、教職インターンシップ、学校福祉論、社会科教育法、教職実践演習  など

閉じる

子ども発達学科/学校教育専修/特別支援教育コース

講義・学問分野

教職入門、知的障害児の心理、教育原理、特別支援教育概論、発達障害児論、子ども家庭福祉論、教職インターンシップ、知的障害児指導法、障害児アセスメント演習 など

閉じる

心理学科

講義・学問分野

心理学概論、心理学研究法、臨床心理学演習、心理療法論、福祉心理学、学校心理臨床論、児童心理支援論、高齢者心理支援論、支援者の心理、心理学実験、ホスピタリティの心理学 など

閉じる

学部の特色

開設以来、多くの保育士を社会に送り出してきた

60年に及ぶ実績に裏付けられた養成ノウハウで保育者をめざす

乳幼児期を中心に、子どもの発達に適した保育・養護の考え方・内容・方法や、音楽・造形・体育などのこころとからだを育む方法を学習。講義科目で得た気づきは、多彩なテーマを掲げる専門演習での研究や、実習棟で行う演習科目群により、さらに深化させていきます。

●高い評価を得る保育者養成の実績
60年を超える歴史を通じて数多くの保育者を全国に送り出し、高い評価を得ています。特に、名古屋市立の保育所では園長の約6人に1人が本学卒業生※。また、早くから男性保育者の育成にも力を入れ、男女を問わず保育・福祉の現場で多くの卒業生が責任のある地位についています。
※2020年4月現在(99園中、17園)

閉じる

教員の仕事を体験的に学ぶ「教職インターンシップ」

総合的に子どもの成長を支える、人間力の高い教育者をめざす

社会福祉に関する本学の教育・研究の成果を生かし、「ふくし」の視点を備えた教員の養成をめざしています。教科の内容や指導法の学習と並んで、現代社会における子どもや家庭をめぐる教育問題について学びます。また心身の障害に関する知識も備えて、教育現場での幅広い対応力を養います。

●2年次から教育現場を肌で感じる「教職インターンシップ」
2年次と4年次に、主に小中学校で実施する職場体験です。授業見学や授業補助のほか、課外活動や職員室での教員の仕事に携わりながら、将来教員になる自覚を2年次という早期から養います。教員採用試験合格後の4年生も参加できるので、就職までの準備にも役立っています。

閉じる

福祉場面で活躍できる専門家を育成する環境が整っている

多様な分野で活躍できる心理学の専門家をめざす

基礎心理と研究手法を早期に修得。大学での専門的な学びへ展開できるように、講義や演習の学習方法やレポートの書き方などを学ぶ「総合演習」、心理学の基礎となる「心理学概論」「心理学研究法」を履修。人間の心の理解を深めながら、実験・観察・調査・面接といった心理学の研究手法を早い段階で修得し、3年次以降の専門的な学びにつなげます。

●大学院進学で公認心理師・臨床心理士をめざす
修了すると実務経験なしで公認心理師・臨床心理士受験資格が取得できる大学院を併設しています。本学科の学生が毎年進学しており、成績優秀者を対象とした学内選抜入試も実施しています。心理学の高度専門職をめざす学生のために、進学サポート体制も充実しています。

閉じる

学べること

子どもたちの心に寄り添う保育者に

子ども発達学科/保育・幼児教育専修

子どもとふれあうチャンスを豊富に設けたカリキュラム

講義・演習科目の進度に合わせ、2年次以降段階的に実習科目を配置。学習効果を高めるため事前事後学習にも力を注いでいます。さらに、実習以外でも子どもや保護者・保育者に接する機会を豊富に用意しています。
「保育・幼児教育専修」では、保育士と幼稚園教諭の2つの資格・免許状が取得可能です。保育所、幼稚園、認定こども園、児童福祉施設などへの進路が開けます。

【授業・講義】
保育職論

保育者の専門性や職務を多角的に知り、保育の社会的意義を理解したうえで、望ましい保育者像をイメージするのが授業のテーマです。保育実践記録を通して保育の基本的なあり方を知り、保育者の専門性と社会的役割を学びます。

閉じる

子どもたちの感性を養うことができる教育者をめざす

子ども発達学科/学校教育専修/学校教育コース

2年次から教育現場で学べる実践的な学び

体系的な専門的学びに加え、教育実習と2回の「教職インターンシップ」によって、2年次以降、継続的な現場学習を可能にしています。2年次の教職インターンシップを終えると学校とのつながりができ、その後もボランティアとして学校を訪れる学生も少なくありません。子どもを知り、学校の実情を理解しながら教員をめざせる、効果的なプログラムです。
学校教育コースでは小・中学校の2つの免許状が取得可能です。

【授業・講義】
教育実践入門

試験の合格や資格を取るといった単なる自分のための学びではなく、他者(子どもや保護者)の役に立つため、教育者にふさわしい実力を身に付けるための学びとは何かを考えます。「自分の日常生活には関係ない」という他人事の姿勢から、自分の問題に引きつけて捉える当事者性のある学びへと転換させるにはどうしたらよいのか。まずは、自分自身の学びを振り返ってみることから始めます。

閉じる

様々な現場や場面を想定した実習も多く実施されている

子ども発達学科/学校教育専修/特別支援教育コース

特別支援教育だけでなく、多様な障害を支援できる専門性を修得

「特別支援教育」に関わるさまざまな事項(学校教育、障害理解、障害児・者の福祉など)の学びを通して、障害児教育に関わる高度な専門性を備えた専門職を育てます。多様な障害の特性、障害児の発達や心理、取り巻く環境について理解を深め、障害児の教育や支援に生かす方法を身に付けていきます。
特別支援教育コースでは、小学校の免許状を基礎免許状とした特別支援学校教諭の免許状が取得可能です。

【授業・講義】
知的障害児指導法

知的障害児を対象とする特別支援学校の教育課程の特徴や、根拠となる法令や学習指導要領について確認したうえで、知的障害児教育独特の教育内容や授業形態を学びます。知的障害児の実態を丁寧に把握し、学習指導案の書き方を学びながら、模擬授業づくりのグループ活動に反映。学生たちが主体的・積極的に参画できる授業研究を行います。

閉じる

人の心をサポートできる専門家をめざします

心理学科

ユニットを選択し 専門の学びを追究する

心理学科の最大の特徴であるユニット制。ユニットとは“心理学を自分の将来にどう生かすか” に対応した学びのルート(科目の選択パターン)のことです。4年間を通して幅広く心理学を学びつつ、2年生からは、「臨床心理ユニット」、「発達・福祉ユニット」、「応用・社会ユニット」の3つのユニットから、自分自身がめざす心理学の生かし方を選び、より深い学びを追究していきます。

<3つのユニット>
臨床心理ユニット:生きづらさを抱える人を支援する
発達・福祉ユニット:人の発達と生活に寄り添う
応用・社会ユニット:社会の中で心理学の学びを生かす

【授業・講義】
公認心理師演習・実習

公認心理師資格課程には2年次から登録。資格のための演習・実習も2年次から開始!早い段階から心理学の実践現場を体験し、実践力を身に付けます。

閉じる

アドミッションポリシー

本学部が入学者に求める人物像

大学ホームページをご覧ください。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】愛知県知多郡美浜町奥田会下前35-6
入学広報課
(0569)87-2212(直)
 【URL】https://www.n-fukushi.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

リストに追加しました

ページの先頭へ