×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

こうなん

甲南大学

私立大学 兵庫県

経営学部の詳細情報

岡本キャンパス

学科・定員・所在地

学科・定員

経営学科(345名)

所在地

1~4年:兵庫

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●経営学部スペシャル・プログラムに参加し、ビジネス・リーダーをめざす
●「グローバル・コミュニケーション I・II 」の学部カリキュラムへの取り込み
●「ゼミ甲子園」日頃の研究成果を披露

甲南大学の経営学部は関西の私立大学で初めて、全国でも4番目に開設された歴史ある学部です。その伝統と革新の精神に基づいた実践的な教育で、企業・組織のあり方や発展について自ら考え、行動し、よりよい社会のために貢献できる力を養成。ビジネスの現場で自分らしく、生き生きと活躍するスペシャリストを育てます。

【キャンパス】岡本キャンパス
【学生数】1,624人(2019年5月1日現在)
【専任教員数】25人(2019年5月1日現在)
【大学院】社会科学研究科

経営学科

講義・学問分野

経営学総論、会計学総論、マーケティング総論、経営管理論、経営戦略論、財務諸表論、原価計算、商学基礎論、入門簿記、簿記演習、グローバル・コミュニケーション I・II  など

閉じる

学部の特色

21世紀型ビジネス・リーダーを育てる

経営学部スペシャル・プログラムに参加し、ビジネス・リーダーをめざす

「ビジネスのプロになりたい!」という本気に応えるビジネス・リーダー養成プログラム。経営者指向、国際ビジネス指向、会計職業人指向など、自分の方向性に照らして3コースから1コースを選び、2年次から専門教育へ進みます。大手企業への原則3か月のインターンシップ、海外留学、会計理論と計算に重点を置いた授業など、魅力的な教育プログラムに参加し、21世紀型ビジネス・リーダーをめざします。

○ビジネス・プロフェッション・コース/企業経営全般の基礎的な専門知識をマスターし、阪神間や首都圏に本社がある上場企業などの経営管理の現場でインターンシップ(原則3か月)を経験します。
○グローバル・ビジネス・コース/本コース専用の各種語学科目で語学力を高めた後、海外の大学へ留学。現地では英語による経営学の授業や国際ビジネスの現場を経験する機会もあります。
○アカウンティング・プラクティス・コース/公認会計士、税理士、国税専門官などの会計専門職の国家資格や日商簿記検定1級合格に必要な専門知識を身につけます。

閉じる

ビジネスで使える英語を実践的に学ぶ

「グローバル・コミュニケーション I・II 」の学部カリキュラムへの取り込み

「グローバル・コミュニケーション I・II 」は、共通教育センターが開講する「キャリア創生科目」のひとつであり、ベルリッツやECCといった実務的なビジネス英語に定評のある専門学校と提携して開講される科目です。
経営学部では、本科目を経営学に関する主要科目と同様の位置づけで科目表に取り込み、学生が受講することを奨励しています。

閉じる

経営学部の恒例イベント「ゼミ甲子園」

「ゼミ甲子園」日頃の研究成果を披露

毎年開催される「ゼミ甲子園」では、各ゼミナールの学生たちが大勢の観衆を前に日頃の研究成果を発表します。イベントの最後には、学生による投票の結果が発表され、大いに盛り上がります。

閉じる

学べること

尾形真実哉教授

経営学科

ゼネラリストの視野とスペシャリストの能力を養う

〈POINT1〉
起業から経営までのノウハウや理論を研究する「経営学系統」、会計情報の作成や会計情報による経営分析力を養う「会計学系統」、市場競争に勝利する戦略を探る「商学系統」の3フィールドに分かれており、各フィールドのスペシャリストになることも、全てのフィールドに精通したゼネラリストになることも計画次第で可能です。まずは入門科目である「経営学総論」「会計学総論」「マーケティング総論」を学び、自分の適性や興味を探ります。

〈POINT2〉
海外駐在経験のあるビジネスパーソンによる英語講座やITメディアを活用した情報収集など、グローバルビジネスに役立つコミュニケーション能力・情報リテラシーの修得を重視。また、1年次の基礎演習から少人数クラスを採用し、問題を発見・解決する能力、プレゼンテーション能力を高めます。

〈POINT3〉
簿記は、公認会計士や税理士といった国家資格にもつながる重要なものであるため、1年次のカリキュラムに「入門簿記」を設定。また、第一線で活躍する人を講師に招いた「経営実務」やインターンシップ、ボランティアへの参加によって、理論を企業活動と結び付けて考える機会も設け、即戦力となる能力を4年間で身につけます。

【授業・講義】
組織の中で活躍する人の行動や心理に関する理解

本ゼミは、経営学の中でも心理学や社会心理学を応用した組織行動論を専門とし、組織で活動する個人に焦点を当て、リーダーシップやモチベーション、チームワークなどを中心に学んでいます。企業を構成するのも人であり、お客様も人です。それゆえ、企業経営を理解するうえで、人間行動や人間心理の理解は欠かせません。ゼミを通じて、どのようなときに人はモチベーションが高まるのか、どのような資質を持った人が優れたリーダーなのか、チームワークを高めるためには何が必要なのかなどを日々の生活や学生個人の経験を通して学んでいきます。また、ゼミ生でグループを形成し、人間行動に関する研究課題を設定し、インタビュー調査やアンケート調査、実験などのフィールド調査を行い、そこから得られたデータを分析して課題の解決に取り組みます。
その内容は、他大学のゼミと開催している合同研究発表会でプレゼンし、成果を競っています。このような活動を通して、経営学の知識だけでなく他者と協働することの難しさやチームワークの重要性、リーダーシップ開発など、実践に役立つスキルも養います。

閉じる

アドミッションポリシー

甲南大学経営学部(学士課程)学生受入れの方針

ヒト・モノ・カネ・情報等からなる組織(企業)の存続・発展のあり方について、自ら考えることができ、社会に貢献するビジネスパーソンを養成するため、下記の能力・資質・意欲をもつ学生を求めます。

(1) 経営学部における幅広い教養に裏付けられた経営学の知識・理解力を修得するために、高等学校または相当する教育機関において、幅広く基礎的な学力を身につけている。
(2) 経営学部において、各種スキルと論理的思考力に支えられた経営問題の発見・説明・解決力、およびビジネスパーソンに必要な社会的協調力、自発的遂行力および倫理的責任力を身につけることができる。
(3) トータルな人間性と豊かな個性に基づいて社会に貢献する意欲をもっている。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ