学校パンフ取り寄せで図書カードGET

りっきょう

立教大学

私立大学 東京都/埼玉県

コミュニティ福祉学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

コミュニティ政策学科(154名)
福祉学科(154名)
スポーツウエルネス学科(110名)

所在地

1~4年:埼玉

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●大学教育をより充実させるため、1年次に学習手法などのきめ細かな学びを導入
●多彩なフィールド科目を展開し、「体験知」によって理論を検証する機会を多く設定
●地域コミュニティと連携した協働プログラムを展開し、福祉コミュニティ構築の学習を有機的に深める

社会的組織であるコミュニティ形成に貢献し、社会のあらゆるシーンで力を発揮する人材を養います。とくに福祉に関わるさまざまな学問に、コミュニティ形成の観点からアプローチします。

【キャンパス】新座キャンパス
【学生数】コミュニティ政策学科/642名、福祉学科/629名、スポーツウエルネス学科/464名 (2017年10月1日現在)
【大学院】コミュニティ福祉学研究科/コミュニティ福祉学専攻

コミュニティ政策学科

講義・学問分野

コミュニティ福祉学入門、まちづくり論、障害者スポーツ実践論、コミュニティ政策学入門、いのちの倫理学、福祉社会論、地方自治論、ソーシャルサポート論、社会開発論、NPO論など

閉じる

福祉学科

講義・学問分野

福祉マネジメント論、家族福祉論、児童福祉実践論、リハビリテーション論、医療ソーシャルワーク実践論、発達障害論、医療福祉論、医学概論、社会福祉法制、公的扶助論、女性福祉論、児童福祉論、高齢者福祉論など

閉じる

スポーツウエルネス学科

講義・学問分野

ウエルネス福祉論、運動処方・療法、スポーツウエルネス心理学、レクリエーション援助論、スポーツジャーナリズム、スポーツビジネス論、心理学、アダプテッドスポーツ論、運動生理学、スポーツコーチ学など

閉じる

学部の特色

大学教育をより充実させるため、1年次に学習手法などのきめ細かな学びを導入

本学部は、人間福祉に関連する諸学を総合した新たな福祉学の構築をめざして開設され、数多くの優秀な人材を送り出しています。4年間の学びをより充実させるため、1年次には学習法などのきめ細かな学びを導入しているのも特長のひとつです。
災害復興に関わる福祉課題、国際紛争や貧困問題など21世紀の最重要テーマである福祉社会の構築のための学びを推進していきます。

閉じる

多彩なフィールド科目を展開し、「体験知」によって理論を検証する機会を多く設定

本学部では、10名~20名程度の少人数ゼミナール(演習)での学びを重視し、教室や研究室、合宿も交えて学習を進めます。「フィールドスタディ」「コミュニティスタディ」「福祉ワークショップ」「社会福祉現場実習」「スポーツウエルネスワークショップ」「インターンシップ」などの多彩なフィールド型科目を展開し、福祉やコミュニティ、スポーツウエルネスの現場で起きていることを体験学習します。

閉じる

地域コミュニティと連携した協働プログラムを展開し、福祉コミュニティ構築の学習を有機的に深める

コミュニティとの連携・協働プログラムを通して、福祉コミュニティ構築のための学習を深めています。新座キャンパスと地元自治体との各種の連携・協働プログラムのほか、山形県高畠町においては学部と協定を結び、福祉政策課題の協議会や高校との連携、スポーツプログラムの運営等の協働事業、さらに陸前高田市、気仙沼市、石巻市、いわき市では東日本大震災復興支援活動を展開しています。

閉じる

学べること

コミュニティ政策学科

福祉コミュニティをつくるには何をすべきかを実践的に体験

不登校、少年非行、被災者の救援、子育て支援など、生活に密着した数多くの課題に対して、個別の問題に特化せず「コミュニティ」の視点からアプローチします。実際の学びにおいては、地域のコミュニティとのつながりを大切にし、連携・協働プログラムなどを実施。福祉コミュニティをつくるために何をすべきかを実践的に体得するとともに実行する力をつけていきます。

閉じる

福祉学科

ソーシャルワーカーとなるための総合的福祉学を学ぶ

「人間」という存在を深く理解し、福祉・精神保健・医療などの現場で助けを必要とする人々をサポートするソーシャルワーカーとなるための総合的な福祉学を学びます。フィールド感覚を身に付けたうえで、提案を発信する力を身に付けることを目的に、1年次から福祉の現場におけるフィールド学習を展開します。3・4年次にはインターンシップにも参加します。

閉じる

スポーツウエルネス学科

スポーツの支援、ウエルネス実現についての課題を追究

心身の健康だけでなく、人生の価値観や生きがいにまで及ぶ多元的健康観への理解を深めます。「健康運動」と「スポーツパフォーマンス」の2つの領域を設定し、スポーツの支援、ウエルネス社会の実現に関わる諸要素についての、専門的課題を追究します。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】埼玉県新座市北野1-2-26
入学センター
(03)3985-2660
 【URL】http://www.rikkyo.ac.jp/undergraduate/chs/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ