ほうせい

法政大学

私立大学 東京都

学部・学科

学べること

インターナショナルな学び

国際感覚と広い視野を海外での学びで身に付ける

本学では、学部独自の留学制度である「スタディ・アブロード(SA)・プログラム」と派遣留学制度を中心に、1年間に約1000人もの学生が海外での学びを実現。留学制度が充実した大学として認知を高めています。さらに、人間環境学部の現地で環境問題の見聞を深める海外フィールドスタディ、現代福祉学部の福祉先進国で行う海外研修制度など、学部カリキュラムに見合った研修も行っています。このように、国際感覚と広い視野を養い、外国語のスキルを効果的に高め、多面的に国際交流を実現することをめざし、さまざまな取り組みを行っています。

閉じる

多文化交流スペースGラウンジ

「グローバル人材育成プログラム」でグローバルリーダーへ成長

国際社会で活躍するために必要な語学力の強化、異文化理解、グローバル実践力の強化などを目的とした、多彩なプログラムを展開しています。具体的な取り組みとしては、多文化交流スペースとして設置されているGラウンジ(Global Lounge)、高度な英語力を養成するERP(英語強化プログラム)や、国際ボランティア・国際インターンシップなどがあり、1年次から徐々にスキルアップできる多彩なプログラムで、人間力豊かなグローバルリーダーを育成します。

閉じる

多様な学びによってワンランク上へと成長する

■公開科目
多くの学部で専門教育科目を他学部に公開し、卒業所要単位として認定する制度を設置。学部専門教育だけにとらわれない幅広い視野と柔軟な思考力を兼ね備えた人材の育成をめざしています。興味のあるテーマの関連分野を横断的にさまざまな角度から学習することで、専門分野の知識にも一層深みが増します。2016年度からは、「ビジネス&マネジメント」、「ビジネス&エコノミクス」、「国際関係」、「社会と文化」、「実践英語」の5つの領域により構成される「グローバル・オープン科目」もスタートしました。授業はすべて英語で行われ、多くの科目が少人数で開講されます。1年次から履修できる科目もあり、一定の領域について体系的に履修することで修了証が発行されます。

■アクティブ・ラーニング
各学部・学科で多数の科目を設け、教員が一方的に知識を教える“講義型”ではなく、学生が主体的に考えて行動する“参加型”の「アクティブ・ラーニング」を積極的に推進しています。プロジェクト系科目、フィールドワーク系科目、実習系科目、インターンシップなど、学生自らが答えを探す「能動的学習」で、さらにステップアップを図ります。

閉じる

学部・学科

パンフ・願書を取り寄せよう!

学部・学科情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ