学校パンフ取り寄せで図書カードGET

とうきょうりか

東京理科大学

私立大学 東京都/千葉県/北海道

理学部第一部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

数学科(120名)
物理学科(120名)
化学科(120名)
応用数学科(120名)
応用物理学科(120名)
応用化学科(120名)

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●真の実力を身に付けた学生のみを卒業させる「実力主義」の伝統
●基礎学問と応用理学がバランスよく配置された環境で自然現象の解明と探究を
●高度な専門知識を身に付けた人間性豊かな人材を育成

「科学技術立国」を支える力の源泉として多方面に極めて多くの人材を輩出しています。

【キャンパス】神楽坂キャンパス、葛飾キャンパス ※学科により異なる
【学生数】2851名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】139名(2017年5月1日現在)
【大学院】理学研究科(M/D)

数学科

講義・学問分野

代数学系、幾何学系、解析学系、確率論・統計学系、数学教育系

閉じる

物理学科

講義・学問分野

地球・宇宙系、原子核・素粒子系、物理教育・生物系、物質系(理論・実験)

閉じる

化学科

講義・学問分野

有機化学系、無機化学系、物理化学系、化学教育系

閉じる

応用数学科

講義・学問分野

統計科学系、計算数学系、情報数理系

閉じる

応用物理学科

講義・学問分野

量子物理系、数理・統計物理系、先端デバイス物理系

閉じる

応用化学科

講義・学問分野

有機化学系、無機化学系、物理化学系

閉じる

学部の特色

真の実力を身に付けた学生のみを卒業させる「実力主義」の伝統

本学部は、本学の前身である1881年に創設された「東京物理学講習所」以来の「理学の普及」と、「東京物理学校」以来の伝統である「実力主義」を求める厳格な教育の実践を教育・研究の基本理念としています。真の実力を身に付けた学生のみを卒業させる「実力主義」の伝統を堅持し、厳格な教育を実践します。

閉じる

基礎学問と応用理学がバランスよく配置された環境で自然現象の解明と探究を

理学とは、自然界に存在するさまざまな物質や現象の解明、探究をする学問です。今日では工学、情報科学、薬学、生命科学さらには社会科学などの諸分野へ応用され、それぞれの分野の発展を支えています。本学部では基礎学問だけではなく、応用理学をバランスよく学ぶことができます。

閉じる

高度な専門知識を身に付けた人間性豊かな人材を育成

現代社会が求める新しい「科学技術の創成」へ向けて、十分な基礎学力の上に高度な専門知識を身に付け、ますます発展・変動している社会情勢の中で活躍できる能力を習得します。専門的学力と問題解決能力に加え、人倫をわきまえた人間性豊かな確固とした信念と実力を備えた人材を育成しています。

閉じる

学べること

数学科

数学を本質から学び論理的思考を兼ね備えた人材をめざす

本学科は、伝統的に数多くの教員を社会に送り出してきており、教員育成に力を注いでいます。最近では、急成長を遂げるコンピュータ関連産業や情報産業のニーズに応じ、実業界において臨機応変に活躍できるように、その教育内容を充実させています。数学という学問は、最終的に実験によって理論を検証する物理や化学と異なり、自分の頭で理論を検証する必要があります。計算力があるだけでなく論理的思考が好きだという人には絶好の勉強の場になるはずです。

閉じる

物理学科

演習や実験を通して物理学を正確に理解する

物理学の研究対象は、宇宙、地球、生物、固体、原子分子、原子核、素粒子など、自然の各階層に及びます。本学科では、現代物理学の基礎となる科目を学習したうえで、現在発展している分野に関連して豊富に用意された選択科目の中から、個々の目標や興味に応じた科目を自由に履修することができます。1年次から、演習や実験にも力を入れているだけでなく、教員とのディスカッションを通して、物理学を正確に理解するためのきめ細かな指導が受けられます。

閉じる

化学科

化学を究めた研究者・教育者になり実社会で貢献する

1年次から専門科目を学びはじめ、学年を追うごとに高度な専門知識・技術を身に付けていきます。4年次には、理論と実際とを結びつける思考法と技術を学ぶ卒業研究、あるいは第一線の研究者の授業を受けて最新技術に触れられる化学総論いずれかを選ぶことができます。化学の中でも、専門分野の細分化とともに、学問分野の総合化・学際化・国際化が大きな流れとなる中、幅広い基礎学力と境界領域の基礎を習得した基礎研究者・教育者を養成します。

閉じる

応用数学科

情報技術を数理的・論理的思考力によって支える能力を養う

不確定な現象を解析・予測したり、大量の「データ」の中から本質的な情報を取り出して分析するために不可欠な手法の理論的基礎を与える「統計科学」、自然科学や社会科学のさまざまな現象を理解するための計算理論に関して、数理的基礎から応用・実践まで扱う「計算数学」、理学的な立場で情報の本質を探求し、急速に発展する情報技術を数理的に支えるために必要な「情報数理」という3つの学問領域を柱としています。情報技術(IT)の進歩に対して、状況を的確に把握・分析して、自らの数理的・論理的思考力によって柔軟に対応できる力を身に付けた研究者、技術者、教員、公務員(国家公務員総合職)を輩出しています。

閉じる

応用物理学科

デバイスのイノベーションを起こす研究をする

豊かで持続可能な社会を実現するには、技術的な変革(イノベーション)が必要です。本学科は、物理学を応用することによって、物質や材料・デバイスのイノベーションを起こす研究と人材の育成を行っています。物理学を応用する方法として、次の3系統のアプローチで研究を行っています。
(1)物質のミクロな性質を根本的に探求する「量子物理系」
(2)数学的なモデル構築によって複雑な現象を解析する「数理・統計物理系」
(3)実際に新デバイス創成をめざす「先端デバイス系」

閉じる

応用化学科

化学を独立して研究していく能力を養う

本学科では、私たちの生活を豊かにする新物質を生み出すために、基礎化学の理解に立脚して、有機化学、無機化学、物理化学の3つの分野に分かれて研究を行っています。新物質の設計から合成、物質が機能を発現するメカニズムも解き明かしながら、基礎科学の理解を応用研究に発展させて、バイオ、医薬、環境、エネルギーなどの各分野で役立つ応用化学をめざしています。4年次は研究室に所属し、教員の個人指導のもとに大学院生と共同で卒業研究を行い、独立して研究をしていく能力を養います。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ