北海学園大学/学部・学科|Benesse マナビジョン
学校パンフ取り寄せで図書カードGET

ほっかいがくえん

北海学園大学

私立大学 北海道

学部・学科

学べること

豊かな教養を培うための「幅広い学び」を提供

本学のカリキュラムは、各学部の「専門科目」と全学部対象の「一般教育科目」に分かれています。一般教育科目を学ぶということは、大学で学んでいくための基盤となる技能や教養を身に付け、また、専門科目と関連付けながら学習することにより、専門分野の知識体系の意味と自己の存在を理解する力を養うことになります。
一般教育科目は大きく「基盤科目」と「教養科目」に区分され、さらに「体験型科目」「留学生科目」も設置されています。
「基盤科目」は「言語」「身体」「情報」に分類され、全ての学修に通じる基礎的技能やリテラシーを身に付けることができます。
「教養科目」はより一般的・普遍的な教養の育成をめざす科目群で、「人文科学」「社会科学」「自然科学」「北海道学」に区分されています。さらに、人文科学は「自己」「文化」「歴史」、社会科学は「社会構造」「地域」、自然科学は「環境」「普遍性」というキーワードで科目を分類し、そのキーワードが区分における学習目標となっています。
これらの教養科目を通して、自分の専門の学修がどのような学問体系の中に位置付けられ、どのようなすそ野を持つ学問領域なのかを知ることができるでしょう。

閉じる

教員になるための多彩な学習機会を設置

本学には、各学部・大学院に教職課程が設けられています。各学部で中学校(国語、英語、数学、社会、理科)、高等学校(国語、英語、数学、地理歴史、公民、商業、工業、情報、理科)の一種免許状、および大学院で中学校(国語、英語、社会、数学)、高等学校(国語、英語、地理歴史、公民、数学、商業、工業)の専修免許状の取得が可能となっています。取得できる免許状の種類は、学部・大学院によって異なります。
1部同様、2部にも開かれているこの教職課程で免許状を取得後に、教員の道へと方向転換する社会人も少なくありません。
教員として教育界で活躍している卒業生の数は約1,000人以上。校長・教頭として指導的立場にある卒業生も多くいます。
教職課程を受講する場合、主に「教職に関する科目」と「教科に関する科目」を履修しなければなりません。また、正規のカリキュラムのほかに、教育実習とは別に実施している、高校でのインターンシップや札幌市内の小・中学校へ本学学生を派遣する「学生ボランティア」があります。また、教育実習を終えた4年生や教員になった卒業生からさまざまな経験を聞いたり、集団面接の練習をする教職準備研修会などを実施したり、多彩な学習機会を設定しています。

閉じる

スペシャリスト養成課程で学び、社会で活躍する

図書館学課程
1部・2部ともに全学部の学生が、2年次から学ぶことができます。この課程において司書に関する所定の科目と単位を修得すれば、卒業と同時に司書資格(修了証書)が与えられます。
図書館学は、全ての学問の集大成に相当するものであり、学生のうちに生涯を通して学ぶ方法論をこの図書館学課程で修得することは、資格取得に加えて大きな宝となるでしょう。
社会教育主事課程
社会教育主事は、都道府県および市町村の教育委員会事務局に必ず置かなければならない専門的教育職員(教育公務員特例法)です。
実際に社会教育主事となるには、自治体職員として、採用されなければなりません。自治体職員をめざす人にとっても、社会教育主事課程で学ぶことは有意義な資格であるといえます。卒業に必要な単位を修得し、所定の社会教育に関する科目の単位を修得すると、卒業時に「社会教育主事課程修了証書」が交付されます(1部の学生が対象)。
学芸員課程
学芸員とは、博物館や美術館、動物園、水族館、埋蔵文化財センター、科学センター、天文台、教育委員会などの社会教育機関において、さまざまな教育活動を行う研究者のことで、高度な専門的能力が要求されます。
卒業に必要な単位を修得し、同時に学芸員課程において所定の単位を修得すると、卒業と同時に学芸員の資格を取得できます(1部の学生が対象)。また、専門知識や実務経験を充実させるために、休日などを利用して、道内の博物館で実習を実施します。
日本語教員養成課程
近年、アジアを中心に活躍する日本語教師が増えています。本学卒業生の中にも、すでに海外で日本語教師として活躍している人が多くいます。「言語・日本語学」「言語教育とコミュニケーション」「言語と社会・文化」など、日本語学・日本語教育に隣接する分野を広く学びます。
日本語教師には国際理解とともに外国語コミュニケーションのための能力も求められるので、外国語や国際事情に関心があることが望ましいでしょう。

閉じる

学部・学科

パンフ・願書を取り寄せよう!

学部・学科情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ