帝京大学/理工学部|Benesse マナビジョン
学校パンフ取り寄せで図書カードGET

ていきょう

帝京大学

私立大学 東京都/栃木県/福岡県

理工学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

機械・精密システム工学科(50名)
航空宇宙工学科/航空宇宙工学コース(学科計:45名)
航空宇宙工学科/ヘリパイロットコース(学科計:45名)
情報電子工学科(70名)
バイオサイエンス学科(100名)
情報科学科/通信教育課程(200名)

所在地

1~4年:栃木

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●最新の研究設備や実習施設が充実したキャンパス
●さまざまな専門性を持つ教員陣と技術職員によるサポート
●生命から航空宇宙まで、幅広い研究領域で専門性を高める

「物質」「エネルギー」「情報」「生命」など人類や社会に役立つことを目的として学びます。人文・社会科学を含めた工学一般に共通する基礎学理を理解・把握でき、幅広い視野と国際感覚を持った人材を育成します。
本学部の学生を対象とした本学独自奨学金(帝京大学入試出願前奨学金制度(地方創生給付奨学金)、ジュニアマイスター顕彰特別推薦奨学金制度)があります。詳しくは学費・奨学金をご覧ください。

【キャンパス】宇都宮キャンパス
【学生数】1272(2017年5月1日現在)
【専任教員数】56(2017年5月1日現在)
【大学院】理工学研究科/総合理工学専攻(修士・博士課程)、情報科学専攻〈通信教育課程〉(修士課程)

機械・精密システム工学科

講義・学問分野

機械力学、自動車工学、熱力学、ロボット工学、機械製図

閉じる

航空宇宙工学科/航空宇宙工学コース

講義・学問分野

航空宇宙工学、航空宇宙材料学、航空機構造学、航空エンジン

閉じる

航空宇宙工学科/ヘリパイロットコース

講義・学問分野

航空法規、航空無線、航空英語、操縦学総合演習、EMS(ドクターヘリ)演習

閉じる

情報電子工学科

講義・学問分野

情報基礎、プログラミング、幾何学、ウェブ技術、ネットワーク演習

閉じる

バイオサイエンス学科

講義・学問分野

基礎遺伝学、生化学、応用微生物学、細胞生物学、分子遺伝学

閉じる

情報科学科/通信教育課程

講義・学問分野

情報科学演習、オペレーティングシステム、コンピューターグラフィックス概論

閉じる

学部の特色

最新の研究設備や実習施設が充実したキャンパス

実験・実習を重視する本学は、超音速機、航空機の実機を設置した格納庫や、3D積層データからプラスチックなどを積層状に硬化させて立体を造形する3Dプリンターなど、最新の設備を充実させ、最先端の技術を肌で体験する「実学」を推進しています。

閉じる

さまざまな専門性を持つ教員陣と技術職員によるサポート

理工学部の各学科には、大学で専門的なテーマの研究に取り組んできた教員と企業で研究活動をしてきた教員がバランスよく配置されています。また、技術職員が13人在籍しており、学生の実験・実習の補助や卒業研究の支援などを行っています。

閉じる

生命から航空宇宙まで、幅広い研究領域で専門性を高める

理工学部の研究領域は幅広く、社会的ニーズの高い分野の先端技術を学べます。「物質」「機械」「情報」「生命」「航空宇宙」といった世界的に注目されている分野が対象です。

閉じる

学べること

機械・精密システム工学科

ものづくりへの興味や意欲を高めるため、機械工学を幅広く実践的に学ぶ

機械工学の広範囲な分野を学べます。ものづくりへの興味や意欲を高めるため、実践的に学べる環境を整備。少人数制の演習・実習を中心に無理なく実力をつけます。また、実際のロボット製作を通して動作原理や制御理論を学び、ロボット技術者としての専門性を高める「ロボット製作演習」などの科目も設定しています。

[オートモビル・テクノロジー・コース(ATC)]
国家試験二級自動車整備士の受験資格が得られる、国土交通大臣から認定を受けた東日本初の4年制大学コースです。工学と自動車整備の知識を併せ持つ開発エンジニアを養成します。

【授業・講義】
ロボット製作演習

本学科で学ぶ機械工学の科目は、すべてロボット技術に関連しますが、その中でも特に関連の深い科目が、他学科の科目も含めて「ロボットカリキュラム」として用意されています。さらに実際にロボットを組み立ててみたいという学生のために、「ロボット製作演習」も用意されており、ロボットを組み立て、動かしてみながら、その動作原理や制御理論を学ぶことができます。

閉じる

航空宇宙工学科/航空宇宙工学コース

航空宇宙分野への関わり方は無限。大空への憧憬を現実のものに

スカイスポーツから有人惑星探査まで、空の仕事に携わるために必要な航空宇宙工学の基礎を、実習や特別プロジェクトを通して学びます。また、カリキュラムは航空宇宙工学の基礎となる、製図、基礎工学実験、航空宇宙工学演習1、2および航空宇宙工学実験1、2を必修科目とし、基礎科目とともに実験・実習を重視しています。

【授業・講義】
航空宇宙工学実験

エッフェル風洞を用いた翼型の空力特性試験、ジェットエンジンの性能実験、先端航空宇宙材料の機能特性実験、燃焼工学実験、ヘリコプターの計測・飛行制御実験、有限要素法による主翼平面形解析、航空宇宙材料の強度特性試験、航空機構造体の設計と評価などの専門実験を3年次前期と後期の1年間しっかり学修します。

閉じる

航空宇宙工学科/ヘリパイロットコース

学士(工学)に加えて、ヘリコプターパイロット資格が取得できる日本初のコース

2年次修了までに全員、国家資格の自家用操縦士免許取得をめざし、3年次修了までに国家資格の事業用操縦士免許を取得し、プロのヘリパイロットをめざします。基礎科目は宇都宮キャンパスで学習し、操縦実習、操縦学演習は業務委託先の茨城県下妻市の(株)アルファーアビエィションで学習します。操縦訓練に使用するヘリコプターは、米国ロビンソン社のR22です。

【授業・講義】
自家用操縦実習

ヘリパイロットコース生を対象に、飛行実習を通してヘリコプターの基礎的技術を習得します。そのため、まずヘリコプターの3舵の使用要領およびホバリング技術を習得し、ある程度の操縦技術に到達した段階で、離着陸訓練を行い、単独で離着陸ができるように練習します。あわせてオートローテーションの緊急操作の概要を習得します。

閉じる

情報電子工学科

情報科学とエレクトロニクスを基本とし、人間の幸せのためのシステムについて総合的に学ぶ

ソフトウエアからハードウエアまで幅広く学び、情報システム実習とヒューマンエレクトロニクス実験によって、専門性の高い実用的な技術力を身に付けます。実習・実験では、手を動かしながら考えて、創作力・創造力を高めます。グループワークを通して、協調性、コミュニケーション力、課題解決力を鍛えます。

【授業・講義】
ヒューマンエレクトロニクス実験

コンピュータービジョンは、制御や組み込み分野への応用はもちろん、ロボット工学やAR(拡張現実)などでも要となる重要な技術です。ヒューマンエレクトロニクス実験3では、ステレオカメラと3D実習システムを用いて、3次元コンピュータービジョンに基づくロボット制御を行い、今後重要性の高まるコンピュータービジョンと3次元画像情報処理の基礎を学びます。

閉じる

バイオサイエンス学科

バイオサイエンスを基礎から学んで、世の中に役立つ能力を高める

生物学、化学および英語を重視し、バイオサイエンスに関連する充実した基礎実験と先端技術に関する学習を行います。

【授業・講義】
バイオテクノロジー入門

21世紀は病気の治療と予防、食糧不足や環境汚染の改善といった多くの難問を抱えています。これらを解決するための手段が、遺伝子工学をはじめとするバイオテクノロジーです。この技術は生物学的知識と工学的知識が融合してできたもの。講義では、バイオテクノロジー諸分野のトピックスをわかりやすく解説し、新入生を魅力的なバイオの世界へと誘います。

閉じる

情報科学科/通信教育課程

通学課程と同じ正規課程を通信教育で。自分のペースで学べるフレキシブルな学習システムで学ぶ

自分のペースに合わせて学習スケジュールを組み、学士(工学)の学位を取得し、所定の科目の単位修得により教員免許状「高等学校教諭一種免許(情報)」を取得することができます。学習方法は、テキスト授業、スクーリング授業と、自宅でインターネットを利用しeラーニング(WebCT)で学ぶメディア授業があります。

【授業・講義】
プログラミング

この科目は基本的なプログラムが作成できるようになることが到達目標です。このため、描画プログラムの作成など簡単なことから始めて、連接、判断、繰り返し処理といったプログラムの全体構造の理解や個々の技法に慣れ、プログラムに関する基本的なことを学びます。Java言語を対象として、基本的な知識の理解と、プログラム作成環境の構築、プログラム全体構造の理解、描画プログラムの作成などを通し、基本的なプログラムの作成ができるように学修します。

閉じる

アドミッションポリシー

現場につながる実学と最先端技術とを学び、建学の理念に沿った独創的技術者の育成を目指す

理工学部は、さまざまな問題が地球規模で複雑に絡み合った現代社会において、エンジニアは幅広い視野を持つことが不可欠な現状を踏まえ、幅広い基礎学問の修得の上に立ち、現場につながる実学と最先端技術とを学ぶ場を提供し建学の理念に沿った独創的技術者の育成を目指しています。

入学者選抜に当たっては、高等学校等で、志望する専門学科の種類に応じて数学、物理、化学、生物、情報学の理系科目のうちの少なくとも2~3科目の基礎学力があり、また、国語や英語等のコミュニケーション能力に必要な科目の基礎学力があることが求められます。

高等学校等における上記のような学修を通じて、次のような能力・資質を備えた入学者を求めています。
1.理工学に対して豊かな感性を持ち、いろいろチャレンジし、何事にも好奇心を持って注意深く観察できる。
2.理工学の関連分野の他の人や組織とよくコミュニケーションを取り合い、目的に対して積極的に実行する能力がある。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】栃木県宇都宮市豊郷台1-1
入試センター
【フリーダイヤル】0120-335933
【資料請求センター】0120-123361
 【URL】http://www.teikyo-u.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ