なごやがくいん

名古屋学院大学

私立大学 愛知県

スポーツ健康学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

スポーツ健康学科(120名)
こどもスポーツ教育学科(50名)

所在地

1~4年:愛知

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●スポーツを通して豊かな社会を創造する
●最新設備を使ってスポーツに取り組む
●地域の人々の健康づくりに協力しながら学ぶ

健康科学とスポーツ科学を基盤にしたカリキュラムで、教員養成、生涯スポーツ・健康運動・地域スポーツを学び、運動プログラムの実践指導などの能力を養います。実際に体を動かす機会も豊富です。

【キャンパス】瀬戸キャンパス
【学生数】696人(2017年5月1日現在)
【専任教員数】26人(2017年5月1日現在)

スポーツ健康学科

講義・学問分野

健康科学概論、スポーツ原理、スポーツ科学概論、スポーツ心理学、生理・解剖学、スポーツトレーニング論、コーチング学、スポーツ指導論、予防医学、体力トレーニング論、運動プログラム論、高齢者運動スポーツ論 など

閉じる

こどもスポーツ教育学科

講義・学問分野

こどもスポーツ教育論、発育発達とスポーツ、初等教育原理、こどもの運動遊び、こどもと健康、運動指導法、教育心理学 など

閉じる

学部の特色

スポーツ教育の振興をリードできる人材を育成

スポーツを通して豊かな社会を創造する

科学的視点に立って幅広く人間の健康とスポーツについて分析。座学だけにとどまらず、実技・実習を通して実践的に学びます。さらにスポーツを通して健康で幸福な社会を創造したいという思いを育て、地域スポーツの実践やスポーツ教育の振興をリードできる人材の育成をめざします。

●「幼・小・中・高」多様な教員免許状を取得可能
学科により、幼稚園・小学校の教員、中学校・高等学校の保健体育科教員の免許状を取得できるほか、保育士免許や健康運動指導士など各種資格取得を支援しています。

閉じる

体育館にトレーニングルームを設置

最新設備を使ってスポーツに取り組む

教員免許状の取得に必要な7種目(水泳・陸上・球技など)、健康運動実践指導者の資格取得に必要な4種目(アクアビクス・エアロビックダンスなど)を含むスポーツ実践科目を数多く開講。25メートル室内温水プールやテニスコート、ゴルフ練習場などの充実した施設を使って学びます。

閉じる

個々の運動能力などを体験的に理解する

地域の人々の健康づくりに協力しながら学ぶ

市民サービスの一環として、地域の方々を対象とする健康運動指導を定期的に実施しています。本学部の学生はアシスタントとして参加し、健康チェックや運動指導を実践。こうした活動を通して、運動能力や健康ニーズなどを体験的に理解します。

閉じる

学べること

人の動きの特徴や上達方法を研究

スポーツ健康学科

人々の健康のためにスポーツを役立てる

健康を維持するために行うスポーツにも、効果的で適切な指導が必要です。本学科では、スポーツ科学と健康科学に基づく広範な分野の知識や技術を学び、スポーツ実技を通して人々の健康維持を効果的にサポート・指導できる能力を養成します。健康関連企業、学校、福祉社会などの現場で、運動指導や保健指導ができるリーダーとしての活躍をめざします。

●スポーツと健康をめぐる多様な興味に応える
入学直後から基礎的な医学・健康科学・スポーツ科学を学び、人間の心身と運動の関係を理解します。そのうえで、科学的なトレーニングやエクササイズのメニュー作成、健康リスクのある人への指導、地域スポーツ振興やスポーツ経営など、幅広い興味に応える科目を開講しています。

【授業・講義】
運動技術の評価を行う「バイオメカニクス」

人の動きを力学的に分析・理解して運動技術の評価を行い、その動きの特徴や上達方法を学習します。運動学を含む力学の基礎理解と、実際の身体運動の分析・説明ができるようになることが、本講義の目標です。

閉じる

幼稚園教諭、小学校教諭をめざすためのカリキュラムを組んでいる

こどもスポーツ教育学科

子どもに適切な支援・指導を行うことのできるプロフェッショナルを育成

2015年4月新設。子どもの成長・発達やスポーツに関する専門知識を備え、幼少期からの一貫した運動・スポーツ教育を通して健康的な生活の構築に貢献する人材を育成します。

●子どものスポーツや健康に関する指導者や教員ををめざす
幼児・児童期から遊びやスポーツを導入し、身体活動を習慣づけることの大切さを理解するため、さまざまな学問領域を学際的に学びます。学びを生かし、健康関連企業での活躍や、小学校教諭・幼稚園教諭をめざします。また、保育士資格の取得もサポートします。

【授業・講義】
遊びを科学的に学ぶ「こどもの運動遊び」

運動遊びは幼児期において基本的な運動動作を獲得するうえで極めて有効であり、児童期においても体育やレクリエーションの中でも重要な要素です。授業では、科学的に実証された研究成果に基づくさまざまな運動遊びについて学習します。

閉じる

アドミッションポリシー

人々にスポーツや体を動かす楽しさを教える

求める学生像

スポーツ健康学科は、健康科学やスポーツ科学に関する広範な知見を学び、スポーツの実践力の向上への意欲はもとより、スポーツや体育の指導者に必要な知識、技術および能力の修得について強い関心を持つ学生を優先して迎え入れている。具体的には卒業後の進路として、中学や高校の保健体育教師、スポーツクラブ等の指導者、その他の職域あるいは地域において積極的にスポーツ活動の振興や健康行動獲得の推進に貢献する人物像を意識して欲しいと考えている。
こどもスポーツ教育学科は、スポーツや運動に興味を持つとともに、幼少期のこどもの教育や指導に関心を持ち、幼稚園、小学校あるいは企業や地域社会において、こどもの健全な発育発達に貢献することを望む学生を求めている。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】名古屋市熱田区熱田西町1-25
(052)678-4088
 【URL】http://www.ngu.jp/faculty/university/sports/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ