中部大学/応用生物学部|Benesse マナビジョン
学校パンフ取り寄せで図書カードGET

ちゅうぶ

中部大学

私立大学 愛知県

応用生物学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

応用生物化学科(110名)
環境生物科学科(110名)
食品栄養科学科/食品栄養科学専攻(60名)
食品栄養科学科/管理栄養科学専攻(80名)

所在地

1~4年:愛知

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●バイオの学習を核に生命・環境・食の専門家を育成
●最新設備で実験・実習を強化
●充実の教育環境

本学部では、農学・医学・薬学・工学といった従来の学問的な枠組みを超えて、時代のキーワード「バイオ」を学びます。バイオ研究のスペシャリストを教授に迎え、より専門性の高い知識と技術を身に付けたバイオ分野のエキスパートを育成します。

【学生数】1,539人(2017年5月1日現在)
【専任教員数】59人(2017年5月1日現在)
【大学院】応用生物学研究科/応用生物学専攻

応用生物化学科

講義・学問分野

バイオの世界、環境問題入門、微生物遺伝学、天然物化学、分子生理学、バイオ産業リスク予防学、理論生物学、食品化学、放射線安全管理学、環境化学、食品分析学、遺伝子工学、プログラミング、動物細胞工学、応用タンパク質科学、生体高分子学、バイオインフォマティクス ほか

閉じる

環境生物科学科

講義・学問分野

植物生理学、生態学概論、環境動物学、地球環境学、環境化学、動物生理学、放射線安全管理学、食品化学、水質浄化論、植物資源論、環境分析学、応用園芸学、環境微生物学、環境生物科学セミナー、環境植物学実験、環境工学、バイオマス論、プログラミング ほか

閉じる

食品栄養科学科/食品栄養科学専攻

講義・学問分野

食糧資源論、食品化学、食品分析学、食品リスク予防学、放射線安全管理学、環境化学、動物生理学、栄養生化学、食品機能学、食品製造加工学、食品開発論、ケミカルバイオロジー、地球環境学、応用タンパク質科学、バイオマス論、応用園芸学 ほか

閉じる

食品栄養科学科/管理栄養科学専攻

講義・学問分野

形態機能学、生化学、基礎調理学実習、食品学総論、調理学、応用調理学実習、基礎栄養学、栄養情報処理演習、現代食育論、食品学各論、調理学実験、食品分析学実験、栄養教育論、給食経営管理論、海外研修、食品機能学、食品分析学、食品安全学実験 ほか

閉じる

学部の特色

時代のキーワード「バイオ」を学ぶ

バイオの学習を核に生命・環境・食の専門家を育成

本学部では、農学・医学・薬学・工学といった従来の学問的な枠組みを超えて、時代のキーワード「バイオ」を学びます。バイオ産業、環境ビジネス、食品産業の各分野で活躍できるエキスパートを育成し、バイオの知識を持つ管理栄養士を養成。21世紀の幅広い分野のバイオを担う人材の育成に取り組んでいます。現代のバイオの基礎分野から発展分野まで、バイオを総合的に学べるカリキュラムが充実しています。
まず自然科学の基礎をしっかりと修得。その後、分子生物学、細胞生物学といった科目を学び、現代バイオの基盤を身に付けたうえで、「生命・食・環境」を分野とする応用の領域に踏み込みます。

●バイオ研究の最前線に立つ教授陣
大学や研究機関、民間のシンクタンクで最新のバイオ研究に取り組んできた研究者が指導。優秀な研究者が今まで培ってきた知識と経験を教え、最先端のバイオ分野を支えるエキスパートを育てます。

閉じる

実験・実習を通して、社会が求める実践力を育成

最新設備で実験・実習を強化

社会が求める実践力を育成するために、本学部では実験・実習が充実。1年次の「基礎生物学・基礎化学実験」などで基盤となる知識を修得し、2・3年次には学部共通の「有機化学」「微生物学」「食品化学基礎」などの実験を行います。3・4年次で各学科の専門分野に踏み込んだ「分子生物学」「環境植物学」「食品分析学」など特色のある実験を行います。実験室や研究室、屋外に設置された実験用温室や人工池などには、最新の機器・設備を導入しています。

●特徴的な施設・設備が充実
DNAシーケンサー、DNAチップ、質量分析計、走査型電子顕微鏡、蛍光顕微鏡、NMRなど特徴的な施設・設備を整えています。

閉じる

食品会社の開発研究施設にも劣らない、食品製造実習プラント

充実の教育環境

○食品プラント
全国でも類を見ない本格的な食品製造実習プラントを保有。ハムやソーセージ、チーズやヨーグルト、レトルト食品やパンなどの生産・加工を実際に行える設備だけでなく、加工時の物性の変化を分析・計測する機器も導入されており、食品会社の開発研究施設が、学内に誕生したと言っても過言ではありません。
○閉鎖系温室
「閉鎖系温室」という設備を保有。ここでは、研究のための遺伝子組み換え植物を育てています。現代のバイオテクノロジー・バイオサイエンス研究に欠かすことのできない遺伝子組み換え植物の実験設備が、完全に整っています。

閉じる

学べること

遺伝子操作の基礎を修得する

応用生物化学科

バイオ産業の第一線で活躍する人材を育成

動物、植物、微生物それぞれの生物機能を利用した技術を探究。現代生物学と化学の基礎にポイントを置いた学習の後、応用微生物学、天然物化学などの専門的な「バイオ技術」を修得します。

【授業・講義】
大腸菌とシロイヌナズナを用いて遺伝子操作を体験「分子生物学実験」

大腸菌の形質転換(DNAを外部から導入し、遺伝的性質を変える)を行い、遺伝子操作の基礎を学習。次いで、DNAの抽出と構造の解析を行い、大腸菌がDNAレベルで変化したことを理解します。また、シロイヌナズナを材料に、DNA多型解析の方法も学びます。

閉じる

水環境への理解を深め上質な環境創造に貢献

環境生物科学科

21世紀の環境創造に貢献する人材を育成

生態系における生物と環境の関係を深く考えながら「種」の違い、さらには「遺伝子」の違いまでを研究します。大気圏・水圏・土壌圏の全てが、研究フィールド。あらゆる環境に関わるバイオサイエンスとバイオテクノロジーなどを探究し、「環境創造」に貢献できる人材を育成します。

【授業・講義】
水資源の保全に関する理解を深める「水質浄化論」

現代文明を維持・発展させるには上質な水資源の保全が不可欠です。水質を決める指標や水質汚染に関する法規制、水質浄化技術などを学びます。

閉じる

食品を科学的に分析する

食品栄養科学科/食品栄養科学専攻

「食のエキスパート」をめざす

「食」を支える科学技術の基盤を徹底的に学ぶほか、最新の食品加工・製造を行うテストプラントを活用して多様な実験・実習を実施。食に関わる技術開発や新商品開発、生産技術や流通システムの開発など、安全でおいしく栄養価の高い食品を安定して提供する「食のエキスパート」を育成します。

【授業・講義】
「食品科学」の基礎知識を修得する「食品科学概論」

食品の安全な構成成分、おいしさに関わる要素、加工における成分変化、食事と健康の関わり、安全性の確保、関連法規や表示制度など幅広く学びます。

閉じる

管理栄養士に不可欠なスキルを修得

食品栄養科学科/管理栄養科学専攻

多様領域で活躍できる栄養士・管理栄養士を養成

フードサイエンスの視点から「食と健康」を理解し、保健・医療・福祉・教育など多様な領域で活躍できる、「バイオ」や「食」に強い栄養士・管理栄養士を養成します。科学的な根拠を培う実験科目も充実しています。
管理栄養科学専攻では、2016年3月卒業生の管理栄養士国家試験合格率は97.8%(受験者45名、合格者44名)を達成しています。

●管理栄養士国家試験 合格率97.2%(受験者144名、合格者140名)
※2014〜2017年実績

【授業・講義】
管理栄養士に必要な理論と技術を身に付ける「基礎調理学実習」

食素材の取り扱い方、下ごしらえの方法を含む調理操作の目的を正確に把握、衛生管理や環境への配慮をふまえ、目的に適合した調理ができるスキルを身に付けます。将来、管理栄養士として指導できる調理理論と技術を修得します。

閉じる

アドミッションポリシー

学部の求める人物像

求める人間像 1
(1)本学の建学の精神および基本理念を理解し、主体性を持って多様な人間と協働し、学び続ける意欲がある。
求める人間像 2 (知識・技能)
(2)高等学校の教育内容を幅広く学修している。
(3)バイオサイエンス・バイオテクノロジーや食や栄養の分野に関る領域を学ぶために必要な基礎的な学力を有し、知識の応用力・論理的思考力などを身に付けている。
求める人間像 3 (思考力・判断力・表現力)
(4)基礎学力を応用する力やものごとを論理的に思考する力を有している。
(5)自分の考えを伝えるための表現力・コミュニケーション力を有している。
求める人間像 4 (主体性・多様性・協働性)
(6)バイオサイエンス・バイオテクノロジーや食や栄養分野に強い関心と高い学習意欲をもち、バイオ・食品・栄養・健康に関る領域を通して社会に貢献する意欲がある。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】愛知県春日井市松本町1200
入学センター
(0568)51-5541
【フリーダイヤル】0120-873941(ハナサクヨイ)
 【URL】http://www3.chubu.ac.jp/biology/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ