大学入試センター試験の最新情報をお届け!

とうきょうかせい

東京家政大学

私立大学 東京都/埼玉県
家政学部・人文学部は東京都、健康科学部・子ども学部は埼玉県

学部・学科

学べること

高い専門性と豊かな人間性を身に付ける“学び”と、社会とふれあう“経験の場”が充実

本学では、資格取得に直結した高い専門性を身に付けることを目的とする授業を数多く開講しています。さらに、全学共通教育科目を導入し、専門の知識と技能をさまざまな場面で生かしていく、職業人としての人間力育成に力を入れています。他学科の科目を履修できる制度や早稲田大学との単位互換制度もあり、自らのめざす方向性に沿った深い教養を身に付けることが可能です。また、学内のヒューマンライフ支援センターでは、授業だけでは得られない実践教育の場を学生に提供。ボランティアとして赤ちゃんやお母さんとふれあったり、調理実習の経験を生かして乳幼児のためのおやつを作るなど、体験学習を行う場が充実しています。

閉じる

資格取得に直結した授業で専門職に就くための実力を身に付ける

本学では、教員免許状をはじめとして、各学科ごとに専門職に就くための資格取得に力を入れています。専門科目の授業は少人数クラスで行われ、学生と教員の交流を活発にするために、研究室の隣に「学生指導室」を設置。就職や資格についても教員が相談に乗ります。演習や実習の比率も高く、学生たちが専門職につくための実力を身に付ける環境を整えています。
また、充実した試験対策講座などのバックアップにより、難関の国家試験の合格率も例年好調。2017年の管理栄養士国家試験の合格率は98.3%と全国平均合格率を大きく上回っています。また、社会福祉士や精神保健福祉士などの国家試験にも多数の合格者を出しています。

閉じる

新学部「健康科学部」で看護師・作業療法士・理学療法士をめざす

2014年4月、狭山キャンパスに新設された看護学部と子ども学部では、現在第1期生から4期生までの学生が学んでいます。少子高齢化が進む昨今、医療の現場では実践力のある質の高い看護師の育成が急務となっています。アレルギー疾患、発達障がいなど、特別な支援を必要とする子どもたちをケアするために、高い専門知識を持つ保育者の育成も求められています。
本学では、こうした社会の要請に応えるべく、2学部の学びを通して「生きる」をサポートするスペシャリストを養成。いのちの誕生から老いまで、人々の一生に寄り添う優秀な人材を育てます。
2018年4月には看護学部を健康科学部へ改組し、既存の看護学科に加えリハビリテーション学科を開設しました。リハビリテーション学科には作業療法学専攻と理学療法学専攻を設置し、それぞれ作業療法士、理学療法士の育成をめざします。

閉じる

学部・学科

パンフ・願書を取り寄せよう!

学部・学科情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ