学校パンフ取り寄せで図書カードGET

あいちがくいん

愛知学院大学

私立大学 愛知県

法学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

法律学科(190名)
現代社会法学科(105名)

所在地

1~4年:愛知

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●2つのアプローチから法律学を学び、現代社会のニーズに応える
●少人数制ゼミの丁寧な指導で思考力を磨く
●「模擬裁判」や「対話型講義」など法的判断力を磨くための講義が充実

法律用語などの基礎知識を身に付けたうえで、具体的な法の理念や条文の内容などを体系的に学ぶ「法律学科」。将来の進路に対応した3つのコースで各自のテーマを研究します。「現代社会法学科」は、「問題解決」重視型の学科で、現代社会の諸問題に真っ向から切り込み、どのように解決へ導くべきかを法的に考察していきます。

【キャンパス】日進キャンパス ※2020年4月、名城公園キャンパスに移転
【学生数】1,359名(2017年5月1日 現在)
【専任教員数】25名(2017年5月1日 現在)
【大学院】法学研究科/法律学専攻

法律学科

講義・学問分野

憲法、民法、刑法、商法、国際法、行政法、民事訴訟法、刑事訴訟法、労働法 など

閉じる

現代社会法学科

講義・学問分野

現代社会と法、国際人権と法、社会保障と法、地方自治と法、メディアと法、企業組織と法、地球環境と法 など

閉じる

学部の特色

公平で妥当な問題解決のために法的な思考力を身に付ける

2つのアプローチから法律学を学び、現代社会のニーズに応える

法律に従って政治が行われ、社会生活が法律によって保護されている法治国家・日本では、私たちの生活は法律と深い関わりを持っています。価値観の多様化が進む現代社会では、問題解決の手段として、「法的に物事を見る」ことの重要性がますます高まっています。そんな時代のニーズに応えるために、本学部では法律を学ぶための2つのアプローチ「法律学科」「現代社会法学科」を設置しています。

閉じる

公務員志望者を力強くサポート

少人数制ゼミの丁寧な指導で思考力を磨く

1クラス20人程度の少人数を対象にゼミ教育を行っています。教員のきめ細かな指導を受けながら、法的思考力を磨きます。気軽に教員の研究室を訪ねられるようなアットホームな環境も、少人数制ならではの良さといえます。また、公務員をめざす人に向けたサポートが充実。学科の学びと、公務員試験対策講座を併せて受講し、学習効果を高めます。

●法学部卒業生が体験に基づく講義を実施
本学部では、毎週1名、公務員や金融企業をはじめ、各分野で活躍中の卒業生を招いて講義を行っています。実社会でのリアルな体験談や各業界の実情などを聞き、法学と実社会との関わりを学び、キャリアデザインに役立てます。

閉じる

模擬裁判で本格的な議論を体験

「模擬裁判」や「対話型講義」など法的判断力を磨くための講義が充実

2学科共通で行われる模擬裁判や対話型講義では、自分とは違った視点や立場を知ったうえでバランスの取れた判断を行うなど、問題解決のプロセスを経験。実社会で求められるリーガルマインド(法的な判断力)を養います。

閉じる

学べること

自らの視点で物事を見つめる力を修得

法律学科

将来の進路に対応した3つのコースを設置

将来の進路に対応した3つのコースを設置。法律の理念や条文などの知識を身に付けたうえで、応用のケーススタディを体系的に学習します。

○総合(法専門)コース
法律学を総合的に学修。法科大学院への進学、司法書士や行政書士などを志望する人に適したコースです。

○公法(公共・行政)コース
国と国民、地方公共団体と住民などの関係の中で必要な法律知識を身に付けます。公務員志望の人などに最適です。

○ビジネス(企業)コース
ビジネスにおける法の関わりに焦点を合わせ、商法などビジネス社会で必要な法律知識を修得。法の知識を身に付け民間企業への就職をめざします。

【授業・講義】
時代背景を掘り下げ、法思想を学ぶ「法思想史」

先生がピックアップした7人の哲学者を題材に、近代の法思想を学ぶ講義です。人物が生まれた時代背景を調べ、そのような法思想が生まれた理由を考えていきます。法思想を学ぶことで、あらゆる物事に対する見方が広がり、既存の考え方をそのまま受け入れるだけでなく、自分自身の視点で物事を見つめられるようになります。

閉じる

冤罪はいつどこで起こり得るかわからない

現代社会法学科

現代の諸問題を解決に導く力を育成

具体的な「問題」から学びを進めるのが本学科です。9つのパッケージ「公務員(公共行政)」「公務員(地域の安全・福祉)」「製造・小売業」「金融・保険」「サービス・通信・不動産」「地域づくり」「家族・福祉」「政治・マスコミ」「国際関係」を指針に、問題発見・解決能力と法律についての知識・理解を身に付けます。

【授業・講義】
世の中から誤判・冤罪を なくすための研究を行う「専門演習」

実際に起きた誤判・冤罪事件を取り上げ、これらの事件が起きた理由について研究します。「警察に逮捕された人は全て犯罪者」だという認識は必ずしも正しくないということも学習。世の中の誤判・冤罪を一つでも減らすために、法学部生として得た知識を社会に還元することをめざします。

閉じる

アドミッションポリシー

法学部の求める学生像

本学部では、次のような人を求めています。
1.社会への強い関心を有し、法学部で身につけた専門知識・能力を活かして社会に貢献しようとする情熱を持っていること。
2.物事を公正に考え、正義を尊び、他者に共感する心を持っていること。
3.高等学校における、国語・英語・地歴公民・数学・理科等の履修を通じて、論理的な文章を読解する能力を身に付けていること。
4.加えて、学科ごとに以下の点を重視しています。
・法律学科については、法的諸問題を体系的・論理的に分析しようという意欲を持っていること。
・現代社会法学科については、法的・政治的諸問題を実践的・主体的に探究しようという意欲を持っていること。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】愛知県日進市岩崎町阿良池12
入試センター
(0561)73-1111(代)
 【URL】http://navi.agu.ac.jp/faculty/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ