ぶっきょう

佛教大学

私立大学 京都府

保健医療技術学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

理学療法学科(40名)
作業療法学科(40名)
看護学科(65名)

所在地

1~4年:京都

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●3学科の連携と少人数制を生かし人間性豊かな医療人を育成

【キャンパス】二条キャンパス
【学生数】627人(2017年5月1日現在)
【専任教員数】49人(2017年5月1日現在)

理学療法学科

講義・学問分野

理学療法学概論、スポーツ理学療法学、地域リハビリテーション論、神経筋障害理学療法学、運動療法学実習、義肢学、日常生活動作学、臨床評価実習 など

閉じる

作業療法学科

講義・学問分野

基礎作業学、感覚・運動系評価学演習、高次脳機能系評価学演習、地域作業治療学、コミュニティ計画論、老年期作業治療学、福祉用具論 など

閉じる

看護学科

講義・学問分野

入門ゼミ、ふれあい実習、国際看護学、仏教看護論、基礎看護学実習、小児看護学概論、在宅看護方法論 など

閉じる

学部の特色

3学科の連携と少人数制を生かし人間性豊かな医療人を育成

 

閉じる

学べること

運動器疾患に対する理学療法を学ぶ

理学療法学科

体験と実践を繰り返し臨床現場の即戦力をめざす

[Point1]経験豊富な教員による少人数教育
1学年40名定員の少人数制で、学生一人ひとりをきめ細かく指導します。豊富な臨床経験をもつ教員が講義から実習指導までを担当することにより、理学療法の専門技術だけでなく、保健医療に関わる幅広い知識を習得していきます。

[Point2]基礎から確実に身につける段階的学び
1年次には解剖学や生理学などの基礎医学を学び、それらの知識を2年次からの実習や演習で実践的に習得し、心身の状態を知る評価法なども学びます。さらに3年次には疾患別の理学療法を身につけ、4年次にはこれまで学んだ知識と技術を臨床現場で実践し、理学療法士に必要な力を段階的に身につけます。

[Point3]2年次から始まる臨床実習で着実にスキルアップ
専門的な理学療法の知識や技術を身につけるには、充実した臨床教育が不可欠です。
理学療法学科では、1年次に習得した知識をもって2年次に「臨床基礎実習」で病院などの施設を見学。「臨床評価実習」(3年次)と「総合臨床実習」(4年次)では、現場の理学療法士の指導のもと、より高度で専門的な技術を習得します。
実習は、チーム医療の一員としての役割に気づくとともに、幅広い年代の人と意思疎通を図るコミュニケーション能力を高める絶好の機会です。理学療法学科では実習前後の指導に力を入れ、一人ひとりの課題に対応。成長が実感できる有意義な臨床経験をサポートしています。

■第52回理学療法士国家試験合格率(2017年2月実施)
97.2%(全国新卒平均合格率96.3%)

閉じる

作業療法士の立場から障がいのある人の就労支援を考える

作業療法学科

患者さんの生活に寄り添うプロになる

[Point1]1年次から医療施設などで臨床実習
早期から作業療法士の仕事を理解し、将来像をイメージするために、1年次から臨床現場を体験できる実習科目を開講しています。1・2年次は見学を中心に、3年次は患者さんの状況を知る評価を経験。4年次は医療施設だけでなく、介護老人保健施設や訪問リハビリテーション、作業所など、病院以外の幅広い領域に対応できる実習を行っています。

[Point2]近畿圏を中心とした実習施設
実習先の約9割を近畿圏内に確保。学生の精神的・経済的負担を軽減するだけでなく、教員が実習中の学生をきめ細かくサポートできる体制を整えています。

[Point3]地域のニーズに応じた専門科目を強化
リハビリテーションの領域は病院だけでなく、保健福祉施設や在宅など、ニーズのすそ野が広がっています。
そこで、作業療法学科では社会復帰をめざす人への具体的な支援法などを学ぶ「地域作業治療学演習」をはじめ、日常生活援助や高次脳機能障害、メンタルケアといった、地域や福祉現場で求められる知識を学ぶ専門科目を強化しています。4年次の「総合臨床実習Ⅲ」では、介護老人保健施設や就労支援施設などで現場を体験し、地域における医療や福祉の役割について理解した人材を育成しています。

■第52回作業療法士国家試験合格率(2017年2月実施)
100%(全国新卒平均合格率90.5%)

閉じる

圧倒的な少人数教育で手厚くプロフェッショナルを育む

看護学科

確かな臨床・実践力を持った看護師をめざす

[Point1]徹底した少人数教育とダブルサポートシステムによるきめ細かい国家試験対策
「充実した国家試験合格対策」と、成熟した専門職者をめざす「キャリア教育支援」のダブルサポートシステムで4年間の学生生活を支えます。
〈国家試験合格対策〉「学習支援」と「国家試験対策」を組み合わせたサポート体制で全員合格をめざします。
〈キャリア教育支援〉ソーシャルスキルを身につけ、4年後の就職を見据えたキャリア支援を行います。

看護学科2年連続合格率100%を達成!
■第106回看護師国家試験合格率(2017年2月実施)
100%(全国新卒平均合格率94.3%)
■第103回保健師国家試験合格率(2017年2月実施)
100%(全国新卒平均合格率94.5%)

[Point2]習熟段階に応じた臨地実習
実践力を養うことを重視し、1年次から、病院などの施設で臨地実習を行います。数人のグループに教員1名がつくため、実習の中身も、より濃いものに。実習前のオリエンテーションと実習後のリフレクション(振り返り)で、体験した内容を身につけていきます。
3・4年次には、習熟段階に応じてさまざまな領域の看護を経験。そのなかから自らの課題や目標を見つけて実践力に磨きをかけます。

[Point3]保健師・養護教諭の資格・免許取得も可能
地域で健康相談や健康教育、施策づくりなどの指導を行う、保健師の国家試験受験資格も取得できます。保健師国家試験課程定員は最大15名で、希望者は2年生終了時に選抜試験を行います。また保健師受験資格取得者は所定科目を修得すれば、養護教諭(2種)の免許状の授与申請も可能です。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ