×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

たまがわ

玉川大学

私立大学 東京都/神奈川県

芸術学部の詳細情報

※2021年4月【設置計画中】名称その他の計画に変更が生じることがあります。

学科・定員・所在地

学科・定員

音楽学科新設
アート・デザイン学科新設
演劇・舞踊学科新設

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●未来の社会を創る芸術力を身に付け、芸術によって社会貢献できる人材をめざす
●学外での活動を数多く展開「プロジェクト型授業」
●就職に強い~総合大学の強み~

アーティストとして独自の世界を構築することをめざしながら、芸術を通して社会をより美しく豊かにすることを重視。学外活動を積極的に進め、実践を通じた芸術による社会貢献の可能性を追究するため、学科を改組する予定です。

【学生数】1092名(2019年5月1日現在)
【専任教員数】30名(2019年5月1日現在)

音楽学科新設

講義・学問分野

ソルフェージュ、和声学、音楽専門実技、ミュージカル表現、アンサンブル、音楽科指導法、器楽教育法、鑑賞教育理論 など

閉じる

アート・デザイン学科新設

講義・学問分野

コンピュータ・グラフィックス、映像メディア表現、空間表現、総合造形、コンピュータ音楽、美術科・工芸科指導法、アートデザイン演習、美術理論、絵画、彫刻、デザイン、工芸 など

閉じる

演劇・舞踊学科新設

講義・学問分野

メイクアップ、オーディション演習、演技・舞踊演習、シアターデザイン基礎演習、アナウンス・ナレーション研究、舞台技術基礎演習、劇空間デザイン研究、芸術創造演習、芸術プロジェクト など

閉じる

学部の特色

未来の社会を創る芸術力を身に付け、芸術によって社会貢献できる人材をめざす

社会を地から支える芸術力を持った人が求められている時代の今こそ、社会を創造できる豊かな表現力を身に付けたアートの心をもった職業人、すなわちクリエイティブな人材が必要とされています。そこで本学部では、豊かな感性や想像力を育み、創意工夫を繰り返して夢にむかって努力をする力を育みます。
2021年4月より「音楽学科」「アート・デザイン学科」「演劇・舞踊学科」へと改組予定。さらに初年次から卒業まで専門性の高い学びを実現します。

閉じる

学外での活動を数多く展開「プロジェクト型授業」

企業や自治体と連携した取り組みや日本国内・国外までひろがる公演など、年間をとおしてさまざまな活動を実施。町田市国際版画美術館でのプロムナードコンサートでは、企画展示に因んだ曲を演奏。町田市熱回収施設工事の仮囲い「先端技術によるハードとハート(環境保全の心)をつなぐデザイン」産官学連携アートプロジェクトや「アメリカ桜祭り公演」など多彩な学びの場があります。

閉じる

就職に強い~総合大学の強み~

就職率95.0%(2019年3月卒業生実績)。総合大学の強みを生かし、専門分野の就職先だけでなく、一般企業の求人票(全学部共通)が届くため、一般企業就職をする学生も多くいます。いわゆる音大・美大ではなく総合大学で学ぶため、専門分野である芸術系科目はもちろん、独自の英語教育プログラム「ELF」をはじめとする幅広い教養をしっかり身に付けることができます。就職支援を行うキャリアセンターも「Face to Face」の対応でしっかりサポートしています。

閉じる

学べること

音楽学科

技術と知識と感性をバランスよく兼ね備えた「表現者」を養成します

●演奏・創作コース ●ミュージカルコース ●音楽教育コース
音楽に関わる専門分野の技術、知識を身に付けることはもちろんのこと、総合大学においてさまざまな分野に役立つスキルを修得し、創造的な発想を生み出すことのできる表現者および音楽表現を現代社会と共に創ることのできる能力を備えた教育者を養成します。
【取得できる教員免許状】中学校「音楽」・高等学校「音楽」・小学校二種※
※課程認定申請中。ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

閉じる

アート・デザイン学科

芸術力と教育力で社会に貢献できる実践力を育てます

●メディア表現コース ●美術教育コース
あらゆるものが繋がり、融合して発展するSociety5.0社会。予測困難なこれからの未来において、美術、デザインおよびメディア・アーツの役割を理解し、多文化と異分野をつなぎ、新しい発想や芸術表現・問題解決案を共に創るプロセスに参画できる創造力豊かな人材を養成します。
【取得できる教員免許状】中学校「美術」・高等学校「美術」「工芸」・小学校二種※
※課程認定申請中。ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

閉じる

演劇・舞踊学科

「上演芸術のよき理解者」を養成します

●身体表現コース ●舞台創造コース ●芸術応用コース
ライブアートの価値と創造プロセスを多角的に学修し、社会における芸術の使命や役割について説くことの出来る「上演芸術のよき理解者」として、創造の現場および社会に貢献する人材を養成します。1年次はコース分けを行わず、上演芸術を取り巻くあらゆる事象と役割を実践的に学び、自らの適性と進路を見定めたうえで専門性の高い分野へと学修を深めていきます。

閉じる

アドミッションポリシー

入学者受け入れの方針

芸術学部では、全人教育の理念のもと、芸術分野の専門的知識・技能の修得を通じて、創造力・論理的思考力・マネジメント能力・協働力を培い、実行力と人間力を兼ね備えた「芸術による社会貢献」を推進しうる人材を養成することを目的としている。そのために以下のような要件を備えた人材が入学することを期待しています。
〔音楽学科〕
音楽学科では、音楽の体系的理解に基づき、現代社会における上演芸術および音楽教育の役割を学修し、音楽における総合的実践力、コミュニケーション力およびマネジメント力を有して社会に貢献する人材を養成することを目的としている。そのために以下のとおり入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)を定める。
1.高等学校で履修する国語、地理歴史、公民、数学、理科、外国語および芸術などの内容を理解し、高等学校卒業相当の知識と技能を有している。
2.物事を多面的かつ論理的に考察しようとする態度や、「読む、書く、聞く、話す」の基礎的な4技能を身に付けている。
3.人間、自然、文化、産業、国際などの諸問題に関心を持ち、積極的に社会に貢献しようとする意欲がある。
4.多文化、異文化の存在を認め、自分の考えを他者に伝えようとする意欲と態度があると共に、自己の良心と社会の規範やルールに従って行動できる。
5.他者と積極的にかかわり、対話や自らの表現を通して相互理解に努めようとする態度と、入学後に必要となる芸術表現に関する基礎的な技能を有している。
6.高等学校教育の内容・水準に配慮し、関連する日本語に関する検定、外国語に関する検定(実用英語技能検定準2級以上、TOEIC(R)L&R400点以上等)、コンピュータ操作に関する資格、数量的なスキルに関する資格やスコア、古典派のソナタ形式を演奏できるピアノ技術を有していることが望ましい。

閉じる

 

〔アート・デザイン学科〕
本学科では、予測困難な未来において、美術・デザインおよびメディアアートの役割を理解し、多文化・異分野と関連させ、共に新しい発想や芸術表現に挑戦し、問題を解決するプロセスに参画できる人材を養成することを目指している。そのために、以下のとおりアドミッション・ポリシーを定める。
1.高等学校で履修する国語、地理歴史、公民、数学、理科、外国語および芸術などの内容を理解し、高等学校卒業相当の知識と技能を有している。
2.物事を多面的かつ論理的に考察しようとする態度や、「読む、書く、聞く、話す」の基礎的な4技能を身に付けている。
3.人間、自然、文化、産業、国際などの諸問題に関心を持ち、積極的に社会に貢献しようとする意欲がある。
4.多文化、異文化の存在を認め、自分の考えを他者に伝えようとする意欲と態度があると共に、自己の良心と社会の規範やルールに従って行動できる。
5.他者と積極的にかかわり、対話や自らの表現を通して相互理解に努めようとする態度と、入学後に必要となる芸術表現に関する基礎的な技能を有している。
6.高等学校教育の内容・水準に配慮し、関連する日本語に関する検定、外国語に関する検定(実用英語技能検定準2級以上、TOEIC(R)L&R400点以上等)、コンピュータ操作に関する資格、数量的なスキルに関する資格やスコア、古典派のソナタ形式を演奏できるピアノ技術を有していることが望ましい。
〔演劇・舞踊学科〕
演劇・舞踊学科では未来の社会を創る芸術力を育成し、芸術を通じて社会貢献出来る人材を養成することを目指している。そのために、以下のとおりアドミッション・ポリシーを定める。
1.高等学校で履修する国語、地理歴史、公民、数学、理科、外国語および芸術などの内容を理解し、高等学校卒業相当の知識と技能を有している。
2.物事を多面的かつ論理的に考察しようとする態度や、「読む、書く、聞く、話す」の基礎的な4技能を身に付けている。
3.人間、自然、文化、産業、国際などの諸問題に関心を持ち、積極的に社会に貢献しようとする意欲がある。
4.多文化、異文化の存在を認め、自分の考えを他者に伝えようとする意欲と態度があると共に、自己の良心と社会の規範やルールに従って行動できる。
5.他者と積極的にかかわり、対話や自らの表現を通して相互理解に努めようとする態度と、入学後に必要となる芸術表現に関する基礎的な技能を有している。
6.高等学校教育の内容・水準に配慮し、関連する日本語に関する検定、外国語に関する検定(実用英語技能検定準2級以上、TOEIC(R)L&R400点以上等)、コンピュータ操作に関する資格、数量的なスキルに関する資格やスコア、古典派のソナタ形式を演奏できるピアノ技術を有していることが望ましい。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】東京都町田市玉川学園6-1-1
入試広報課
(042)739-8155
 【URL】https://www.tamagawa.ac.jp/arts/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ