なんざん

南山大学

私立大学 愛知県

経済学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

経済学科(275名)

所在地

1~4年:愛知

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●社会の問題を的確に予見し、解決策を導き出す
●体系的に経済学を深く探究し、経済・社会・人間の動きを予見し、判断する力を身につける
●少人数のゼミナールで主体的・体系的に学び、理論と実践力を修得

深刻化する環境問題や急速な情報化・国際化など、現代社会は絶え間なく変化し、明日を予測することさえ困難な状況にあります。経済学部では理論的な思考能力を発揮して社会に起こる問題を的確に予見し、解決策を導き出す能力を養います。

【キャンパス】名古屋キャンパス
【学生数】1240人(2017年5月1日現在)
【専任教員数】25人(2017年5月1日現在)
【大学院】社会科学研究科(博士前期課程・後期課程)

経済学科

講義・学問分野

財政、金融、国際、社会 など

閉じる

学部の特色

論理的に社会に起こる問題を予見

社会の問題を的確に予見し、解決策を導き出す

本学部は、「キリスト教世界観に基づく学校教育」という建学理念と、その理念に基づいた「人間の尊厳のために」という教育モットーにしたがって、1960年4月に設立されました。経済学の基礎的・専門的な知識と幅広い教養を身につけ、社会のさまざまな分野で活躍できる人材をめざします。国境を越えて展開する経済活動がますます重要となっている中で、「分析力・応用力」とともに、「国際性」に重点を置いています。

閉じる

経済データの分析、加工手法を学ぶ「データ処理入門」

体系的に経済学を深く探究し、経済・社会・人間の動きを予見し、判断する力を身につける

深刻化する環境問題や急速な情報化・国際化など、現代社会は絶え間なく変化しています。本学科では、経済の動きから社会や人間の動きを予見し、判断する力を身につけます。1年次は、経済のしくみや動きを分析するための経済学の基本理論、経済モデルやグラフを理解するための数学、コンピュータを利用したデータ処理法、統計指数の見方など、経済を理解するための基本になる講義を受講します。この知識をベースとして、2年次以降はより専門的な講義と演習によって、各自が興味のある分野を中心に学びを深めます。

閉じる

身近な問題を通して経済学的な考えを深める

少人数のゼミナールで主体的・体系的に学び、理論と実践力を修得

ゼミナール(演習)では、学生自らがテーマを設定し、データや文献を調べ発表、そして全員で議論。こうした学生主体の学習を通して、自ら考え、それを伝える力を身に付けます。各自が専門テーマを決め、教員の指導のもと、卒業論文として結実するよう深く学びます。この演習と体系的な講義の受講により、経済の見方やデータの扱い方などの実践的知識を修得できます。

閉じる

学べること

経済の幅広い知識を発展的に学ぶ

経済学科

身近な経済現象を出発点に、現代社会を経済学の視点から読み解く

1年次から4年次まで必修のゼミナール(経済演習)では、学生自らがテーマを設定。データや文献を調べて発表し、全員で議論を重ねながら、“自ら考え、伝える力”を養います。また、経済学の知識と現実社会との関わりを重視する本学部では、「少子高齢化」「雇用と労働」「財政赤字」「金融危機」といった社会問題と向き合い、“社会を見る眼”や課題解決に向けた“判断力と発想力”を育てます。
注目するテーマとコミュニケーション能力の両面から“国際性”を養い、環境問題、国際貿易・金融システム、アジアの発展と日本など、国際性と深く関わるテーマについて学ぶ一方、ビジネス英語、時事英語などの授業で実践的な英語能力の育成をめざします。

【授業・講義】
国際経済政策論[2〜4年次]

国際的な経済取引に関する各国政府の経済政策について、その制度・理論・現状を学びます。また、国際貿易や金融システムの歴史、FTA/EPA に代表される地域貿易協定、通貨統合といった話題についても扱います。

閉じる

アドミッションポリシー

本学部が求める学生像

●社会・経済に強い関心を有し、経済学部で学ぶ知識を用いて社会に貢献したいと考えている人、またそのための準備となる経験や技能を有する人
●自分の意見や知識を組み立て、伝えることのできる、論理的思考力と文章表現力を持つ人

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】名古屋市昭和区山里町18
入試課
(052)832-3013(入試課直通)
 【URL】https://www.nanzan-u.ac.jp/admission/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ