学校パンフ取り寄せで図書カードGET

あおやまがくいん

青山学院大学

私立大学 東京都/神奈川県

教育人間科学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

教育学科(188名)
心理学科(110名)

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●「理論」と「実践」の学びを修得する
●幅広い視野を身に付けながら教育学・心理学の専門性を深められる
●“人間”を総合的に学び、社会に真に貢献できる人間の形成をめざす

一人ひとりの“人間”を考究の対象とし、現代の人間が直面する、さまざまな問題の解決に取り組む行動力と自己教育力のある人材を育成します。

【キャンパス】青山キャンパス(1~4年)
【学生数】1,364名(2017年5月1日現在)
【大学院】教育人間科学研究科/教育学専攻(M/D)、心理学専攻(M/D)

教育学科

講義・学問分野

人間形成探究コース、臨床教育・生涯発達コース、教育情報・メディアコース、幼児教育学コース、児童教育学コース

閉じる

心理学科

講義・学問分野

心理学基礎演習、心理学概論、基礎心理学、心理統計学基礎、心理学実験、心理学実験プログラミング、心理統計実習、哲学的認識論、心の哲学、心理学史、広告心理学、家族心理学、心身医学、臨床心理学特講 など

閉じる

学部の特色

「理論」と「実践」の学びを修得する

理論で身につけた知識を演習や実習で実際に活用し、その実践を通じて得られた体験知を再び自らの理論に加味し、さらにそれを次の実践へと反映させていく。両学科ともに1年次から理論はもちろんのこと、実践にもつながる「演習科目」を設置するなど、バランスのよいカリキュラムを構成を実現。しっかりと基礎となる力を修得したうえで、学生一人ひとりの将来の目標に応じた専門教育へとステップアップしていきます。

閉じる

幅広い視野を身に付けながら教育学・心理学の専門性を深められる

教育学と心理学の共通する学びとして「臨床」「発達」「情報」「身体」という4つの領域が挙げられます。これらの領域は、両学科ともに教育・研究の基礎であり核でもある部分で、総合的科学的な人間理解に欠かせないものです。こうした共通認識のもので学べる共有分野を設置し、両学科の相互連携学習にも柔軟に対応。例えば、主として対象となってきた子どもや青少年の研究領域が教育学・心理学双方から幅広く研究されることによって、臨床心理学的にも乳幼児から高齢者まで人間の一生涯に広がります。このように幅広い視野を身につけながら教育学・心理学それぞれの専門性を深められる環境が、教育人間科学部には用意されているのです。

閉じる

“人間”を総合的に学び、社会に真に貢献できる人間の形成をめざす

人の成長や発達、形成を支える“教育”の面から人間を理解しようとする教育学。心と、その反映である行動のメカニズムを“心理”の面から探究し、人間理解にいたろうとする心理学。教育人間科学部は、ともに“人間”に深く関わり、理論的、実践的に学び深める隣接2分野を総合的に学べます。

閉じる

学べること

教育学科

教育を多面的に捉える5つの履修コースで教育の本質とその理想的な姿を追究

人間形成探究、臨床教育・生涯発達、教育情報・メディア、幼児教育学、児童教育学の5つの履修コースを設け、自己実現、人間関係、国際理解、情報化といった現代社会の課題と考え合わせながら、さまざまな問題を解決する力を養います。教育の本質やその理想的な姿について考えるとともに、心豊かな社会の実現をめざし、社会に役立つ知識や技能を習得。幼児教育から小・中・高などの教育機関や社会教育の場に、多くの人材を送り出しています。

閉じる

心理学科

社会が抱える問題解決に向け、科学の視点から“こころ”を探る

発達、社会、認知、臨床の4分野において、基本的知見から最新の研究成果まで幅広く探究。調査、実験、実習形式の参加型学習を重視し、データに照らして考え、検証する科学の視点から“こころ”を探ります。不登校やうつ、虐待といった心理的ケアを必要とする人が激増している今、社会が抱えるこうした問題に、常に解決に取り組める力を磨き、“心の専門家”を育成します。2018年度より、国家資格「公認心理師」をめざせるカリキュラムがスタートします。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ