学校パンフ取り寄せで図書カードGET

ももやまがくいん

桃山学院大学

私立大学 大阪府

国際教養学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

英語・国際文化学科(275名)

所在地

1~4年:大阪

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●「英語力」を鍛え、世界の多様な文化を理解し、グローバルに活躍できる
●国際教養学部生向けの「特待生留学制度」
●英語に加え、「スペイン語」「イタリア語」など8つの言語から選択して第2外国語を学ぶ

〈英語・国際文化学科〉
「使える英語力」を徹底的に強化。世界の多様な文化を学び、グローバルに活躍する人材を育成します。

【学生数】1198人(2018年5月1日現在)
【専任教員数】27人(2018年5月1日現在)
【大学院】文学研究科

英語・国際文化学科

講義・学問分野

上級英語、中級英語、英語留学準備講座、応用言語学研究、異文化間コミュニケーション論、ヨーロッパ文化研究、アジア文化研究、日本文化研究、メディアリテラシー論、マルチメディア文化実習など

閉じる

学部の特色

さまざまな国の学生が集い、ともに学ぶ

「英語力」を鍛え、世界の多様な文化を理解し、グローバルに活躍できる

教室での授業に加え、eラーニングでTOEICの実問形式の問題を、自分のレベルに合わせて学習。英語力が身に付くのはもちろん、そのままTOEICの対策にもなります。また、「児童英語」「観光英語」「ビジネス英語」など、生きた英語を学ぶための授業や、上級者向けの「上級英語」などのほか、英語で行われる講義が20あります。

閉じる

国際教養学部生向けの「特待生留学制度」

4言語圏(英語・中国語・韓国語・イタリア語)の協定校に春または秋学期間留学し、語学を集中的に学ぶ制度です。奨学金として15万円が支給され、単位認定もあるので4年間で卒業が可能。留学中は教員やスタッフがメールなどで相談に応じます。早くから語学力を鍛え、3・4年次に長期派遣留学に参加できるレベルの語学力を養成します。

閉じる

英語に加え、「スペイン語」「イタリア語」など8つの言語から選択して第2外国語を学ぶ

英語に加え、「スペイン語」「イタリア語」「フランス語」「ドイツ語」「ロシア語」「韓国語」「中国語」「インドネシア語」の8つの言語から選択して第2外国語を学びます。地域の文化や歴史とも関連付けて学べます。また、学内で留学生とともに学び、将来は海外で日本語や文化を教える「日本語教員資格」、動画サイトなどを含む世界のさまざまなメディアを読み解き、自分でも映像を制作・発信できる力など、将来グローバルに活躍するために、英語力「+α」の力を身に付けます。

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

学べること

英語・国際文化学科

「語学」と「文化」の両面から世界を学べる

2年次から、2つのコース※に分かれて専門性を深めます。

◆英語コミュニケーションコース
国際共通語としての英語を駆使し、世界の人々とコミュニケーションできるグローバルな人材の育成をめざします。そのために正確で高度な英語の実践的運用能力を養うとともに、英語という言語の解明を通して、人間のコミュニケーション能力の本質を探究します。

◆国際文化コース
アジア・ヨーロッパ・アメリカなど世界の文化について知識を深め、国際社会でグローバルに活躍できる人材、多文化共生に貢献し地域の文化を創生できる人材、メディアを読み解きメディアを通して自らを表現できる人材の育成をめざします。また、国際的な視点から日本文化を理解し、世界に発信していく力を培います。

※2019年度より、4コース編成から2コース編成に変更予定。

閉じる

アドミッションポリシー

〈英語・国際文化学科〉

本学科の教育目標は、グローバル化が進展する21世紀の世界において、幅広い教養をもち、氾濫する情報に流されることなく主体性をもって行動する「世界の市民」を養成することです。 この教育目標と各コースの教育内容をよく理解した上で、国際教養学部で学ぼうとする明確な意欲を持っていることが、入学者受け入れの基本的な条件となります。具体的には次のような人が入学することを求めています。

1.日本も含め世界諸地域の文化、歴史、社会などに関心を持ち、積極的に学んでいこうとする人
2.高い語学力と異文化コミュニケーション能力を身につけて、国内のみならず世界で活躍することを希望する人

そのために必要な基礎学力と学習態度・習慣を高等学校までの段階でしっかりと身につけていることも必要となります。

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ