学校パンフ取り寄せで図書カードGET

おうてもんがくいん

追手門学院大学

私立大学 大阪府

社会学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

社会学科(230名)

所在地

1~4年:大阪

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●3つの履修コースを通じ大きな視野を育む
●社会丸ごとが研究対象。興味ある分野をとことん追究できる
●4年間一貫したゼミナール形式の少人数授業

「現代社会学」「社会文化デザイン」「スポーツ文化」の3コースを設定。人間社会について多角的に調査・観察・考察・分析を深めていく中で、大きな視野を育みます。

【学生数】853人(2017年5月1日現在)
【専任教員数】16人(2017年5月1日現在)
【大学院】現代社会文化研究科(修士課程)/現代社会学専攻

社会学科

講義・学問分野

社会学入門、メディア論、共生社会と福祉、キャリアデザイン論、ジェンダーの社会学、現代メディア論、コミュニケーションの社会学、スポーツ社会学、消費社会論、環境社会学 など

閉じる

学部の特色

担当教員が学生一人ひとりを徹底サポート

3つの履修コースを通じ大きな視野を育む

「現代社会学」「社会文化デザイン」「スポーツ文化」の3コースを設定。それぞれに「将来の進路」に結びつけやすい領域設定と科目構成になっており、学生の興味や関心に応じて履修ができます。また、卒業後の就職・進路を切り開く「キャリア教育」を1年次から開始し、早い段階から就職を意識したプログラムを実施しています。

閉じる

身近なテーマを自由に追究

社会丸ごとが研究対象。興味ある分野をとことん追究できる

流行、マスメディア、ファッション、音楽、お笑い、芸能、都市、スポーツ、スマホ、家族、友人、コミュニケーションなど、私たちが暮らす社会に関わることの全てが社会学のテーマです。日常生活の身近な出来事から社会問題まで、さまざまなテーマに対し、社会学の手法を使ってそのメカニズムや規則性を明らかにし、新しい「社会の見方」を築きます。

閉じる

少人数ゼミできめ細かな指導を徹底

4年間一貫したゼミナール形式の少人数授業

入学直後、20人程度で行われる新入生演習を皮切りに、社会学の調査・研究手法であるフィールドワークや、企業などと連携するPBL(プロジェクト・ベースド・ラーニング)などでも、学生一人ひとりにていねいな指導が行える少人数制を徹底しています。

閉じる

学べること

体験することでリアルに学ぶ

社会学科

多彩な科目群により、社会にアプローチする視野を広げる

「現代社会学」「社会文化デザイン」「スポーツ文化」の3コースの縦断的かつ横断的な学びを通じて、過去・現在・未来と連なる人間の営みを縦横無尽に、そして自由で大胆な視点により、観察・調査・分析・考察していきます。

【授業・講義】
“お客さま社会”化した現代日本を「人と人の関係」から考える

●消費文化論
消費や接客の場で、従業員と客との間にトラブルが頻発する現代。“お客さま社会”ともいえるサービス産業化した消費社会を、客としてのアイデンティティーや従業員の感情管理など、「人と人の関係」の視点から社会学的に考えます。

閉じる

アドミッションポリシー

アドミッション・ポリシー

社会学部では、社会のすべてのことが研究対象となります。人間社会をみつめ、「社会と人」や「人と人」の関係について考えるのが社会学部の学びです。その学びを通じて、豊かな人間性と社会性を支える広い教養を身につけ、基礎的な社会学の学問内容及び方法を理解できるようになる。また、自ら設定した課題について、社会学の基礎的な研究方法を用いて考察することができ、社会の諸相や人間の行動への関心を持って社会学に取り組み、社会における自分の役割を自覚することができるようになる。さらには、生きた文化や生きた社会を創ることに寄与でき、他者の声に耳を傾け、自分の考えを言葉や文章によって的確に伝えることができ、社会学の知をもって地域や社会に参加していくことができるようになる。そのような人材を養成することを目標にしています。

(1) 大学の学びに必要な基礎学力としての知識や能力がある(知識・理解)
(2) 物事を多面的かつ論理的に考察することができる(思考・判断)
(3) 自分の考えを的確に表現し、伝えることができる(表現)
(4) 社会、人間、文化、自然などにかかわる諸問題に深い関心を持ち、社会に積極的に貢献する意欲がある(関心・意欲)
(5) 積極的に他者と関わり、対話を通して相互理解に努めようとする態度がある(態度)

【社会学部が求める学生】
社会学では、すべての社会現象が研究対象となるので、国語、地理歴史、公民、数学、理科、外国語などの各科目についての知識を有し、それらの基本的内容を理解していることが必要です。たとえば、文化論や社会環境、人間関係論を学ぶには地理歴史や理科の知識が必要となります。文章を理解し正確なコミュニケーションをするためには国語や外国語の知識とその運用能力が必要です。これらの力は、社会学を学ぶ上でぜひ身につけておいてもらいたい能力です。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】〒567-8502 大阪府茨木市西安威2-1-15
入試課
(072)641-9165
 【URL】http://www.otemon.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ