きんき

近畿大学

私立大学 大阪府/奈良県/和歌山県/広島県/福岡県

国際学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

国際学科/グローバル専攻(450名)
国際学科/東アジア専攻(50名)

所在地

1~4年:大阪

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●ベルリッツと連携協力し、独自の語学学習システムにより学ぶ
●学部生全員が1年間の海外留学プログラムに参加
●15人以下の少人数語学授業で学ぶ

高いコミュニケーションスキルと幅広い教養を修得。考え抜く力と行動力を備えた、世界で活躍できるグローバル・リーダーを育成します。

【キャンパス】東大阪キャンパス
【学生数】1096名(2017年5月現在)
【専任教員数】31名(2017年5月現在)

国際学科/グローバル専攻

講義・学問分野

国際協力・開発論、現代日本の文化的多様性、実務翻訳概論、多文化共生社会と言語、東南アジアの政治と経済、アジアの宗教と思想 ほか

閉じる

国際学科/東アジア専攻

講義・学問分野

グローバル化入門、中国語表現、中国語作文、中国語方言学、韓国語文法、現代韓国の理解、日韓比較研究 ほか

閉じる

学部の特色

ベルリッツと連携協力し、独自の語学学習システムにより学ぶ

世界規模の実績を誇るベルリッツコーポレーションと連携協力し、そのノウハウと本学の実学教育を融合させた学びを展開しています。アカデミックな領域で通用する英語力を基礎としながら、ビジネス英語力、コミュニケーション力、異文化への対応力などの実践力を習得。また、各国の大学に設置されているELSランゲージセンターで長年培ったノウハウを活用し、理想の留学プログラムを実施するなど、国際ビジネスシーンで通用するグローバル人材の育成をめざします。

閉じる

学部生全員が1年間の海外留学プログラムに参加

グローバル専攻と東アジア専攻、どちらの学生も1年次後期から1年間、留学プログラムに参加します。留学前の半年間は、本学で徹底的に語学を磨き、留学セミナーなども実施。海外での1年間を充実したものにできるよう、しっかりと準備します。また、留学中のサポート体制も整えています。

閉じる

15人以下の少人数語学授業で学ぶ

1年次から能力別の少人数クラスでの語学教育を徹底して行います。4技能(聞く、話す、読む、書く)を積極的に使えるよう、少人数でのディスカッションなども取り入れます。2年次以降も、キャリア英語、ディスカッション、ディベートなど、使える言語を習得します。

閉じる

学べること

国際学科/グローバル専攻

“英語で何ができるか”を重視し、専門性を強化する

全専攻生が、1年次後期から2年次前期にかけてアメリカの提携大学に留学。それに備えて1年次前期の必修科目で英語運用能力を集中的に強化。ELSによる留学先の形態に近い講義を通して、実際の留学生活が疑似体験できるだけでなく、講義に必要な英語の知識、コミュニケーション能力、スタディスキルが身につきます。
3年次より「グローバル・スタディーズ」「コミュニケーション・スタディーズ」「アジアン・スタディーズ」の3つから希望の研究分野を選んで学びを追究。英語の応用的・実践的運用能力を段階的に身につけつつ、異文化対応力や専門性を高め、理想の進路へとつなげます。

閉じる

国際学科/東アジア専攻

英語も含め、3か国語を操るグローバル人材をめざす

グローバル化時代の世界情勢を理解するにあたり、重要な位置を占める東アジア地域について多面的に理解できる人材を養成。入学時から「中国語コース」と「韓国語コース」に分かれ、全専攻生が1年次後期から2年次前期にかけて中国か台湾、韓国のいずれかに留学します。ほとんどの学生にとって専修言語が初修外国語であることを配慮し、1年次前期に言語運用能力の基礎固めを集中的に実施。文法知識の積み上げと同時に、会話能力の向上をめざします。
留学後は、自らの関心や進路希望に基づき専門性を深化。英語科目も必修としており、3か国語を操るグローバル人材をめざします。

閉じる

アドミッションポリシー

国際学部

国際学部は、近畿大学の建学の精神に則り、グローバル化というかつてないほど大きな社会の転換期を生き抜き、自主性と協調性を持って行動できる「国際教養人」を育成します。このため、次のような入学者を受け入れます。

1. 国際学部で学べる確かな基礎学力を持った人
2. 基礎的な語学力とコミュニケーション能力を持った人
3. 異文化社会や多様な価値観を理解できる柔軟な思考力と創造力を身につけたい人
4. 激動する国際社会に必要な語学力や知識を身につけるために、強い意志を持って学修に取り組める人
5. 国際感覚を身につけ、社会的課題の解決に貢献したい人

また、高校までの履修科目等によって、以下のような能力を身につけていることが望まれます。

国  語 : 日本語の読解、表現、論理的思考における基礎的な力
地歴・公民 : 変動する社会に対応できる社会的基礎知識
外国語 : 文法知識、コミュニケーション、読解力および作文における基礎的な力
数  学 : 論理的思考力、数的処理能力

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】〒577-8502 大阪府東大阪市小若江3-4-1
入学センター
TEL.(06)6730-1124
【Eメール】nyushi@itp.kindai.ac.jp
 【URL】http://int-studies.kindai.ac.jp

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ