ていきょう

帝京大学

私立大学 東京都/栃木県/福岡県

教育学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

教育文化学科(100名)
初等教育学科/初等教育コース(160名)
初等教育学科/こども教育コース(70名)

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●実践・実習を重視した学びで広く人間と社会を学ぶ
●学生と教員が企画する地域貢献活動「TeikyoSキッズクラブ」
●高度教職実践者をめざす「教職大学院」

高い専門性と実践力を備えた教員・保育士をめざす学生のために、多様な授業科目を用意しています。また、日本語教育の教員養成課程も設置されています。

【キャンパス】八王子キャンパス
【学生数】1366(2017年5月1日現在)
【専任教員数】53(2017年5月1日現在)
【大学院】教職研究科(専門職学位課程)

教育文化学科

講義・学問分野

幼児の教育、教育心理学、教職論、国際社会と教育、教育評価

閉じる

初等教育学科/初等教育コース

講義・学問分野

生徒指導・進路指導論、レクリエーション指導、保育内容の指導法

閉じる

初等教育学科/こども教育コース

講義・学問分野

子どもの保健、社会福祉学、心身の発達と学習論、子育て支援論

閉じる

学部の特色

実践・実習を重視した学びで広く人間と社会を学ぶ

教員養成を中心に、教育と研究の視野を学校から社会、世界へと広げ、人間・教育・社会について幅広く学びます。学生一人ひとりの才能を開花させるため、1年次の早期から教育現場を体験するプログラムを展開。気づきを促す「環境」と自らの「努力」、学生同士の「切磋琢磨」を有機的に結び付ける実践的・臨床的な学びで、教員としての基礎を形成します。

また、今日の教育課題について関心を持ち、課題の発見・解決に自ら取り組むことを促す「現代教育課題系科目」を設置。既存の専門分野を基礎とする知識伝達型の教育や、単なる入門教育にとどまらず、専門分野の枠を越えた知識と、それを活用した思考などの知的技法の習得をめざします。

閉じる

学生と教員が企画する地域貢献活動「TeikyoSキッズクラブ」

TeikyoSキッズクラブとは、本学の教員と在学生が中心となり、本学の施設・設備を開放して行っている児童向けの教室です。八王子・多摩・日野市の児童を対象に、「理科」「器械運動」「水泳」「バスケットボール」などの各種講座を実施しており、特に教員をめざす学生にとっては、実践的指導を経験するよい機会になっています。

閉じる

高度教職実践者をめざす「教職大学院」

本教職大学院(専門職学位課程)は、理論と実践の融合を図り、的確な理論的究明能力と高い専門性、柔軟な実践力を有する教員の育成をめざしています。このために、多くの授業科目を研究者教員と実務家教員のペアで指導。また、学生のさまざまな関心や課題に応えられるよう、多様な授業科目を設定するほか、医学部などを有する総合大学の利点を生かし、医学をはじめ各種学問の成果と連携が図れる学習環境を用意しています。

閉じる

学べること

教育文化学科

子どもと触れ合う機会を創出し、理論を実践の場で生かす

教育文化学科は、主に中学校、高等学校の教員をめざす学生を対象にした学科です。中学校教諭一種免許状(英語、社会、保健体育)と、高等学校教諭一種免許状(英語、地理歴史、公民、保健体育)の取得をめざします。
教育学部共通の「現代教育課題系科目」で視野を広げるとともに、実習やボランティア等の臨床的・実践的な学びも重視します。

【授業・講義】
日本教育史

大学ではほぼすべての教室に土足で入れますが、高校までは昇降口で上履きに履き替えるのが一般的です。このような慣行があるのはなぜでしょうか。私たちがあたり前と見なしている「学校」「教育」に関する諸々の常識は、外国や過去から眺めると、決して普遍的とはいえません。この授業では歴史を切り口として、諸々の固定観念を相対化し、教育をみる目を養うことをめざします。

閉じる

初等教育学科/初等教育コース

高い専門性と実践力を備えた小学校や幼稚園教諭をめざす

主に小学校教諭をめざすコースです。教育学部への改組を機に、4年間にわたって系統的に実習を充実させるなど、体制を強化しました。これまで4年次で行っていた教育実習も、3年次からスタートします。これは、教育実習によって学生の意識や関心が大きく高まることを考慮したもので、実習後の指導および4年次の学習・研究をより充実させることを目的としています。
そのほか、幼稚園教諭一種免許状、特別支援学校教諭免許状、司書教諭の免許状も取得できます。

【授業・講義】
ライフデザイン演習

キャンパス内に帝京大学小学校があるという地の利を生かし、複数回の小学校参観を授業に取り入れています。秋期「ライフデザイン演習II」では授業分析に取り組みます。小学校の協力の下、学生は(1)授業分析の手法、(2)単元の学習目標などを事前に学習し、参観に臨みます。翌週の授業では、参観した学年ごとにグループで授業分析を行い、クラス発表をします。1年次から現場と協力した実践的な授業に取り組むことを通して、理論と実践を有機的に結びつける学習を行っています。

閉じる

初等教育学科/こども教育コース

多様化する幼児教育の諸問題に対応できる、幼稚園教諭・保育士をめざす

幼稚園教諭一種免許状、保育士資格の取得を中心に、多様化する幼児教育の諸問題に対応できる知識と能力の習得をめざします。幼保一元化や認定こども園など、幼児教育の新しい課題にも積極的に対応していきます。4年間をかけて学ぶことによって、心理学などの教育関連科目も含め、より専門性を高めることができるのも特徴です。
また、幼稚園教諭一種免許状、保育士資格の両方を取得できるほか、特別支援学校教諭、認定ベビーシッターの資格取得をめざすこともできます。

【授業・講義】
保育内容の指導法(環境I・II)

保育所や幼稚園では、身近な自然環境との関わりが幼児の発達を促す重要な要素であるとして栽培や飼育などの実践を行っています。しかし社会環境の変化から、保育者をめざす学生自身の自然体験の不足が懸念されています。このため授業では大学内の畑で季節の野菜を育てる農作業体験を取り入れています。土を耕し畝を起こし、種や苗から世話をして育てます。土や雑草や虫とも仲よしになります。収穫はそれまでの苦労が報われる瞬間です。

閉じる

アドミッションポリシー

教育諸科学の理論と教育実践との融合を図り、幅広く教育に携わる人材の育成を目指す

教育学部では、教育諸科学の理論と教育実践との融合を図り、広く豊かな教養と視野および専門的知識・技能を育成するとともに、現在、教育の現場から求められている「生きる力」をはぐくみ「生涯にわたり学び続けることのできる姿勢」を涵養するための教育研究活動を展開する中で、主として、中等教育に携わる人材、初等教育に携わる人材、幼稚園教諭と保育士の複数免許を所持し就学前教育に携わる人材、および生涯教育の場などにおいて幅広く教育にかかわる仕事に携わる人材の育成を目指します。入学者選抜に当たっては、広く人間、教育と社会に関心をもち、それらについて学ぶ意欲、生涯にわたり学び続ける姿勢、自ら目標を定め学び抜くたくましさをそなえ、教育や保育に熱意をもち、それらに携わる者として自ら律する倫理観と責任感を有する者、あるいはその可能性のある者を求めます。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】東京都八王子市大塚359
入試センター
【フリーダイヤル】0120-335933
【資料請求センター】0120-123361
 【URL】http://www.teikyo-u.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ