学校パンフ取り寄せで図書カードGET

ちゅうぶ

中部大学

私立大学 愛知県

生命健康科学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

生命医科学科(60名)
保健看護学科(100名)
理学療法学科(40名)
作業療法学科(40名)
臨床工学科(40名)
スポーツ保健医療学科(80名)

所在地

1~4年:愛知

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●教育のベースは基礎医学と生命科学
●臨床の現場で活躍できる専門家を育成
●充実の教育環境

基礎医学と生命科学技術をベースとして「健康」と「予防」に関する実践的な能力を身に付けます。臨床検査技師、看護師、保健師、養護教諭一種、理学療法士、作業療法士、臨床工学技士、救急救命士の資格(免許)取得をめざします。

【学生数】1,620人(2017年5月1日現在)
【専任教員数】90人(2017年5月1日現在)
【大学院】生命健康科学研究科/生命医科学専攻、看護学専攻、リハビリテーション学専攻

生命医科学科

講義・学問分野

基礎生物学、基礎化学、遺伝子操作論、ゲノム科学、高分子医化学、生体高次構築科学、放射線医学総論、臨床血液学、臨床生理学、生体高次情報科学、分子感染論、バイオメディカルマテリアル学、組織・病理学基礎実習、生体構築科学技術演習、生化学系基礎実習 ほか

閉じる

保健看護学科

講義・学問分野

看護学概論、看護過程演習、老年看護学、精神看護学、母性看護学、小児看護学、在宅看護論、疫学・保健統計学、看護過程実践臨地実習、成人慢性期看護学臨地実習、成人急性期看護学臨地実習 ほか

閉じる

理学療法学科

講義・学問分野

臨床解剖学、臨床解剖学実習、運動学、人間発達学、理学療法入門、精神障害リハビリテーション、医療英語、運動器構造計測学、予防栄養学、外科学、一般臨床医学、臨床神経学、リハビリテーション医学、スポーツ外傷系治療学、老年期障害理学療法学 ほか

閉じる

作業療法学科

講義・学問分野

臨床解剖学、臨床解剖学実習、運動学、人間発達学、運動障害評価学、精神障害評価学、運動障害作業療法学、日常生活活動評価学、地域リハビリテーション学、地域作業療法学、ハンドセラピー学、中枢神経障害治療学、中枢神経障害作業療法学 ほか

閉じる

臨床工学科

講義・学問分野

基礎医学実習、臨床生理学、臨床微生物学、内科学、内分泌・腎臓内科学、臨床検査総論、電気工学、システム工学、情報処理工学、バイオメディカルマテリアル、医用機器学概論、医療情報経済学、環境・医療行政論、人工心肺装置学、人工心肺装置学実習 ほか

閉じる

スポーツ保健医療学科

講義・学問分野

生涯スポーツ論、スポーツ科学概論、運動生理学、健康運動トレーニング論、健康運動コーチング論、内科学、精神医学、整形外科学、臨床検査総論、救急医学、スポーツ医学、保健心理学、健康栄養医学、ライフサイクル保健論、保健医療教育論、健康運動実習、フィットネス実習 ほか

閉じる

学部の特色

チーム医療に貢献できる専門性を備えた人材を育成

教育のベースは基礎医学と生命科学

人々の生命と健康を守ることのできる人材を育成する6学科を設置。いずれの学科も生命科学の基礎を修得したうえで、それぞれの専門性を深めます。本学部には医療系専門職養成の4学科と2コースがあり、チーム制を高めた医療人育成に努めています。各専門領域における知識と技術を学びながら、国家資格取得をめざします。

<高い国家試験合格率>
●生命医科学科
 臨床検査技師 合格率87.0%(受験者161名、合格者140名)
※2010〜2017年実績
●保健看護学科
 看護師 合格率95.2%(受験者851名、合格者810名)
※2010〜2017年実績
●理学療法学科
 理学療法士 合格率94.0%(受験者166名、合格者156名)
※2014〜2017年実績
●作業療法学科
 作業療法士 合格率88.3%(受験者120名、合格者106名)
※2014〜2017年実績
●臨床工学科
 臨床工学技士 合格率89.4%(受験者160名、合格者143名)
※2014〜2017年実績
●スポーツ保健医療学科
 救急救命士 合格率98.4%(受験者64名、合格63名)
※2015〜2017年実績

閉じる

健康・医療に関わるさまざまな専門家と連携できる人材を育成

臨床の現場で活躍できる専門家を育成

本学部は、分野を超えて連携させて学ぶことが21世紀型の健康・医療問題の解決につながると考え、従来の枠組みを超えた6学科で学部を構成しています。基礎保健医科学や運動器構造計測学、臨床生理学など“医学の基礎”とともに、“生命科学の基礎”を学部共通科目として設置。これらの学びにより、生命と健康に対する的確な問題意識を持ち、健康・医療に関わるさまざまな専門家と連携できる人材を育成します。
「生命医科学科」では予防健康管理の専門家を、「保健看護学科」では自律的な看護ができる人材を、「理学療法学科」では予防に強い医療人を、「作業療法学科」では障がい者を支援できる人材を、「臨床工学科」では医用技術や医療機器の開発に貢献できる人材を、そして「スポーツ保健医療学科」では現代病の予防と健康増進に貢献できる専門家を育成します。6学科が連携して「チーム医療」にも対応します。

閉じる

最新機器を配備した実験・実習施設

充実の教育環境

○最新機器を配備した実験・実習施設
病室やナース・ステーションを再現した基礎・成人看護実習室、生命医科学領域の解析方法や技術を学ぶさまざまな実験設備・機器、ラジオアイソトープを使った実験を行うRI実験室を整えています。また、組み換えDNA実験もできる実験動物教育研究センターや、最新理学療法機器、作業療法機器と臨床工学機器を備えた実験室も完備しています。
○セルフトレーニングラボ
ICU(集中治療室)や手術室などをシミュレートした実習室があり、各室の天井には広角ビデオカメラを装備。自分の動作を撮影して後から検証するなど、実際の看護活動を想定したトレーニングができます。また、NICU(新生児集中治療室)や小児病室を再現した実習室もあります。

閉じる

学べること

実習を行う「臨床検査実習室」

生命医科学科

予防・健康を推進できる専門家を育成

「医学の基礎」と「バイオなどの科学技術」を生かした新しい医学の学びを展開。生命機能や病気のメカニズムを解明し、病気の予防に加えて診断や治療、リハビリテーションに利用される薬物や機材などを開発できる専門家を育成します。高校の保健科教員や臨床検査技師などの資格取得に対応したカリキュラムも編成しています。

【授業・講義】
人体情報を実習で具体的に理解する「人体情報学実習」

教員の指導のもと、「シミュレーション器具を用いた採血」「自身の尿検」「心電計などの診療機器を用いた循環器検査」などを行います。心(肺)停止患者に対する処置も学びます。

閉じる

看護の現場で実践的に学ぶ

保健看護学科

医学とバイオの基礎も学習、次代を担う看護師と保健師を養成

次代の「看護師」と「保健師」を養成します。看護の基礎的理論と並行して、医学とバイオの基礎を学習。これにより医師や他の医療専門職と連携して行える看護が可能になるほか、科学的根拠に基づいた判断力も身に付きます。急性疾患を対象とするキュア(cure)型の高度先進医療と慢性疾患に対するケア(care)型の地域医療に対応しているのも特色です。

【授業・講義】
看護職に必要な知識と技術を実感する「ふれあい実習」

医療機関、福祉施設、学校施設などにおける看護活動を見学することにより、看護の機能や看護の約割を理解します。

閉じる

臨床現場で活躍できる専門家を育成

理学療法学科

豊富な知識を備え、幅広い分野で活躍する理学療法士を養成

さまざまな疾病や障害に関する豊富な知識を備え、幅広い分野で活躍できる「理学療法士」を養成します。メタボリック症候群など現代特有の疾患への対応や、高齢者の健康増進および疾病予防を実践できる力を身に付けます。さらに、急増するスポーツ障害に対応できる理学療法も学ぶほか、医用工学を学びます。

【授業・講義】
専門知識・技術とともに人間への理解を深める「理学療法評価学」

教室で学んだ知識を実践の場で役立てる学びを展開します。専門知識や技術とともに、人間が好きだという気持ちを育て、理学療法士としての資質を高めます。

閉じる

リハビリテーションにも関わる

作業療法学科

「身体」「精神」両者のリハビリテーションの専門家を育てる

作業療法全領域を経験豊富な教員陣が指導。障がいと生活環境を科学的に理解し、訓練方法や環境調整方法など多面的な支援を学びます。全ての年齢層の障がいと生活を理解し、適切に支援するための作業療法を学び、「身体」「精神」両者のリハビリテーションの専門家として活躍できる「作業療法士」をめざします。総合大学という恵まれた環境で、高度な専門性と幅広い知識を身に付けます。

【授業・講義】
手の外科領域のリハビリテーション「ハンドセラピー学」

作業療法士は患者さんの生活を支える医療専門職です。この講義では、手の外科領域であるリハビリテーションへの理解を深め、作業療法士としての可能性を広げます。

閉じる

高度な医用工学機器を扱うための基礎を修得

臨床工学科

工学部と連携し、医学分野におけるエンジニアを養成

本学工学部と連携し、先端的な医療機器に対応できるエンジニア「臨床工学技士」を養成。人工透析室、手術室、 ICUでの機器操作など、臨床工学技士の主要業務には、臨床経験の豊富な教員が指導にあたり、現場で求められる知識と技術を修得できます。4年次に行う医療現場での実践を通して、知識と技術の統合を図ります。

【授業・講義】
医療機器の動作原理を理解する「電子工学I」

臨床工学技士として理解しておくべき電子工学の基本的な事項をしっかり学習。実務で応用できる知識と技術の修得をめざします。

閉じる

健康スポーツの専門指導者を養成

スポーツ保健医療学科

健康スポーツの専門指導者を育成し、「救急救命士」の国家試験全員合格をめざす

効果的な健康運動プログラムの作成に不可欠な医学知識を修得します。実際にスポーツを行う機会も豊富。さまざまな健康運動を学び、各団体・連盟が認定する資格を取得できる実践力を育成します。また、救急車に乗務し、疾病者への救急救命措置と的確な病院搬送を担う「救急救命士」の国家資格取得も可能。全員受験・全員合格をめざします。

【授業・講義】
運動時の身体の現象のしくみを理解する「スポーツ医学」

「医科学」の基礎知識をベースに、習慣的あるいは急激な運動によって起こる生理機能・形態の変化について、そのしくみや調節機構を学びます。運動に伴う身体変化についても学び、運動トレーニングの方法やその効果について解説します。

閉じる

アドミッションポリシー

学部の求める人物像

求める人間像 1
(1)本学の建学の精神および基本理念を理解し、主体性を持って多様な人間と協働し、学び続ける意欲がある。
求める人間像 2 (知識・技能)
(2)高等学校の教育内容を幅広く学修している。
(3)ひとの健康を維持・促進する医療・疾病予防・介護福祉などに関わる領域を学ぶために必要な基礎的な学力を有し、知識の応用力・論理的思考力などを身に付けている。
求める人間像 3 (思考力・判断力・表現力)
(4)基礎学力を応用する力やものごとを論理的に思考する力を有している。
(5)自分の考えを伝えるための表現力・コミュニケーション力を有している。
求める人間像 4 (主体性・多様性・協働性)
(6)ひとの健康を維持・促進する医療・疾病予防・介護福祉などに強い関心と高い学習意欲をもち、生命健康領域を通して社会に貢献する意欲がある。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】愛知県春日井市松本町1200
入学センター
(0568)51-5541
【フリーダイヤル】0120-873941(ハナサクヨイ)
 【URL】http://www3.chubu.ac.jp/life_health/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ