学校パンフ取り寄せで図書カードGET

ぶっきょう

佛教大学

私立大学 京都府

文学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

日本文学科(120名)
中国学科(50名)
英米学科(70名)

所在地

1~4年:京都

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●さまざまな“ことば”を体験しさまざまな文化を理解する

【キャンパス】紫野キャンパス
【学生数】1154人(2017年5月1日現在)
【専任教員数】32人(2017年5月1日現在)
【大学院】文学研究科

日本文学科

講義・学問分野

文献学、王城の文学、京都の文学、日本文学史、書道、漢文講読、日本語文法、日本文学情報処理実習、出版情報論 など

閉じる

中国学科

講義・学問分野

中国語表現法演習、中国文学の歴史、中国思想の歴史、異文化理解「中国」、中国語情報処理演習、日中比較文化研究 など

閉じる

英米学科

講義・学問分野

英語学概論、英米文学入門、英語コミュニケーション演習、英語文化演習、時事英語、英語情報処理、イギリス文学の歴史、アメリカ文学の歴史 など

閉じる

学部の特色

さまざまな“ことば”を体験しさまざまな文化を理解する

 

閉じる

学べること

京都を舞台にした文学作品を現地フィールドワークで読み解く

日本文学科

幅広い分野で生かせる専門知識を身につける

[Point1]本物に触れる教育で感性を磨き、多様な教員免許状もめざせる
版本や写本を読みこなす能力を養い、古典籍の実物に触れる実習科目、小説やエッセイといった近・現代文学を読み解く科目などを早い段階から履修し専門性を深めていきます。
また、志望すれば中学校・高校の国語および書道教員免許状の取得がめざせます。書道では経験・実績ともにトップレベルの教員が指導。理論を理解したうえで、篆・隷・楷・行・草・かな・漢字かな交じりについて、古典の臨書から創作まで学べます。流派にとらわれずに書道展に出品できるのも大きな特徴です。

[Point2]京都が舞台の名作を読み解くフィールドワーク
京都を舞台にした古典を読み解く「王城の文学」、近・現代の文学作品や詩などを取り上げる「京都の文学」など、多くの名作を生んできた京都ならではの授業を開講しています。
フィールドワークを実施する授業も多く、実際に名作の舞台を訪問し、当時の情景や作家の視点をイメージし、文学作品への理解を深めます。

[Point3]プロから学び進路を広げる正課科目「キャリアプログラム」
希望の進路に向けてキャリアアップを図ることを目的に開講する「キャリアプログラム」。現役シナリオライターや作家、編集者、中学校・高校の教員経験者などによる実践的な講義が特色です。卒業後の実務に直結する5つの系列のプログラムを用意しています。

閉じる

HSK(中国語検定)にチャレンジ

中国学科

徹底した語学教育で「使える中国語」を身につける

[Point1]進路を見据えて学べる2つのコース
1年次、2年次は中国語を中心に中国研究のベースとなる基礎科目を履修。3年次には、中国語の実践的な運用能力を磨く〈中国語コミュニケーション系〉、もしくは古典文学や現代文学、哲学思想を重点的に学ぶ〈中国文学・思想系〉のコース科目を選択します。
〈中国語コミュニケーション系〉
ネイティブ教員をはじめ、経験豊富な教員が、中国語力の向上をサポートします。
〈中国文学・思想系〉
杜甫の詩といった古典から近現代の文学まで、中国の昔と今を文献から学びます。

[Point2]留学時、学費不要の「中国語現地研修」
2年次の秋と3年次の春に、正課科目として「中国語現地研修A」「中国語現地研修B」(それぞれ半年間)を設けています。
留学先は、敷地面積・学生数ともに中国有数の規模で知られる国立の吉林大学。留学中に修得した単位は佛教大学の卒業単位として算入するため、通算1年間の長期留学をした場合でも、4年間で卒業することができます。さらに佛教大学に納入した学費を充当するため、吉林大学での学費は不要。経済的負担をできるだけ軽くして、中国語に磨きをかけたい学生にとって最善の機会となっています。

[Point3]現代社会の諸問題も扱う実践的な学び
〈中国文学・思想系〉では、古代~近現代の中国を正しく理解するための文学や思想が学べます。近現代の中国をさまざまな角度から考察する「中国現代演習」は、波乱に富んだ20世紀初頭からの歴史と当時の民衆の思いを知ることで、アジアの歴史と日中両国間の関係性を再認識します。また「中国古典演習」では、杜甫や李白などの詩や散文、『三国志演義』『水滸伝』などの古典小説を学習。文学を通じて中国理解を深めます。

[Point4]HSK対策授業で中国語運用能力アップ
2年次から、中国政府公認の中国語検定HSK合格をめざす「HSK演習」を開講。HSK模擬試験問題を用いた授業により、これまでに多くの学生が、4級以上(1年間の語学留学で到達できる良好なレベル)の認定を受けています。

閉じる

英語力を高め、多様な価値観に出会う

英米学科

グローバル社会に通用する高度な英語力を獲得する

[Point1]2つのコース科目から専門科目を自由に選択。少人数で英語力を高める
〈英語コミュニケーション系〉
ネイティブ教員が英語で授業を行う『Advanced Seminar』や、TOEIC、英検の試験対策講座も実施しています。
〈英語文化系〉
文学や芸術作品、音楽などを取り上げる「英語文化研究」など、広い領域をカバーする科目群で英米の文化を探求します。

[Point2]英語の活用能力と国際感覚を磨く単位互換の留学プログラム
オーストラリアのディーキン大学で語学力を磨く留学プログラム。約半年間、全日程ホームステイで実施。留学中に取得した単位は卒業単位として認定するため、4年間で卒業が可能です。

[Point3]TOEICスコアアップにも役立つネイティブ教員による科目も配置
「読み・書き・聴き・話す」4領域にわたる語学科目、コミュニケーション能力を養う科目、英語圏の文化について理解する科目などをバランスよく配置。強化したい分野、興味のある分野に焦点を当てて学べます。
「英語で授業」を基本とするネイティブ教員による「Advanced Seminar」などで、さらに英語力が高められます。習熟度のクラスで、英語でのディスカッションやプレゼンテーションを通し「使える英語」を修得。TOEICなどのスコアアップをめざす人、英語力をより高めたい帰国生徒にも最適です。

[Point4]小学校で英語教育が本格化「免許併修」制度で小学校教員の道も
1年次から発展科目の「英語教育入門」など、中学校・高等学校の英語科教員養成のための科目を開講。指導法を体系的に学び、英語教育における実践力を養います。
「免許併修」制度を利用すれば、小学校教員免許状の取得も可能で、毎年、小学校教員採用試験の現役合格者を出しています。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ