×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

こうべがくいん

神戸学院大学

私立大学 兵庫県

経営学部の詳細情報

ポートアイランドキャンパス

学科・定員・所在地

学科・定員

経営学科(340名)

所在地

1~4年:兵庫

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●ヒト・モノ・カネ・情報の動きを把握し、企業経営のあり方や社会活動について学ぶ
●ネイティブ教員によるビジネス英語で英語力を養成
●「学部表彰制度」で資格取得へのモチベーションがアップ!

経営学部の目的である「ビジネス脳をつくる」ため、経営・商学、会計、経営情報科学の3つの領域を学び、「理論の内容を理解し、理論的に考える」スキルを鍛えます。

【キャンパス】ポートアイランドキャンパス
【学生数】1,553人(2019年5月1日現在)
【専任教員数】26人(2019年5月1日現在)
【大学院】経済学研究科/経済学専攻、経営学専攻

経営学科

講義・学問分野

[経営・商学コース/会計コース/経営情報科学コース]
経営管理総論、企業論、マーケティング論、流通システム論、国際経営論、財務会計、原価会計、管理会計、税務会計、会計監査、非営利会計論、経営数学、経営情報処理、経営情報論、システム分析、情報ネットワーク論、キャリアトレーニング特別講義 など

閉じる

学部の特色

身近な企業などを題材にする実践的な授業を展開

ヒト・モノ・カネ・情報の動きを把握し、企業経営のあり方や社会活動について学ぶ

系統的・体系的な学修を見据えた「経営・商学コース」「会計コース」「経営情報科学コース」の3コースを設置。学生は各コースに所属しながら、他コースの科目も履修でき、各自の目標に沿った履修計画を立てることが可能です。
また、情報化社会に対応するため、1年次からコンピュータ教育を導入し、ICT(情報通信技術)教育にも注力。さらに、グローバル化に対応するためのビジネス英語を磨くことができます。

閉じる

ビジネスの現場で使える英語を身につける

ネイティブ教員によるビジネス英語で英語力を養成

グローバルに活躍できる人材を育むため、英語教育にも力を入れています。
ネイティブ教員が指導するビジネス英語の授業では、ビジネスシーンでよく使われる表現について、実際のシチュエーションを想定しながら学ぶため、使える語学力を着実に磨くことができます。

閉じる

学部賞をめざす学生たちの刺激に

「学部表彰制度」で資格取得へのモチベーションがアップ!

資格取得への地道な努力を奨励することを目的とし、一定の資格・成績を修めた学生を表彰しています。TOEFL IBT(R)やTOEIC(R)をはじめ、日商簿記、FP技能士、マネジメント(経営学)検定など、さまざまな資格・検定が対象です。

閉じる

学べること

商品企画のノウハウを修得し、次世代のヒットメーカーをめざす

経営学科

身近な企業やトピックを題材に「リアルな経営」を学ぶ

1年次で経営学の基礎を修得し、2年次からコース別に専門分野を学びます。

●経営・商学コース
ビジネスの動向を読み解く知識を修得。ヒト・モノ・カネ・情報を組み合わせるマネジメントを学び、さまざまな企業や自治体などで生かせる能力を身につけます。

●会計コース
企業の利益と財務状態をまとめた財務会計、内部管理のための管理会計、税金計算を行う税務会計をバランスよく学び、公認会計士や税理士をめざします。

●経営情報科学コース
情報収集・分析に欠かせないICT(情報通信技術)のスキルを修得。経営管理や経営戦略に向けて、さまざまなデータを分析する情報処理能力を養います。

【授業・講義】
経営情報論

市場情報を収集・分析し、ヒット商品の企画につなげるための手順と手法を学習。インタビューやアンケートなどの調査技法やアイデアの発想・選択法、情報処理ツールの使い方などを学び、3年次にはそれぞれに商品企画プランを発表します。一つの商品だけでは企業は成り立たないので、4年次には新しいビジネスモデルの発案も行います。企画担当や経営幹部への昇進、さらには起業も見据えた実務的な研究を行っています。

閉じる

アドミッションポリシー

入学者受入れの方針

経営学部は、社会で活躍できる人材を育成するために、以下のような方々の入学を求めています。

1. 高等学校卒業相当の学力を有し、それを大学での経営学の学修に活かそうと努める人。
2. 様々な社会現象や国際情勢と、それに伴う人や組織の動きに興味を持ち、自ら主体的に考え行動できる人。
3. 課外活動やボランティア活動、地域の課題解決などにも、積極的に取り組む意欲のある人。
4. 資格取得などを通して特殊技能や語学力を高め、それらを社会で役立てたいという意欲のある人。
5. 社会経験や外国での体験を大学での学修に活かそうと努める人。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ