たまがわ

玉川大学

私立大学 東京都/神奈川県

経営学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

国際経営学科(130名)

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●グローバル社会で活躍するビジネスリーダーをめざす
●コースプログラム制で世界標準の経営学を学ぶ
●世界を舞台にして活躍するための「英語力」を養う

グローバル化に対応できる3コースを設置。入学時からコースを選択し、少人数のゼミナールを拠点に、英語による世界標準のテキストで経営、会計の専攻科目を学びます。

【学生数】623名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】15名(2017年5月1日現在)

国際経営学科

講義・学問分野

学生の将来像や興味に合わせた3つのコース
「グローバルビジネス」
「国際会計」
「マーケティング戦略」

閉じる

学部の特色

グローバル社会で活躍するビジネスリーダーをめざす

新しいVISIONで世界を見据えるグローバルな思考力を備えた次世代のビジネスリーダーを育成するため、グローバルビジネスに直結する「実践力」と世界を舞台にして活躍するための「発信力(英語力)」を身につけるためのカリキュラムを編成。
世界標準のテキストでの学修や世界に向けた発信方法を事例から学ぶ“経営塾”など世界を見据えたビジネス活動を実践的に学ぶことに重点を置き、授業を多角的に展開しています。

閉じる

コースプログラム制で世界標準の経営学を学ぶ

学生それぞれの目標や適性などに合わせ、将来の職業や社会的役割を明確にした3コースを設置しています。各コースでは、少人数制のゼミを中心に専門的な知識やスキルを修得。どのコースも汎用性の高い学びにより、高度な専門性を持ちながら、さまざまな分野でビジネスリーダーとして活躍できる人材を養成します。

●グローバルビジネスコース:グローバル化に対応できる実践力と発信力を養成
●国際会計コース:国際会計でグローバルなコミュニケーション能力を育成
●マーケティング戦略コース:グローバル時代のマーケティング・マインドとイノベーション創出力を身につける

閉じる

世界を舞台にして活躍するための「英語力」を養う

日本語・英語両言語を通して、世界標準の経営学を学ぶ学修アプローチであるDual Language Program(DLP)を実施しています。すべての科目で、両言語を活用した学修が行われます。英語表記の科目は、英語による授業が行われます。この学修アプローチによって、経営分野で必要な知識・スキルを修得し、グローバル社会で求められるアイディアの創造とその発信力をより高いレベルで養成することができます。
また本学独自の英語教育プログラムELF(English as a Lingua Franca)やBusiness Englishなどの英語カリキュラムにより「使える英語」力の更なる強化も行っています。

閉じる

学べること

国際経営学科

ゼミナールを軸とする少人数制のコースプログラム制で学ぶ

入学時に「グローバルビジネス」「国際会計」「マーケティング戦略」の3コースより選択。1年次に、まず経営学の基盤となる科目『経営学』『会計学』『マーケティング』などを学び、コース共通の基礎を固めます。2年次になると、各コースの専門科目が始まるとともにコースプログラムを順調に学修するための専門基礎ゼミを履修します。この専門基礎ゼミでは将来、自分が専攻する分野の基礎力を養うとともに専攻分野を学ぶ方法も学修。そして、3・4年次は専門ゼミに所属し、コースプログラムに沿った専攻分野の学びを深めていきます。

閉じる

アドミッションポリシー

入学者受入れの方針

経営学部では、以下の方針に基づいて学生を受け入れます。

1.実用英語検定試験(英検)2級、またはTOEIC(R) Listening & ReadingTest において450程度の英語力がある。【知識・理解】
2.高等学校における「数学I・A」の知識がある。【知識・理解】
3.経済・社会における事象について、自らの考えを筋道立てて説明できる。【汎用的技能】
4.英語力を強みとしてビジネスに携わり、世界を舞台に活躍する意欲をもっている。【態度・志向性】

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】東京都町田市玉川学園6-1-1
入試広報部
(042)739-8155
 【URL】http://www.tamagawa.ac.jp/business_administration/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ