大学入試センター試験の最新情報をお届け!

なごやがくいん

名古屋学院大学

私立大学 愛知県

法学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

法学科(165名)

所在地

1~4年:愛知

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●社会・経済・文化の発展に貢献できる視野の広い人材を育成
●生きた法学を学ぶ授業が魅力!
●4年間必修の少人数ゼミで段階的に能力アップ

現場体験や発表・討論を重視した教育を通じて法知識と思考力を養い、これらの能力を地方自治体などの公共分野や一般企業で役立てることのできる人材を育成。誰もが暮らしやすい社会づくりをめざす公務員、多様な関係者と円滑にビジネスを展開できる企業人を展望する法学部です。

【キャンパス】名古屋キャンパス
【学生数】686人(2017年5月1日現在)
【専任教員数】15人(2017年5月1日現在)

法学科

講義・学問分野

法学入門、市民生活と法、導入公法、導入民事法、導入刑事法、憲法、民法総則、民事訴訟法、会社法、刑法総論、国際法、労働法、法社会学、導入演習、専門発展演習 など

閉じる

学部の特色

現代社会の諸問題の法による解決をめざす

社会・経済・文化の発展に貢献できる視野の広い人材を育成

個人間の紛争・企業間の競争における法的問題がますます複雑化している現代社会において、諸問題を法によって解決、予防することをめざす法化社会が進展。法曹以外にも「専門的法知識」を修得し、「リーガル・マインド(法的思考力・法的判断力)」を身に付けた人材が強く求められています。「専門的法知識」と「リーガル・マインド」に加えて、豊かな教養と人間性、コミュニケーション能力とプレゼンテーション能力を兼ね備え、社会・経済・文化の発展に貢献できる視野の広い人材を育成します。

閉じる

リーガル・フィールドワークの様子

生きた法学を学ぶ授業が魅力!

1年次必修の導入科目では、法学基礎教育を土台にして法学を学ぶ意義とその方法を自覚的に追究。2年次以降の学びをスムーズに進める基礎づくりを行います。
入学直後から始まる必修科目「市民生活と法」では、有名な事件や紛争をテーマにしたリレー講義や裁判所などの見学を実施します。また、法律事務所や司法書士事務所、公共機関などで「リーガル・フィールドワーク」を開講。法律が社会で生きている姿を実感できます。

●公務員試験合格、資格取得をめざす人を力強く支援!
授業での基幹的法律科目の履修に加えて、学内の資格センターと連携した各種講座を開講します。中でも公務員試験合格をめざす学生を力強く支援。「公務員試験支援プログラム」も学内で実施しています。

閉じる

1クラス15名程度の少人数で学ぶ演習(ゼミナール)

4年間必修の少人数ゼミで段階的に能力アップ

通学に便利な名古屋キャンパスは、名駅・栄エリアにも近く、法学研究の生きた題材が豊富。1年次から4年次まで、1クラス15名程度の少人数でプレゼンテーションや討論を行いながら学ぶ演習(ゼミナール)を必修科目として開講します。物事を論理的に考える力や自分の言葉で相手を説得する能力などを養うことができます。

閉じる

学べること

時事問題を法学の視点で学ぶ

法学科

希望する進路に合わせて選べる3つの履修モデル

希望する進路に合わせて効果的な学習ができるよう3つの履修モデルを設置します。
○公務員をめざす「公共公益モデル」
国や地方自治体の各部門で公正・公平に活動できる人材を育成。国家公務員や地方公務員上級試験を視野に入れた教育を行います。
○民間企業をめざす「企業法務モデル」
法知識と法的思考力を企業活動に生かすことのできる人材を育成。民事法科目・商事法科目を中心に専門科目を学ぶとともに、経済学・経営学も学びます。
○法律学を生かす「資格・進学モデル」
法学部で学んだ専門知識を生かして活躍する人材を育成。資格試験や就職に必要な法律科目を学びます。

【授業・講義】
法学を学ぶ土台をつくる「市民生活と法」

「現代社会で起きた具体的な紛争・事件」をとりあげるリレー形式の講義です。解決のために法の果たしている役割や機能を、初めて法を学ぶ人にもわかりやすく解説するとともに、法の意義・概念を理解できるようにします。

閉じる

アドミッションポリシー

リーガル・マインド(法的思考力・法的判断力)を身に付ける

求める学生像

本学部は、単に法学の知識や技能の修得だけでなく、あらゆる職業のベースになる法学専門科目と、その修得に幅と深みを添える語学・教養科目を学びます。そして専門的法知識とリーガル・マインド(法的思考力・法的判断力)を身に付け、広く社会に貢献できる人材の育成をめざしています。このため、現代社会に生ずる複雑多様な諸問題について関心を持ち、法学の修得に取り組む意欲ある学生を求めています。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】名古屋市熱田区熱田西町1-25
(052)678-4088
 【URL】http://www.ngu.jp/faculty/university/law/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ