南山大学/経営学部|Benesse マナビジョン
学校パンフ取り寄せで図書カードGET

なんざん

南山大学

私立大学 愛知県

経営学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

経営学科(270名)

所在地

1~4年:愛知

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●広い視野を持ち、的確な判断ができる、実践的な知識を身につけた人材をめざす
●ビジネス英語の習得に重点を置いた学びを展開し、国際的に活躍できる人材を育成
●企業経営をわかりやすく理解するための「4つのコア科目群」を軸に幅広く学び、企業全体を把握する力を身につける

グローバル経済が進展する中で、M&Aやコーポレート・ガバナンス、国際会計基準など企業が取り組むべき課題は多くあります。経営学部では、変化の時代に対応できる的確な視点と即戦力たり得る実務能力を備えたビジネスパーソンを育てます。

【キャンパス】名古屋キャンパス
【学生数】1143人(2017年5月1日現在)
【専任教員数】26人(2017年5月1日現在)
【大学院】社会科学研究科(博士前期・後期課程)

経営学科

講義・学問分野

社会、会計、コミュニケーション など

閉じる

学部の特色

データ収集し、分析を行うゼミもある

広い視野を持ち、的確な判断ができる、実践的な知識を身につけた人材をめざす

本学部では、経営判断力を高めるために、「組織・労務」、「財務・ファイナンス」、「マーケティング・流通」、「会計」の4つのコア科目群を配置。現代経営学における最新の専門的知識を身につけるとともに、歴史的かつ社会的に広い視野から対象を認識し、判断する力を養います。また、国際社会に通用する人材の育成という目標を掲げており、現在のビジネス・パーソンにとって重要な鍵となるビジネス英語を英語強化プログラムとして強化しています。コア科目をもとに「ビジネス英語」、「英語ビジネス・ディスカッション」、「英語ビジネス論文作成法」など外国人教員が担当する講義で英語力を磨きます。

閉じる

英字刊行物を教材とし、金融論や経営学について学ぶ

ビジネス英語の習得に重点を置いた学びを展開し、国際的に活躍できる人材を育成

「ビジネス英語」「英語ビジネス・ディスカッション」「英語で学ぶ経営学」など、英語に焦点をあてて選択科目を履修することも可能です。これらの英語科目はネイティブスピーカーの教員が担当。国際的な活躍をめざして留学を希望する学生のサポートも積極的に行っています。また、簿記検定試験合格者の単位認定制度や「アドバンスト会計」の設置など、会計プロフェッションへのモチベーションを高めるための科目も設けています。

閉じる

産業界と共同で商品開発を行うゼミもある

企業経営をわかりやすく理解するための「4つのコア科目群」を軸に幅広く学び、企業全体を把握する力を身につける

本学科では、4つのコア科目群を中心に専門領域を学ぶとともに、広い視野からさまざまな社会現象を分析し、的確な経営判断ができる能力を育成。企業経営における実践的な知識を身に付け、グローバル化・ボーダーレス化・情報化したビジネス社会で活躍できる人材の育成をめざしています。
また、難関国家試験である公認会計士や税理士の資格取得を志す学生のために、現職の公認会計士のアドバイスが受けられる課外講座「会計士講座」を設置。教員や先輩からの指導、仲間同士の情報交換を行っています。

閉じる

学べること

ビジネス社会で対応できる知識や能力などを実践的に学ぶ

経営学科

ビジネス社会で対応できる知識と能力を養い、世界経済を担う人材を育成する

本学科はアメリカのビジネススクールをモデルとした、4つの主要なコア科目群に沿ったカリキュラムを構築しています。基本的なコア専門領域である(1)総論・組織論・労務論、(2)財務論・ファイナンス、(3)マーケティング・流通論、(4)会計学を重点的に学ぶと共に、「ビジネス英語」「簿記」「情報・解析」関連の充実した科目群により、実践的な技能も習得できます。
また、3・4年次で、少人数クラスの演習において個々の専門領域を確立し、研究を深めます。自ら問題点を発見し、情報を集め分析し、自分の考えを発表する過程の中で、社会人として大切な「人間力」を磨いていきます。

【授業・講義】
プレゼミ[2年次]

1 年次の「経営学総論」、「基礎演習」で経営学の基礎や考え方を学んだ後、3 年次で「経営学演習」、4 年次で「卒業研究」を履修し、各自の専門領域を確立するための準備として開講されています。

閉じる

アドミッションポリシー

本学部が求める学生像

●経営学領域の実践的な学習・研究の積み重ねを通じて、日本の将来を拓くビジネス・パーソンを目指す人
●産業界で活躍するために必要な高度専門技能の修得を通じて、ビジネス界で即戦力として活躍することを考えている人
●国家資格を取得し、税理士や公認会計士、国税専門官などのプロフェッションを目指す人

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】名古屋市昭和区山里町18
入試課
(052)832-3013(入試課直通)
 【URL】https://www.nanzan-u.ac.jp/admission/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ