大学入試センター試験の最新情報をお届け!

おうてもんがくいん

追手門学院大学

私立大学 大阪府

経済学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

経済学科(400名)

所在地

1~4年:大阪

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●興味や進路に合わせて選択する5つのコースを設置
●社会人との交流により、現場で役立つ実践力を養う
●特別プログラム「OE50」や各種資格取得サポートで目標の業界へ

「公共経済」「金融経済」「環境経済」「消費経済」「生活経済」の5つのコースを設定。めざす将来に対応する経済学を学びます。

【学生数】1514人(2017年5月1日現在)
【専任教員数】25人(2017年5月1日現在)
【大学院】経営・経済研究科(博士前期・後期課程)/経営・経済専攻

経済学科

講義・学問分野

経済学、金融論、リスクと向き合う経済学、経済変動論、行動経済学、環境経済学、生活経済論、ビジネス・エコノミクス、男女共同参画社会論、アメリカ経済論 など

閉じる

学部の特色

実際に企業などを訪問し、ビジネスを学ぶことも

興味や進路に合わせて選択する5つのコースを設置

将来の職業に直結する5つのコース「公共経済」「金融経済」「環境経済」「消費経済」「「生活経済」に、専門性を高めるための4つのプログラム「ビジネスリーダー養成」「男女共同参画・女性応援」「関西経済活性化」「グローバルビジネス」を掛け合わせて学び、自分だけの20通りの選択肢があります。

閉じる

社会人との交流により、現場で役立つ実践力を養う

企業や公共機関を訪れ、インタビュー後にディスカッションやプレゼンテーションを行う講座や、学生と社会人が共に学ぶゼミなど、現役の企業人や社会人と交流する機会を豊富に設定。これらを通じて実社会で役立つコミュニケーション能力を実践的に身につけます。

閉じる

公務員試験に関するアドバイスも個別に対応

特別プログラム「OE50」や各種資格取得サポートで目標の業界へ

一部上場企業への就職をめざす学生を対象に、経済学部生の中から50名を選抜して特別に研鑽する特別プログラム「OE50」を開設。就職に直結するビジネススキルを身につけ、確固たるキャリア形成をめざします。さらに、公務員対策試験をはじめ各種資格取得を目標とした資格サポートコーナーも全学部生対象に開設。専任スタッフが個別にカウンセリングするほか、講座や試験を割安に受講・受験することもできます。

閉じる

学べること

具体例から人の意思決定を考察する

経済学科

卒業後の進路に直結した実践的なカリキュラム

多様な経済理論や経済分析の方法論、金融、経済史、経済政策、国際経済など経済学の基本テーマである科目から、各国・地域経済とその比較、生活経済、環境経済などの具体的なテーマまで、幅広い科目を設置。将来を見据えたプログラム別の学びにより、進路に直結する専門知識を修得し、希望の進路の実現をめざします。

【授業・講義】
身近な消費行動から経済全体を理解する

●応用計量経済学
例えば「コンビニでおにぎりを買う」ことも、「消費=経済活動」のひとつです。授業では、消費について知るため、総務省統計局による家計調査のデータを分析。消費税増税による家計への影響や、自分が住んでいる地域の消費状況の特徴などについて調べます。また、若者の車離れや男性化粧品の流行など、自分たちの行動とも照らし合わせながら消費について学び、経済全体を理解していきます。

閉じる

アドミッションポリシー

アドミッション・ポリシー

経済学部では、かつての商業都市大阪を基盤にし、日本と世界に通用する経済研究、分析、教育を目指しています。経済学の知的最前線を学ぶ中で、経済分析力や論理的思考を身につけ、問題解決力や構想力を培い、卒業後も生涯にわたって学ぶ姿勢を保つことができ、 行動力とチームワークを身につけたビジネスリーダーを始めとして、社会に役立つ人材の養成を目標としています。
こうした目標を達成するため、経済学部では

(1) 政治・経済・社会問題に対して知的好奇心をもち、自主的・積極的に問題解決に取り組もうとする強い意志を持ち
(2) 豊かな構想力と人間性を身につけるために、経済学を中心に幅広い分野の学問を積極的に学ぶ意欲と能力
(3) 経済学に関する専門知識を活用して、経済・産業界のリーダーとして活躍しようとする意欲

(1)~(3)のような意欲と能力を持つ入学者を求めています。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】〒567-8502 大阪府茨木市西安威2-1-15
入試課
(072)641-9165
 【URL】http://www.otemon.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ