おうてもんがくいん

追手門学院大学

私立大学 大阪府

経営学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

経営学科(443*名)新設
※2019年4月、学科再編予定 *2019年度より収容定員変更の予定(予定であり変更となる場合があります)

所在地

1~4年:大阪

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●2019年4月、経営学部は新しい学びをスタート予定
●文系・理系の枠にとらわれない「経営学部」での学び
●学外フィールドワークなど、1年次から社会とつながる学びを展開

2019年度、既存の経営学部を再編し、カリキュラムを一新予定。新たに「経営・マーケティング」「法務」「ビジネス心理」「情報システム」の4つの専攻を設置し、ビジネスの現場で「即戦力」として求められる人材の育成をめざします。

【学生数】1897人(2017年5月1日現在)
【専任教員数】30人(2017年5月1日現在)
【大学院】経営・経済研究科(博士前期・後期課程)/経営・経済専攻

経営学科新設※2019年4月、学科再編予定 *2019年度より収容定員変更の予定(予定であり変更となる場合があります)

講義・学問分野

経営学入門、マーケティング入門、現代企業論、生産管理論、原価計算論、財務諸表論、商法、国際法務、国際会計論 など

閉じる

学部の特色

ビジネスの現場で「即戦力」として求められる人材に

2019年4月、経営学部は新しい学びをスタート予定

2019年度、既存の経営学部を再編し、カリキュラムを一新。新たに「4つの専攻」からなる「新・経営学科」がスタート予定です。「経営・マーケティング」「法務」「ビジネス心理」「情報システム」の各専攻ごとに、講義での学びを反映する現場学習を導入。4年間の学びを通して、それぞれがビジネスの現場で「即戦力」として求められるスキルを養います。
従来の1年次に基礎を学び、2年次から専門領域に分かれるカリキュラムを廃止。入試制度を専攻ごとに実施し、1年次から経営学と会計学を基礎として身につけるとともに、各専門領域の知識を深めます。また、専攻の領域科目のほか、4専攻間を履修することも可能です。

閉じる

ロボットプログラミング教室のサポートなど多彩な実習

文系・理系の枠にとらわれない「経営学部」での学び

経営学は私達の実生活にそのまま結びついている学問です。あこがれの企業・団体など、将来のビジョン・希望の進路に近づき、卒業後の進路で役に立つのは、「経営学部」で身につけた「会計系資格」や「法律」です。経営の現場に根付いた学びで、社会に求められ、即戦力として応えられる人材をめざします。
また、心理学の知識やITのスキルは一見「ビジネス」とは遠い学問のように感じます。しかし、営業・企画・広報など、商取引の基礎となるのは、人と人のやりとり。そして、それを裏付けるものは数字です。各専攻でビジネス現場で生かせる心理学・ITの技術を学ぶとともに、他専攻の科目横断で多種多様な分野思考の学生と学ぶことで、視野を広げていきます。

閉じる

ガンバ大阪エコボランティアをはじめ、社会と交わる学びが豊富

学外フィールドワークなど、1年次から社会とつながる学びを展開

経営学部では「ビジネスの現場に触れる実践的な学び」に重点を置き、地元企業や自治体との提携を進めてきました。企業・団体とコラボレーションし、学生がさまざまな企画に挑戦する学外フィールドワークは、1年次から参加できることも大きな特徴です。
OB訪問で実際のビジネスの現場について学ぶほか、有名メーカーや観光系企業などの経営部門の担当者を訪ねる、他大学の経営ゼミとプレゼン大会を行うなど、多種多様なアプローチで、ビジネスの視点を養成。社会との接点を増やすことで、卒業後のビジョンをより具体化します。

閉じる

学べること

大学構内のコンビニを舞台に、マーケティングを学ぶ

経営学科

「4つの専攻」でビジネスの現場で「即戦力」となれる力を磨く

◆経営・マーケティング専攻
企業をマネジメントしていくために必要な知識・それらを運用し、業績数値を正確に把握・運営する実践的な力を身につけます。また、会計系資格の取得については、旧経営学科で培ったノウハウを生かしたサポートを展開。経営学をしっかりと学び、公務員や会計士資格の試験をめざす人にぴったりの専攻です。
◆法務専攻
法律(ルール)は企業の運営に欠かせない知識です。法務専攻ではビジネスで使える法律の知識を学びつつ、実際のビジネス現場で知識を応用するアクティブラーニング型の授業を多く展開し、法律的な考え方・応用力を身につけます。優れたビジネス感覚をもち、法律の知識を社会に生かすことのできる人材を育てます。
◆ビジネス心理専攻
広告やデザイン、消費者行動の予測など、心理学の知見はビジネスにも広く生かされています。本専攻では社会で活用できる心理学の修得をめざし、心理学・商品開発などに触れる主体的な学びを展開しています。オープンキャンパスのバッグをデザインするなど、さまざまな事例・ジャンルに対応できる実践力を養います。
◆情報システム専攻
現在の経営現場では数量的な指標に基づく経営判断が重要視されています。本専攻では、このような社会のニーズを受け、情報処理、
プログラミング、データ解析などを学び、その知識を実践する機会もあります。ITに強い経営人材、数字から企業活動を読み解く人材の育成をめざします。

【授業・講義】
「良い雰囲気の職場づくり」について考察

●経営組織論
企業は人間の集まりであり、経営学では、それを「組織」と呼びます。学ぶのは、組織をうまく動かすためのリーダーシップについてなど、人と人との関わりのマネジメントです。授業では、チーム単位でいろいろな課題に取り組み、組織でのふるまい方や組織の運営の仕方を学習。働く人たちが存分に結果を出せる、良い雰囲気の職場をどのように作るか、そのような環境で自分たちに何ができるのかを考えていきます。

閉じる

アドミッションポリシー

アドミッション・ポリシー

経営学、会計学、法学のいずれかの分野に関して、基幹的な理論と現実的な問題の分析・問題解決への応用能力を身につけた人材の養成を目標にしていま す。
こうした目標を達成するために経営学部では、

(1) 経営学の理論的裏付けと実践力を身につけ、ビジネスの現場に活かそうとする意欲
(2) 自ら起業し、あるいは、家業の承継を主体的に進めていこうとする志
(3) 海外の言語や文化を積極的に学び、グローバルな舞台で活躍をしたいという志
(4) 地域や社会の問題に対し、それらを解決するため積極的に取り組もうとする意欲
(5) 自らの活動(「商工」および「スポーツ」)の成果を大学での学びに生かそうとする意欲

(1)~(5)のような志と意欲を持ち、自ら設定した目的に向かって主体的に行 動できる入学者を求めています。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】〒567-8502 大阪府茨木市西安威2-1-15
入試課
(072)641-9165
 【URL】http://www.otemon.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ