×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

にほんふくし

日本福祉大学

私立大学 愛知県

健康科学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

リハビリテーション学科/理学療法学専攻(40名)
リハビリテーション学科/作業療法学専攻(40名)
リハビリテーション学科/介護学専攻(40名)
福祉工学科/情報工学専修(2021年度より定員増につき 40名)
福祉工学科/建築バリアフリー専修(2021年度より定員増につき 60名)

所在地

1~4年:愛知

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●人の手と技術でしあわせを支える
●最新の設備がそろう「教育実習棟」や「福祉テクノロジーセンター」が学びをサポート
●丁寧な教育体制で資格取得のサポートを受けられる

リハビリテーション医療や介護など“人” が行うケアと、福祉用具やバリアフリー建築といった“モノ・環境” によるサポートという、2つの方向から取り組むのが健康科学部です。人の身体や精神に対する理解と福祉の視点を養うとともに、実践的な専門技術を身に付け、卒業と同時にプロとして活躍できる人材を養成します。

【キャンパス】半田キャンパス
【学生数】788人(2020年5月1日時点)
【専任教員数】40人(2020年5月1日時点)

リハビリテーション学科/理学療法学専攻

講義・学問分野

生理学、解剖学、臨床神経科学、疼痛医学、物理療法学、理学療法評価学、運動器理学療法学、スポーツ理学療法学 など

閉じる

リハビリテーション学科/作業療法学専攻

講義・学問分野

生理学、義肢装具学、障害者福祉論、身体障害作業療法学、精神障害作業療法学、日常生活活動学、作業療法指導法演習、小児作業療法学、運動器系解剖生理学 など

閉じる

リハビリテーション学科/介護学専攻

講義・学問分野

地域福祉論、認知症介護、介護過程演習、医学一般、生活支援技術演習、相談援助の理論と方法 など

閉じる

福祉工学科/情報工学専修

講義・学問分野

健康科学概論、障害者福祉論、データ構造とアルゴリズム、コンピュータシステム、Webプログラミング演習、リハビリテーション工学、医療システム開発演習、情報工学実験 など

閉じる

福祉工学科/建築バリアフリー専修

講義・学問分野

福祉住環境計画、環境政策論、建築ユニバーサルデザイン論、建築CAD演習、ビオトープ計画施工演習、建築構造力学、福祉環境設計演習 など

閉じる

学部の特色

臨床現場の最前線で活躍する教員も多数在籍

人の手と技術でしあわせを支える

高齢者や障害者が「人によるケア」(リハビリテーション)と「モノや空間の創造」(福祉工学)により自立し、生き生きと健康的な人生を送れるよう支援できる人材を育成します。

●2学科(3専攻・2専修)で人々の健康をサポート
障害者・高齢者を支えるための心身のリハビリテーションや介護の知識・技術を修得する「リハビリテーション学科」、健康や福祉のための情報システムや福祉用具の開発、バリアフリー建築や自然と共生する環境づくりを考える「福祉工学科」の2学科編成。いずれも、“ふくしの総合大学” だから可能な福祉マインドも備えた人材を育成します。

閉じる

実際の病院や福祉施設さながらの設備や研究機器が充実

最新の設備がそろう「教育実習棟」や「福祉テクノロジーセンター」が学びをサポート

「教育実習棟」には、治療技術・介護技術を修得するために、病院や福祉施設さながらの実習室が整っています。三次元動作解析装置など最新の研究機器も充実しており、高い専門性を身に付けることができます。「福祉テクノロジーセンター」では多彩な福祉用具や支援機器に触れて学べます。また、福祉用具の製作・カスタマイズができる工房も設置しています。

閉じる

介護福祉士と社会福祉士のダブル取得もめざせる

丁寧な教育体制で資格取得のサポートを受けられる

高い資格取得実績の背景には、各専攻・専修の教職員による丁寧なサポートがあります。

全国平均を上回る国家試験合格率
第56回(2021年)理学療法士国家試験 本学合格率98.1%(全国合格率79.0%)
第56回(2021年)作業療法士国家試験 本学合格率100%(全国合格率81.3%)
第33回(2021年)介護福祉士 国家試験 本学合格者率100%(全国合格率71.0%)

■理学療法学専攻
4年次になると同時に国家試験対策がスタートします。理学療法士国家試験の受験対策に精通した外部講師を招き、科目別の対策講座を1週間集中的に開講。受験に向けた学習方法を身に付けます。さらに、3年次の終わりから受験本番を控えた4年次の12月まで、全国模試を10回、本学オリジナル模試も10回行い、段階的に実力をアップさせます。

■作業療法学専攻
4年次には国家試験全員合格をめざして、本学独自の学習プログラムに取り組みます。模試を数多く経験することで、国家試験問題の傾向を把握し、苦手問題の克服を図るとともに、国家試験特有のプレッシャーに耐えうる精神力を鍛えます。加えてゼミの担当教員も各人の個性に合わせた受験指導を行うなど、学生の国家試験合格を縦横にサポートします。

■介護学専攻
1・2年次には介護福祉士国家試験模試を受験し、個別面接を行うことで学習スタイルを確立します。4年次からは社会福祉士国家試験対策講座もスタート。模試などを通じて徐々に受験モードに切り替えていきます。介護福祉士・社会福祉士それぞれの対策講座で全体授業・少人数編成のクラス別学習・模擬試験を行い、学生同士が学び合いながら自主的に学習を進めます。

■情報工学専修
情報分野の国家試験である情報処理技術者試験のうち「基本情報技術者」「ITパスポート試験」の在学中の合格を「健康情報総合演習」などの授業内で支援します。さらに上級資格をめざす人には「応用情報技術者」「ネットワークスペシャリスト」試験の合格も支援します。
また、福祉用具プランナー研修修了試験受験資格を在学中に取得します。「福祉用具プランナー」は、工学と福祉の知識を基盤として、最適な機器の選定や使用を支援する「福祉用具の専門家」としての能力を認定する資格です。中部地方では唯一、在学中に研修修了試験受験資格を得ることができます。

■建築バリアフリー専修
卒業時には全員が二級建築士試験受験資格を取得できます。さらに一定の要件を満たすことで、一級建築士の受験資格も取得できます。バリアフリーやユニバーサルデザインなど福祉の視点を身に付けた建築のプロフェッショナルをめざせます。

閉じる

学べること

リハビリテーション学科/理学療法学専攻

科学的根拠に基づいたリハビリテーションを、医療・福祉・スポーツで実践できる専門家に

理学療法とは、人の基本動作に支障をきたす障害を、身体を動かす運動療法や、熱・電気などで刺激を与える物理療法、疾患部を固定する装具療法によって治療することです。本専攻では「生理学」「解剖学」「基礎運動学」といった科目で評価や治療の土台になる身体の機能や構造についての知識を1年次に学び、さらにさまざまな科目を通して最新の研究成果を伝えるとともに、問題を提示して自ら考える機会を豊富に取り入れ、医療現場で起きる問題に的確に対応する力を養います。

●多彩な専門分野の研究者である教員のもと、研究の考え方と基礎を修得
本専攻の教員は、スポーツ・痛み・感覚器・運動器など多彩な専門分野の研究者であると同時に医療現場で実際のリハビリテーションを行う理学療法士です。このような教員のもとで多角的にリハビリテーションを学び、4年次には高度で専門的な研究に取り組みます。

閉じる

リハビリテーション学科/作業療法学専攻

生活や職場復帰を支え、生きがいづくりを支援できる作業療法士に

本専攻では、1年次の見学実習から4年次の臨床実習まで4年間を通した実習を行っています。次第に高度な経験を積み、教室の知識を現場で確かめ、現場での疑問を教室で解消することで、確かな問題解決力を育みます。

●臨床現場で活躍する教員から、実践的な知識を学べる
教員の多くは、地域や臨床の現場の第一線で活躍する作業療法士。実例にもとづく生きた知識を学べるほか、教員が地域の福祉施設で実施する作業療法の体験会など、学外の活動に参加する機会もあります。対象者への理解を深め、接し方を学ぶと同時に、さまざまな療法にふれることができます。

閉じる

リハビリテーション学科/介護学専攻

多職種と連携し、介護現場のリーダー的役割を担う介護福祉士に

高度なマネジメント能力を備えた介護現場のリーダーや、介護学を身に付けた社会福祉士をめざします。介護を受ける人の思いを受け止め、その人に合った支援を提供できる専門家になるため、介護福祉士と社会福祉士の2つの国家資格取得を目標に学びます。広い視野をもった専門家として、自治体、病院、社会福祉協議会で相談援助職に就く卒業生が多くいます。

●リハビリテーションにつながる介護の実践者に
本学では理学療法学・作業療法学の専門研究家によるリハビリテーションの講義が充実しています。理学療法士・作業療法士と連携する力を養うとともに、日常的な身体介護や生活援助の中でも対象者の身体能力の向上や能力低下の予防につながるリハビリテーション介護が実践できる人材を養成します。

閉じる

福祉工学科/情報工学専修

高度な情報技術で、人と社会のために活躍できるエンジニアを養成

入学直後から情報処理技術者に必要なハードウェア、ソフトウェアの基礎を養い、2年次からは人工知能、アルゴリズム、ネットワーク、データベース、IoTなどの専門知識を修得。3年次以降はマルチメディア情報処理や情報セキュリティなどの、より実践的な情報技術を学びます。

●情報工学と医療・福祉分野との融合領域を学んで特色ある技術者に
本学・本学部共通の強みである福祉やリハビリテーションおよび、融合領域である「支援技術(Assistive Technology)」と3DCADや組込みプログラミングなどを学ぶことで、情報技術を活用した生活支援機器や福祉用具の開発、利用者への適合支援が行える力を養います。さらに、「ITパスポート」「基本情報技術者」などの国家資格取得を支援。福祉用具の専門資格「福祉用具プランナー」研修修了試験受験資格の取得も可能です。

閉じる

福祉工学科/建築バリアフリー専修

福祉社会に求められる役割を果たすため、 福祉や環境の目で考える建築の専門家に。

建築の専門科目と並行して、1年次から福祉の専門科目も学べます。建築の知識はもちろん、ユニバーサルデザインや安全・安心、福祉の視点も併せ持った建築士をめざすことができる、本学ならではのカリキュラムです。

●3年次からはじまる2つのコース制にわかれる
建築デザインコースは、誰もが安全・安心で使いやすくデザイン性の高い建築やまちづくりを目標にデザイン・設計・福祉を学習。一級・二級建築士の取得もめざせます。
環境建築コースは、自然と共生した住環境の創造をめざし、森林保護や生態系の保全といった環境問題に関する知識と、設計に関する知識・技術を修得。一級・二級建築士のほか、2級ビオトープ管理士の取得をめざします。

閉じる

アドミッションポリシー

本学部が入学者に求める人物像

大学ホームページをご覧ください。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】愛知県知多郡美浜町奥田会下前35-6
入学広報課
(0569)87-2212(直)
 【URL】https://www.n-fukushi.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

リストに追加しました

ページの先頭へ