ていきょう

帝京大学

私立大学 東京都/栃木県/福岡県

外国語学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

外国語学科(300名)

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●実践的な言語教育により、真の国際人をめざす
●世界の言語が学べる6つのコースで、体系的に学習
●すべての言語コースで全員留学制度がスタート

英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、中国語、コリア語の6コースがあり、ひとつの言語を自分の専門として学ぶほかに、イタリア語、ロシア語を加えた8言語を自由に履修することができます。

【キャンパス】八王子キャンパス
【学生数】1163(2016年5月1日現在)
【専任教員数】35(2016年5月1日現在)
【大学院】外国語研究科(修士・博士課程)

外国語学科

講義・学問分野

世界の言語と文化、現代のポップカルチャー、TOEIC英語対策講座、実践通訳ガイド、国際交流論

閉じる

学部の特色

実践的な言語教育により、真の国際人をめざす

これからの外国語教育においては、語学力だけではなく、その背景にある世界各地の文化への幅広い理解が必須となります。このような知識と高い専門性を身に付けるために、2年次からセミナーをスタートさせ主体的に学びます。実践的な学びを通して、広く世界中の人びととコミュニケーションを図りながら仕事ができる人材の育成をめざしています。

閉じる

世界の言語が学べる6つのコースで、体系的に学習

英語コース・ドイツ語コース・フランス語コース・スペイン語コース・中国語コース・コリア語コースの6コースを設け、4年間を通して体系的に学びます。また、選択言語として英語・ドイツ語・フランス語・スペイン語・中国語・コリア語のほかに、イタリア語とロシア語を加えた8言語から自由に選択することができます。また、2017年度入学生より全ての言語コースにおいて全員留学制度を導入しました。詳細は大学公式サイトでご確認ください。

閉じる

学べること

外国語学科

実践的な言語教育によって、真の国際人をめざす

英語をはじめ、ドイツ語、フランス語、スペイン語、中国語、コリア語の中から、ひとつの言語を自分の専門として学びます。また選択外国語として6言語のほかにイタリア語とロシア語を加えた8言語を自由に履修することができます。言語の運用能力だけでなく、多角的な文化の研究も重視。単に外国語を話せるだけでは真の国際人とはいえないという考えから、言語の背景にある文化についても、その知識と理解を深めます。

【授業・講義】
プレセミナー/セミナー/卒業セミナー

3学年合同で学生が主体的に授業を計画し運営することで、グループワークの能力を鍛えます。発表やディベートが主ですが、テーマ選定からスケジュール管理まで、ゼミ長を中心に学生が話し合いで決めていきます。先輩が一歩一歩築きあげてきた組織と方法を継承発展させて後輩に伝えていくことを第一に考えています。また活動は必ず記録に留め、学年末に文集の形にまとめています。
(※上記は予定です。)

閉じる

アドミッションポリシー

外国語の習得を介して、現代の生み出す諸々の問題に対処できる人材の育成を目指す

外国語学部は、現代社会の不可欠な国際社会との接触を具体的な個別の外国語の習得を介して、現代の生み出す諸々の問題に対処できる人材の育成を目指しています。

自国語であれ、外国語であれ、言語習得は長い時間と忍耐心を要求するプロセスです。それを楽しめるためには、特別な心性を要求します。さらに異文化・異言語の世界は、好奇心も勇気も必要とする冒険的空間です。言語接触の場は、要するに人柄全体が問われる場であり、高等学校等において履修した国語・英語などの言語能力だけではなく、ある意味では体も体力も大きく物を言う場です。外国語学部の求める学生とは、そうした全体的な人間性を円満に備えた学生です。

高等学校等における上記のような学修を通じて、次のような能力・資質を備えた入学者を求めています。
1. 外国語習得が要求する忍耐力を有する。
2. 国という形であれ、書物という形であれ、未知なる世界に飛び込んで、楽しめる能力がある。
3. 人との接触を恐れず、人との接触を楽しめる能力がある。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】東京都八王子市大塚359
入試センター
【フリーダイヤル】0120-335933
【資料請求センター】0120-123361
 【URL】http://www.teikyo-u.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ