とうほくがくいん

東北学院大学

私立大学 宮城県

経済学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

経済学科(400名)
共生社会経済学科(170名)

所在地

1~4年:宮城

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●幅広い教養と経済についての専門知識を身に付けることができる2学科(経済・共生社会経済)
●東北を中心に数多くの経済学部卒業生が社会で活躍
●e-ラーニング「manaba course」を活用

社会状況が目まぐるしく変化する中でも、経済学といった学問を通して冷静に将来を見通し、「自ら路(みち)を切り拓ける人材」を育成します。

【キャンパス】泉キャンパス[1~2年次]、土樋キャンパス[3~4年次]
【学生数】2,656名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】36名(2017年5月1日現在)
【大学院】経済学研究科/経済学専攻

経済学科

講義・学問分野

資本主義経済理論、経済政策論、国際経済学、ミクロ経済学、マクロ経済学、国際金融論、地方の財政、日本経済論、東北経済論 など

閉じる

共生社会経済学科

講義・学問分野

共生社会概論、多文化共生社会論、加齢経済論、格差社会論、福祉国家論、社会保障論、グローバル経済論、地方財政論 など

閉じる

学部の特色

冷静に将来を見通し、「自ら路(みち)を切り開ける人材」を育成

幅広い教養と経済についての専門知識を身に付けることができる2学科(経済・共生社会経済)

経済学部では、幅広い教養と経済についての専門的知識を身に付けることをめざしています。この目的の実現のために、経済学科および共生社会経済学科の教育課程は体系的に編成されています。

閉じる

東北を中心に数多くの経済学部卒業生が社会で活躍

経済学部は、長い歴史と伝統のもと、多くの優秀な人材を世に送り出してきました。とりわけ東北経済における卒業生の活躍、貢献は極めて大きなものがあります。 特に金融、サービス、小売業への就職が最も多く、その他、放送、自動車ディーラー、農協、通信、新聞、製薬、運輸、出版など、卒業生が活躍する分野は多岐にわたっています。就職活動の際には卒業生のネットワークが大きな力となります。

閉じる

e-ラーニング「manaba course」を活用

経済学部では、学習支援システム「manaba course」が導入されています。
manaba courseとは、インターネットであればパソコンやタブレット端末、スマートフォンからいつでも、どこからでもアクセスすることのできる学習支援システムです。
「ミクロ経済学入門」や「マクロ経済学入門」をはじめとして、多くの先生が授業でmanaba courseを使って資料の配布を行ったり、レポート課題や小テスト、復習用の練習問題を出題したりします。
manaba courseにアクセスして予習・復習をすればテスト勉強も安心、授業で学んだこともしっかりと身に付きます。

閉じる

学べること

身近な問題の多くは世界経済と密接に関わっている

経済学科

社会を読み解く思考力を身に付け、経済学の視点による最善の解決策を提示できる人材を育成

基礎から応用へ、スムーズに専門知識を習得
経済のグローバル化、複雑化が急速に進展する現代社会を読み解く上で、経済学を学ぶことの重要性はますます高まっています。本学科では、1・2年次は経済学の基礎を学び、3・4年次は理論から応用まで幅広く、ローカルおよびグローバルな視点から今日の経済を学ぶことができます。

少人数のゼミを通して社会で必要とされる力を高める
演習(ゼミ)科目を全学年に設置し、4年間一貫の「対話型少人数教育」を展開しています。4年間を通じた教員や学生同士の距離感のない交流は、人間的な成長を後押しするとともに、プレゼンテーション力や状況把握力など、社会で必要とされる力を大いに高めることができます。4年次では、それまでのゼミ活動の集大成として、卒業研究に取り組みます。

職業意識を喚起するキャリア形成支援科目
カリキュラムには、キャリア形成支援科目もしっかりと設けています。1年次の「キャリア形成と大学生活」で職業意識を喚起し、2年次以降では本学科の学生に人気の高い「公務員試験経済学講座」「ファイナンシャル・プランナー講座」「Business and Financial English」などのさまざまな講座によって一人ひとりのステップアップをサポートします。また、より多くの学生のやる気を引き出すため、これらの科目は2単位を限度に卒業単位として認定しています。

【授業・講義】
世界を知ることで日本が見える 倉田 洋ゼミ【国際経済学】

国際経済学は、国の間の物・人・お金の動きがなぜおこるか、経済にどんな影響が生じるかを考える学問で、世界中の経済活動が研究対象です。そんな大きな話、自分には関係ないと思っていませんか? 例えば、近くの工場がなくなった。倒産ではなく、安く作れる海外に工場を移転していて、その結果、日本の雇用者が減る…といったように、身近な問題が世界と密接に関わっている時代。広い視野で考えることで、経済の本質が見えてくるのです。
経済現象がなぜおこるのか、どんな影響が生じるかを考えるトレーニングを積めば、身の回りのできごとの背後にあるメカニズムを読み取り、ある程度先を見通せるようになります。このような思考スタイルを会得すれば、社会のあらゆる問題に応用が利きます。いわば、経済学 は“究極の実学”なのです。

閉じる

フィールドワークの一環として路上生活者への炊き出しを行う

共生社会経済学科

経済・社会の幅広い知識、フィールドワークでの体験を通して、問題発見・解決の力を養う

人々が安心して、生き生きと毎日を暮らせる社会のあり方を考える
日本は今後、人口減少および少子高齢化に拍車がかかると予測されています。同時に、労働力人口の減少や社会保障制度の維持など、すでにさまざまな面が懸念されています。変化する社会環境のなかで、私たちが安心して、生き生きと毎日を暮らすためにはどうしたらいいのでしょうか。まさにそれをテーマとするのが、共生社会経済学科です。本学科では「共感力」をキーワードに、共生社会の構築について考察を深めていきます。

フィールドワーク(体験学習)を取り入れたユニークな学び
小規模な学科の特徴を生かした密度の濃い教育スタイル、そして専門教育科目の2つの軸となる「経済系」と「共生社会系」を、入門科目から応用科目へとさまざまな視点から体系的に学習できるカリキュラムは、本学科の大きな特色です。さらに、現実に即した課題発見・解決の力を身に付けることをめざし、講義科目や演習の充実とともにフィールドワーク(体験学習)なども取り入れたユニークな学びも用意しています。

「共感力」を磨き、よりよい共生社会について考察
カリキュラムでは、多様な人々の存在について理解を深め、共感する力=「共感力」を磨き、よりよい共生社会について、より具体的に考察することをめざしています。経済系では、経済学の基礎から応用、さらに共生社会を考えるうえで重要な現代の経済についても学習します。また共生社会系では、格差やジェンダーの問題、民族問題など、社会で起きているさまざまな事柄についての理解や今後の政策のあり方などについて学びます。

【授業・講義】
経済学は「お金」だけではない 熊沢 由美ゼミ【社会保障論】

少子高齢化が急激に進む中、日本の社会保障は、いまどんな問題に直面しているのでしょうか。地域社会で生活している人たちが将来にわたって、安心して暮らしていくために支え合うしくみとは? 公正で公平な制度とは? これからの社会保障のありかたを、制度そのものだけでなく、制度を動かすしくみである経済学の面からも考えていきます。
ゼミでは、社会保障の基本を教室で学び、実社会に出て考察していきます。東北地方は少子高齢化の「先進地域」。ボランティア活動や聞き取り調査などで、実際に制度がどう機能しているのか、どんな課題があるのかを確認していきます。

閉じる

アドミッションポリシー

経済学部 各学科の求める学生像

東北学院大学では、「入学者受け入れの方針〔アドミッション・ポリシー〕」に基づき、各学科において「本学の求める学生像」を示しています。

経済学部 経済学科
1.十分な基礎学力を有し、物事を論理的に考え自分の意見を明確に主張することができる。
2.現代社会の動きに強い関心をもち、それについて深く調べたいと考えている。
3.社会とは何か、とくに経済とは何かという問題に対して、探求したいという強い意欲をもっている。
4.本学科の開講科目に強い関心をもち、学ぶ目的がはっきりしている。

経済学部 共生社会経済学科
1.十分な基礎学力を有し、本学科の教育内容とその特色をよく理解している。
2.本学科で学びたいという明確な意志をもち、それを自分の言葉で表現することができる。
3.ボランティア活動や国際交流など、人と人との共生に関連する活動に対して積極的に取り組もうとする意欲をもっている。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】●泉キャンパス(1・2年次)
仙台市泉区天神沢2-1-1
●土樋キャンパス(3・4年次)
仙台市青葉区土樋1-3-1
入試部入試課 (022)264-6455
 【URL】http://www.tohoku-gakuin.ac.jp/faculty/economics/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ