×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

あいちがくいん

愛知学院大学

私立大学 愛知県

薬学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

医療薬学科(145名)

所在地

1~6年:愛知

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●最新の研究設備・充実施設で実践力を培う
●医療現場で活きる連携力を身に付ける
●国際力を養う海外薬学研修

基礎系、臨床系、応用系の学びを積み重ね、疾病・治療や医薬品に関する専門知識を修得。豊富な実習科目によって、チーム医療の現場で求められる実務能力を持った薬剤師を養成します。

【キャンパス】楠元キャンパス(1年次は日進キャンパスでも学びます) 、末盛キャンパス(歯学部附属病院)
【学生数】861名(2020年5月1日 現在)
【専任教員数】47名(2020年5月1日現在)
【大学院】薬学研究科/医療薬学専攻

医療薬学科

講義・学問分野

薬学概論、生命と医の倫理、薬品物理化学、薬物動態学、生薬学、免疫学、機能形態学、処方解析学、薬事・法制、臨床コミュニケーション論、薬物治療学 など

閉じる

学部の特色

現代の薬剤師に求められる能力を養う

最新の研究設備・充実施設で実践力を培う

社会に求められる実践力を備えた薬剤師を育むため、本学ではほかに先駆けて模擬調剤室や注射調剤用設備、DI室などを備えた「薬剤実習センター」を設置。加えて「共同機器室」で先端研究に触れる機会を増やすことによって、大学院にもつながる包括的な薬学知識と、疾病に関する高度な専門知識の習得をめざします。
「共同機器室」には、細胞や生体組織における分子の分布を詳細に可視化できる「共焦点レーザースキャン顕微鏡」、有機化合物の構造を決定できる「核磁気共鳴スペクトル測定装置」、生命の設計図である遺伝子の塩基配列を決定できる「DNAシークエンサー」など、さまざまな最先端の機器がそろっています。最新の薬学を学ぶにふさわしい充実の設備です。

最新医療設備を備えた先進の「楠元キャンパス」
学生が多く集う本山エリアにあり、交通アクセスも良好。医療人を養成する学部が設置され、最先端の教育・研究を展開しています。「薬学部棟」には、実際の医療現場と同様の最新機器がそろった実習室があり、調剤に関する知識を養うことができます。また、棟内には薬学部研究室やカフェテリアも整います。

閉じる

チーム医療の大切さが学べる「多職種連携教育(IPE)」

医療現場で活きる連携力を身に付ける

チーム医療が推進されている昨今、本学ではこの体制を肌で感じてもらうために、他学部との合同講義などによる「多職種連携教育(IPE)」を実施しています。これは、薬学部、歯学部、短期大学部、歯科技工専門学校を備えた本学ならではの学び。各学部の学生がグループとなって、患者の状況に対応した質の高い医療を実現するために互いの専門性を生かす治療方針を学生主体で立案します。専門分野の壁を越え、患者と真剣に向き合う一体感が持てる講義です。

閉じる

海外の医療薬学を肌で感じる

国際力を養う海外薬学研修

グローバル感覚を養い世界の先進医療を学ぶために、本学では積極的に海外研修を行っています。研修先は韓国、アメリカの国際交流校。研修前からメールでやりとりを行って、現地に着いたらスムーズに交流を深められる「ペンパル制度」を導入しているほか、現地では通訳も担う引率教員が帯同するなどのバックアップ体制も充実しており、海外が初めての方でも安心です。
海外研修を通して、日本とは異なる医療制度や取り巻く環境の違いを知ることはもちろん、現地の文化や医療に対する姿勢を肌で感じることは海外研修でしか得ることができない貴重な経験です。国際的な薬剤師への大きな一歩になるでしょう。

閉じる

学べること

学内実習で経験を積み、専門性やコミュニケーション能力を磨く

医療薬学科

的確な判断力と専門性により、医療現場で活躍できる薬剤師へ

基礎系、臨床系、応用系の学びを積み重ね、疾病・治療に関する知識を修得。豊富な実習科目によって、チーム医療の場で求められる実務能力を磨きます。
また、学生の高い志を支援するため、薬剤師国家試験に向けた万全のサポート体制を用意。アドバイザー教員や学習支援室が、学生一人ひとりの相談にきめ細かく対応します。さらに講義で学修した内容を統合して復習する「総合演習」を、4年次・6年次に実施。基礎と臨床を関連づけて専門知識をより深く理解し、知識を活用する力を養います。

【授業・講義】
実務実習事前演習II・III(実務実習事前学習)

4年次に実施する、病院や薬局などの現場を想定した学内実習です。処方箋をもとに内服薬や外用薬を正しく調剤したり、無菌室で注射剤を混合したり、病棟や薬局、ドラッグストア、在宅でのカウンセリングや服薬指導を実践したり。5年次からはじまる実務実習に備え、一人ひとりの患者さんに最良の薬を手渡せるよう、薬剤師に求められる「知識」「技能」「態度」を身に付けます。

閉じる

アドミッションポリシー

薬学部の求める学生像

医療人としての倫理観と使命感をもとに、生涯を通じて自己研鑽に励み、チームの一員として積極的に医療に貢献し、生命科学の進歩や発展を通じて人間の幸福を追求できる高い志をもつ学生を求めています。
高校3年間において、理科系科目(化学、生物学、物理学)および数学を勉学し優秀な成績を修めると共に、語学(国語、英語)についても十分に修学し、論理的な思考ができ、主体的に勉学に努めることができる学生を希望します。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】愛知県日進市岩崎町阿良池12
入試センター
(0561)73-1111(代)
 【URL】http://navi.agu.ac.jp/faculty/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

リストに追加しました

ページの先頭へ